シノケンでんき

シノケンでんきは高い?評判や料金プランを徹底解説!

シノケンでんき

シノケンでんきは不動産、ガス・給湯器販売、介護事業など多岐に渡ったビジネスを展開しているシノケングループが運営している新電力会社です。

公式サイトを見る限りではネットでの申込みは出来ず、書面のみ。

シノケングループが建築した物件を借りた際に申し込むことが多いようです。

この記事ではシノケンでんきが

  • どれくらい安くなるのか?
  • 本当にお得なのか?

を料金プランと共にシミュレーションして解説していきます。

これからシノケンでんきへの申込みを検討している方やすでに契約している方は参考にしてみてくださいね!

シノケンでんきの料金プランを徹底解説

まずはシノケンでんきの料金プランを見ていきましょう。

電力会社の電気代は大まかに、

基本料金+従量料金×電力使用量

で計算することができます。

  • 基本料金:必ずかかる最低料金
  • 従量料金:1kWhあたりの単価
  • 電力使用量:その月に使用した電力量の合計

つまり、基本料金が860円、従量料金が20円、電力使用量が500kwhの場合、

860+20×500=10,860円という計算になります。

ただし、地域によって料金単価が異なるので、それぞれを比較していきます。

以下のリンクをクリックすると各電力会社との比較を見ることができます。

各電力会社との比較

(クリックすると下へ移動します。)

東北電力とシノケンでんき電気との料金比較

東北地域の基本プラン「従量電灯B」とシノケンでんきの料金プランを比較していきます。

基本料金

東北電力の基本料金は下の図のように契約アンペア数が大きくなるにつれて、料金も高くなります。

⇒東北電力のアンペア数の確認方法

シノケンでんきの基本料金は東北電力よりも若干安い価格設定になっています。

基本料金
  シノケンでんき 東北電力
30A 923.40円 972.00円
40A 1,231.20円 1,296.00円
50A 1,539.00円 1,620.00円
60A 1,846.80円 1,944.00円

従量料金

東北電力の従量料金は~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階に分かれていて、段階的に高くなっていく仕組みになっています。

シノケンでんきも同様に3段階制になっていて、若干安い料金設定になっています。

従量料金
  シノケンでんき 東北電力
~120kWh 17.87円 18.24円
120~300kWh 24.37円 24.87円
300kWh~ 28.17円 28.75円

シノケンでんきに乗り換えた場合の料金をシミュレーション

1人暮らし~6人暮らしまでの世帯人数別の料金シミュレーションを行ってみました。

世帯別の電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にしています。

1人世帯(30A、239.7kWh/月)
  シノケンでんき 東北電力
年間料金 71,819円 73,653円
年間節約額 ⇒1,834円お得  
2人世帯(30A、367.3kWh/月)
  シノケンでんき 東北電力
年間料金 112,203円 114,867円
年間節約額 ⇒2,664円お得  
3人世帯(40A、431.8kWh/月)
  シノケンでんき 東北電力
年間料金 137,700円 141,008円
年間節約額 ⇒3,308円お得  
4人世帯(50A、444.3kWh/月)
  シノケンでんき 東北電力
年間料金 145,619円 149,208円
年間節約額 ⇒3,589円お得  
5人世帯(60A、525.3kWh/月)
  シノケンでんき 東北電力
年間料金 176,694円 181,041円
年間節約額 ⇒4,437円お得  
6人世帯(60A、637.2kWh/月)
  シノケンでんき 東北電力
年間料金 214,521円 219,647円
年間節約額 ⇒5,126円お得  

このようにどの世帯人数でもオトクになるという結果になりました。

そこで次は、他の新電力会社との料金比較シノケンでんき利用者の口コミや評判をまとめてみました。

⇒他社との料金比較とシノケンでんき利用者の口コミと評判はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

東京電力とシノケンでんき電気との料金比較

東京電力の基本プラン「従量電灯B」とシノケンでんきの料金を比較していきます。

基本料金

東京電力の基本料金は下の図のように契約アンペア数が大きくなるにつれて、料金も高くなります。

⇒東京電力のアンペア数の確認方法

シノケンでんきの基本料金は東京電力よりも若干安い料金設定になっています。

基本料金
  シノケンでんき 東京電力
30A 800.28円 842.40円
40A 1,067.04円 1,123.20円
50A 1,333.80円 1,404.00円
60A 1,600.56円 1,684.80円

従量料金

東京電力の従量料金は~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階で料金単価が高くなっていきます。

シノケンでんきも同様に3段階制になっていて、若干安い料金設定になっています。

従量料金
  シノケンでんき 東京電力
~120kWh 19.12円 19.52円
120~300kWh 25.48円 26.00円
300kWh~ 29.41円 30.02円

シノケンでんきに乗り換えた場合の料金をシミュレーション

1人暮らし~6人暮らしまでの世帯人数別の料金シミュレーションを行ってみました。

世帯別の電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にしています。

1人世帯(30A、239.7kWh/月)
  シノケンでんき 東京電力
年間料金 73,736円 75,564円
年間節約額 ⇒1,828円お得  
2人世帯(30A、367.3kWh/月)
  シノケンでんき 東京電力
年間料金 115,924円 118,622円
年間節約額 ⇒2,697円お得  
3人世帯(40A、431.8kWh/月)
  シノケンでんき 東京電力
年間料金 141,889円 145,227円
年間節約額 ⇒3,338円お得  
4人世帯(50A、444.3kWh/月)
  シノケンでんき 東京電力
年間料金 149,502円 153,099円
年間節約額 ⇒3,598円お得  
5人世帯(60A、525.3kWh/月)
  シノケンでんき 東京電力
年間料金 181,289円 185,648円
年間節約額 ⇒4,359円お得  
6人世帯(60A、637.2kWh/月)
  シノケンでんき 東京電力
年間料金 220,781円 225,959円
年間節約額 ⇒5,178円お得  

このようにどの世帯人数でもオトクになるという結果になりました。

そこで次は、他の新電力会社との料金比較シノケンでんき利用者の口コミや評判をまとめてみました。

⇒他社との料金比較とシノケンでんき利用者の口コミと評判はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

中部電力とシノケンでんき電気との料金比較

中部電力の基本プラン「従量電灯B」とシノケンでんきの料金を比較していきます。

基本料金

中部電力の基本料金は下の図のように契約アンペア数が大きくなるにつれて、料金も高くなります。

シノケンでんきの基本料金は中部電力よりも若干安い料金設定になっています。

基本料金
  シノケンでんき 中部電力
30A 800.28円 842.40円
40A 1,067.04円 1,123.20円
50A 1,333.80円 1,404.00円
60A 1,660.56円 1,684.80円

従量料金

中部電力の従量料金は~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階に分かれていて、段階的に高くなっていく仕組みになっています。

シノケンでんきも同様に3段階制になっていて、若干安い料金設定になっています。

従量料金
  シノケンでんき 中部電力
~120kWh 20.26円 20.68円
120~300kWh 24.57円 25.08円
300kWh~ 27.41円 27.97円

シノケンでんきに乗り換えた場合の料金をシミュレーション

1人暮らし~6人暮らしまでの世帯人数別の料金シミュレーションを行ってみました。

世帯別の電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にしています。

1人世帯(30A、239.7kWh/月)
  シノケンでんき 中部電力
年間料金 74,070円 75,913円
年間節約額 ⇒1,843円お得  
2人世帯(30A、367.3kWh/月)
  シノケンでんき 中部電力
年間料金 113,985円 116,649円
年間節約額 ⇒2,664円お得  
3人世帯(40A、431.8kWh/月)
  シノケンでんき 中部電力
年間料金 138,402円 141,668円
年間節約額 ⇒3,266円お得  
4人世帯(50A、444.3kWh/月)
  シノケンでんき 中部電力
年間料金 145,714円 149,233円
年間節約額 ⇒3,518円お得  
5人世帯(60A、525.3kWh/月)
  シノケンでんき 中部電力
年間料金 176,278円 179,789円
年間節約額 ⇒3,511円お得  
6人世帯(60A、637.2kWh/月)
  シノケンでんき 中部電力
年間料金 213,084円 217,347円
年間節約額 ⇒4,263円お得  

このようにどの世帯人数でもオトクになるという結果になりました。

そこで次は、他の新電力会社との料金比較シノケンでんき利用者の口コミや評判をまとめてみました。

⇒他社との料金比較とシノケンでんき利用者の口コミと評判はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

関西電力とシノケンでんき電気との料金比較

関西電力の基本プラン「従量電灯A」とシノケンでんきの料金を比較していきます。

基本料金(最低料金)

関西電力の基本料金は最低料金制を採用していて、15kWhまでが一律価格になっています。

シノケンでんきの基本料金も15kWhまでが一律料金になっており、関西電力よりも若干安くなっています。

基本料金
シノケンでんき 関西電力
318.07円 334.82円

従量料金

関西電力の従量料金は15~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階に分かれていて、段階的に高くなっていく仕組みになっています。

シノケンでんきも同様に3段階制になっていて、若干安い料金設定になっています。

従量料金
  シノケンでんき 関西電力
15~120kWh 19.55円 19.95円
120~300kWh 24.82円 25.33円
300kWh~ 28.18円 28.76円

世帯人数別料金シミュレーション

1人暮らし~6人暮らしまでの世帯人数別の料金シミュレーションを行ってみました。

世帯別の電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にしています。

1人世帯(30A、239.7kWh/月)
  シノケンでんき 関西電力
年間料金 64,101円 65,539円
年間節約額 ⇒1,438円お得  
2人世帯(30A、367.3kWh/月)
  シノケンでんき 関西電力
年間料金 104,819円 107,094円
年間節約額 ⇒2,275円お得  
3人世帯(40A、431.8kWh/月)
  シノケンでんき 関西電力
年間料金 126,631円 129,354円
年間節約額 ⇒2,724円お得  
4人世帯(50A、444.3kWh/月)
  シノケンでんき 関西電力
年間料金 130,858円 133,668円
年間節約額 ⇒2,811円お得  
5人世帯(60A、525.3kWh/月)
  シノケンでんき 関西電力
年間料金 158,248円 161,623円
年間節約額 ⇒3,375円お得  
6人世帯(60A、637.2kWh/月)
  シノケンでんき 関西電力
年間料金 196,089円 200,242円
年間節約額 ⇒4,154円お得  

このようにどの世帯人数でもオトクになるという結果になりました。

そこで次は、他の新電力会社との料金比較シノケンでんき利用者の口コミや評判をまとめてみました。

⇒他社との料金比較とシノケンでんき利用者の口コミと評判はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

九州電力とシノケンでんき電気との料金比較

九州地域でのメイン電力会社である九州電力とシノケンでんきの料金比較ですが、料金はそれぞれ基本料金と従量料金によって計算することができます。

基本料金

九州電力の基本料金ですが、現在の契約アンペア数が大きくなるに連れて高くなっていきます。

⇒九州電力のアンペア数の確認方法

シノケンでんきの基本料金は九州電力よりも若干安い料金設定になっています。

基本料金
  シノケンでんき 九州電力
30A 831.06円 874.80円
40A 1,108.08円 1,164.40円
50A 1,385.10円 1,458.00円
60A 1,662.12円 1,749.60円

従量料金

九州電力の従量料金は~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階に分かれていて、段階的に高くなっていく仕組みになっています。

シノケンでんきも同様に3段階制になっていて、若干安い料金設定になっています。

従量料金
  シノケンでんき 九州電力
~120kWh 16.84円 17.19円
120~300kWh 22.23円 22.69円
300kWh~ 25.11円 25.63円

シノケンでんきに乗り換えた場合の料金をシミュレーション

1人暮らし~6人暮らしまでの世帯人数別の料金シミュレーションを行ってみました。

世帯別の電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にしています。

1人世帯(30A、239.7kWh/月)
  シノケンでんき 九州電力
年間料金 66,153円 67,843円
年間節約額 ⇒1,690円お得  
2人世帯(30A、367.3kWh/月)
  シノケンでんき 九州電力
年間料金 102,518円 104,960円
年間節約額 ⇒2,442円お得  
3人世帯(40A、431.8kWh/月)
  シノケンでんき 九州電力
年間料金 125,277円 128,273円
年間節約額 ⇒2,996円お得  
4人世帯(50A、444.3kWh/月)
  シノケンでんき 九州電力
年間料金 132,368円 135,641円
年間節約額 ⇒3,273円お得  
5人世帯(60A、525.3kWh/月)
  シノケンでんき 九州電力
年間料金 160,099円 164,052円
年間節約額 ⇒3,953円お得  
6人世帯(60A、637.2kWh/月)
  シノケンでんき 九州電力
年間料金 193,817円 198,468円
年間節約額 ⇒4,651円お得  

このようにどの世帯人数でもオトクになるという結果になりました。

そこで次は、他の新電力会社との料金比較シノケンでんき利用者の口コミや評判をまとめてみました。

シノケンでんき利用者の口コミや評判

シノケンでんき利用者の口コミや評判をまとめてみました。

シノケン電気から、切替の準備ができたと連絡がありました。
入居時に契約済みと言われ、今使ってる電力会社から切り替えるように言われましたが
全くのデタラメ。契約なんてしていませんでした。

嘘をついて、切替を勧めてくるので
入居されてる方はご注意を!

引用元:マンションコミュニティ

シノケンの物件はガス会社、電気も指定ですが…ガス会社は料金が高く変更不可とネットで見ました。電力会社は平均より高いですか?後から電力会社を変更された方はいらっしゃいますか?

>633
500社近くある電力会社が各々違うサービスを提供しているから平均を出すのはむずかしいけど
自由化前の電力会社(東京電力、中部電力など)よりかは安い

引用元:マンションコミュニティ

ただ単に投資と謳って土地と建物を買わせてるだけ。
要はただの不動産屋。

買主が数年後に赤字になろうが、破産しようが、関係ないね。

というか、本当にこれだけ儲かるなら、わざわざ人に売らないで、自分の会社でマンション経営すればいいのに、なぜ売る?
それは、売ったほうが、金になるからww

>404
さらに購入者からは高い管理費をぼったくるだけでなく
グループ会社のガス・電気で高い光熱費を入居者からもぼったくり

引用元:マンションコミュニティ

シノケングループの賃貸住宅は主に不動産投資用の物件として建築されたものがほとんどです。

オーナーに投資用物件を作らせ、借り主にも自社の電気やガスを利用させて出来るだけ利益を出すような仕組みになっているようです。

そのため、真偽は不明ですが、借りる際に自動的に契約されている場合があるなどの投稿がありました。

しかし、シノケンでんき自体は大手の電力会社のプランと比べるといくらかは安くはなっているので、そのままでも電気代で損することはありません。

シノケンでんきのメリット・デメリット

シノケンでんきの料金プランや利用者の口コミや評判を調べていくうちに分かったメリット・デメリットをまとめてみました。

シノケンでんきのメリット

OK

解約金・違約金がない

シノケンでんきには解約手数料や違約金はありません。

そのため、他の電力会社に好きなタイミングに乗り換えることができます。

もちろん、解約の手続きは不要で、新しい電力会社と契約すれば自動的にシノケンでんきは解約されます。

シノケンでんきのデメリット

間違い

ものすごいお得な訳ではない

確かにシノケンでんきは大手電力会社と比べると料金は安いです。

しかし、他の新電力会社と比較するとそこまでお得ではありません。

(例)東京電力エリア2人暮らしの場合
(例)九州電力エリア2人暮らしの場合

これらはあくまで一例ですが、あなたのライフスタイルにピッタリと合った電力会社を選べば、最大限に電気代を節約することが可能です。

当サイトの「電力会社一括シミュレーション機能」では、

  1. お住まいの地域
  2. 電力使用量
  3. 契約アンペア数(関西、中国、四国は不要)

を入力すれば、全国の電力会社を一括比較して、安い順番からランキング形式で比較・検討することができます。

シノケンの賃貸物件に住んでいてすでに契約している場合、より安い電力会社に切り替えた方がお得ですし、電力会社は自由に切り替えることができます。

そのため、これを機会に別の電力会社への乗り換えを検討して見るものいいかもしれません。

まとめ

シノケンでんきの料金プランや利用者の評判、メリット・デメリットについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

シノケンでんきは確かに大手電力会社よりも安いです。

しかし、他を探せばもっと安い電力会社はありますし、シノケンの賃貸物件に住んでいるからといってシノケンでんきを使わないといけないということはありません。

電気・ガスおまかせコンシェルジュ問い合わせページへのリンク
2ステップで電力会社を一括比較
全国の電力会社を一括比較