ガス自由化

【期間限定】ガス屋の窓口の10,000円キャッシュバック方法はこちら

毎月のプロパンガス料金を安くできるのはご存知でしょうか?

実はプロパンガスの料金ってガス会社によってバラバラなんですよね。

なので、ガス会社を変えるだけで今までと同じ使い方でも確実に月々のガス料金は安くなるんです。

ただ、プロパンガス会社は全国に19,024社もあります。

しかも、そのほとんどがホームページを持っていない会社ばかりなので、素人では調べて比較することが難しいです。

ガス屋の窓口はそんな沢山あるプロパンガス会社の中からお住いの地域で最安値の業者を紹介してくれるサービスです。

もちろん紹介料は0円なので、契約時にかかる費用は一切かかりません。

しかもガス屋の窓口からプロパンガス会社を乗り換えると・・・

1万円キャッシュバックされるキャンペーンを行っています。

この記事では、ガス屋の窓口のキャッシュバック方法について解説しています。

 

⇒【期間限定】ガス屋の窓口のキャッシュバックページはこちら

ガス屋の窓口の1万円キャッシュバックの方法

ガス屋の窓口のキャッシュバック方法は特別難しくありません。

このキャンペーンは期間限定ではありますが、

ガス屋の窓口経由でプロパンガス会社を変更するだけです。

月々のガス代も安くなって1万円ももらえるお得なキャンペーンです。

さらにお友達も紹介して、そのお友達もガス屋の窓口からプロパンガス会社を変更すると、さらに1万円もらうことができます。

では、具体的なキャッシュバック条件はこちら!

↓ ↓ ↓ ↓

1万円キャッシュバックの条件・期間内にガス屋の窓口から紹介してもらったプロパンガス会社に変更する
・お友達にガス屋の窓口を紹介して、そのお友達もプロパンガス会社を変更する

キャッシュバックされる1万円はプロパンガス会社を変更した翌々月の10日に指定した口座に振り込まれます。

 

⇒【期間限定】ガス屋の窓口のキャッシュバックページはこちら

また、今回行われているキャッシュバックキャンペーンの対象期間は以下の通りになります。

キャンペーン期間平成28年8月1日~8月31日
※現在キャンペーンは終了しています。

までとなっているので、お早めに!

キャッシュバックなしでもガス屋の窓口はお得!

残念ながら現在ガス屋の窓口はキャッシュバックキャンペーンを行っていません。

しかし、ある方法を使うと年間の電気代が1万円以上安くなります。

ガス料金が安くなる仕組み

プロパンガス会社が設定するガス料金はその業者によって様々です。

例えば、同じ品質のガスがA社では400円、B社では600円となっていることもザラです。

ガス屋の窓口のようなプロパンガス会社紹介サービスはリストの中から地域最安値の業者をピックアップして、紹介してくれます。

そのため、今までと同じガスの使い方をしていたとしてもガス料金は必ず安くなる仕組みです。

ガス料金が元に戻ってしまう!?

プロパンガス会社を変えてガス料金が安くなったとしても安心することができません。

プロパンガスの場合、契約後にガス料金が値上がりする可能性が高いからです。

不当な値上げ

実は、多くのプロパンガス会社は契約後、徐々にガス料金を値上げしていきます。

これは古くからの業界の慣習なのかもしれませんが、このような不当な値上げが横行しているんですね。

ガス料金の決定権があるのは、プロパンガス会社です。

なので、私たち利用者は気づかないうちにガス料金が上がっているんです。

業界全体の値上げ

天然ガス価格が高くなると業界全体としてプロパンガス料金は高くなります。

都市ガスと異なり、国際情勢や天然ガスの産出量が減るとプロパンガス料金は高くなってしまいます。

ガス屋の窓口ならガス料金の値上げはされない

多くのプロパンガス紹介サービスはガス会社を紹介して役割は終了です。

そのため、そのあとの不当な値上げや業界全体の値上げに関しては、保証されません。

しかし、ガス屋の窓口には永久料金監視保証、1年間返金保証が付いてきます。

永久料金監視保証
不当な値上げがあった場合、直ちに適正なガス料金に戻してくれる保証。
1年間返金保証
業界全体の正当な値上げが1年以内にあった場合、その価格差分を返金してくれます。

実はこの保証ってすごく重要です。

現にプロパンガス料金はここ数年値上げしていますし、不当な値上げがあったとしたら再度新しい業者を探さなくてはいけなく面倒です。

そのような煩わしさや永久的に地域最安値でプロパンガスを利用できるガス屋の窓口はキャッシュバックの1万円以上の価値はあると思います。

ガス屋の窓口のデメリット

ガス屋の窓口のデメリットとしては集合住宅の場合、乗り換えが面倒です。

実は、集合住宅の場合、大家にガス会社の決定権があるんです。

そのため、もしガス屋の窓口を使いたい場合は、お大家さんに

「プロパンガス料金を安くしたいので、ガス屋の窓口を使わせてください」

と交渉して、了承を得てから申し込んでくださいね。

⇒【月々5,000円以上安くなる】ガス屋の窓口はこちら

2ステップで電力会社を一括比較
全国の電力会社を一括比較