サニックスでんき

サニックスでんきは必ずしも安くならない!?申し込み前に確認したい評判やメリット・デメリットまとめ

サニックスでんきは福岡県をメインにエネルギー事業、電気工事業を営んでいる「サニックス」が運営している電力会社です。

九州の企業といえども全国展開しており、全国にソーラーパネルや発電所を構えている上場企業です。

サニックスでんきの料金プランは新電力の中でも安い部類なのですが、逆に高くなってしまう場合もあるので、注意が必要です。

この記事では、

  1. サニックスでんきの料金プラン解説(適切なプランの選び方)
  2. 利用者の口コミや評判
  3. メリット・デメリット
  4. ENEOSでんきとの違い

をまとめています。

これからサニックスでんきへの申込みを検討している方は参考にしてみてくださいね!

サニックスでんきの電気料金プランを徹底解説

まずはサニックスでんきの料金プランを見ていきましょう。

電力会社の電気代は大まかに、

基本料金+従量料金×電力使用量

で計算することができます。

  • 基本料金:必ずかかる最低料金
  • 従量料金:1kWhあたりの単価
  • 電力使用量:その月に使用した電力量の合計

つまり、基本料金が860円、従量料金が20円、電力使用量が500kwhの場合、

860+20×500=10,860円という計算になります。

ただし、サニックスでんきの細かい料金に関しては地域によってそれぞれ異なるので、各地域ごとに解説していきます。

以下のリンクをクリックすると各電力会社との比較を見ることができます。

東京電力とサニックスでんき電気との料金比較

東京地域でのメイン電力会社である東京電力とサニックスでんきの料金比較ですが、料金はそれぞれ基本料金と従量料金によって計算することができます。

基本料金

東京電力の基本料金は下の図のように契約アンペア数が大きくなるにつれて、料金も高くなります。

⇒東京電力のアンペア数の確認方法

サニックスでんきの基本料金は東京電力より若干安くなっています。

基本料金
  サニックスでんき 東京電力
30A 912.60円 842.40円
40A 1,123.20円
50A 1,404.00円
60A 1,095.12円 1,684.80円

従量料金

東京電力の従量料金は~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階で料金単価が高くなっていきます。

サニックスでんきは2段階制になっており、120kWh以降の料金単価は東京電力よりも安くなっています。

従量料金
  サニックスでんき 東京電力
~120kWh 22.80円 19.52円
120~300kWh 26.00円
300kWh~ 30.02円
500kWh~ 23.80円

サニックスでんきに乗り換えた場合の料金をシミュレーション

1人暮らし~6人暮らしまでの世帯人数別の料金シミュレーションを行ってみました。

世帯別の電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にしています。

1人世帯(30A、239.7kWh/月)
  サニックスでんき 東京電力
年間料金 76,533円 75,564円
年間節約額 ⇒969円損  
2人世帯(30A、367.3kWh/月)
  サニックスでんき 東京電力
年間料金 111,444円 118,622円
年間節約額 ⇒7,177円お得  
3人世帯(40A、431.8kWh/月)
  サニックスでんき 東京電力
年間料金 129,092円 145,227円
年間節約額 ⇒16,135円お得  
4人世帯(50A、444.3kWh/月)
  サニックスでんき 東京電力
年間料金 132,512円 153,099円
年間節約額 ⇒20,588円お得  
5人世帯(60A、525.3kWh/月)
  サニックスでんき 東京電力
年間料金 157,167円 185,648円
年間節約額 ⇒28,481円お得  
6人世帯(60A、637.2kWh/月)
  サニックスでんき 東京電力
年間料金 189,126円 225,959円
年間節約額 ⇒36,834円お得  

このように一人暮らしの場合を除いてお得になるという結果になりました。

そこで次は、他の新電力会社との料金比較サニックスでんき利用者の口コミや評判をまとめてみました。

⇒他社との料金比較とサニックスでんき利用者の口コミと評判はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

中部電力とサニックスでんき電気との料金比較

中部地域でのメイン電力会社である中部電力とサニックスでんきの料金比較ですが、料金はそれぞれ基本料金と従量料金によって計算することができます。

基本料金

中部電力の基本料金は下の図のように契約アンペア数が大きくなるにつれて、料金も高くなります。

サニックスでんきの基本料金は中部電力より若干安くなっています。

基本料金
  サニックスでんき 中部電力
30A 372.60円 842.40円
40A 496.80円 1,123.20円
50A 621.00円 1,404.00円
60A 745.20円 1,684.80円

従量料金

中部電力の従量料金は~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階に分かれていて、段階的に高くなっていく仕組みになっています。

一方、サニックスでんきは定額制+従量課金制になっており、300kWhまでは定額で、それ以降は1kwhあたり25.60円になっています。

従量料金
  サニックスでんき 中部電力
~120kWh 7,680円(定額) 20.68円
120~300kWh 25.08円
300kWh~ 25.60円(1kWhあたり) 27.97円

ですが、これだけだと具体的にどれくらいお得になるか分かりませんよね?

そこで、実際にいくら節約できるのか料金シミュレーションを行ってみました。

サニックスでんきに乗り換えた場合の料金をシミュレーション

1人暮らし~6人暮らしまでの世帯人数別の料金シミュレーションを行ってみました。

世帯別の電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にしています。

1人世帯(30A、239.7kWh/月)
  サニックスでんき 中部電力
年間料金 78,107円 75,913円
年間節約額 ⇒2,194円損  
2人世帯(30A、367.3kWh/月)
  サニックスでんき 中部電力
年間料金 117,306円 116,649円
年間節約額 ⇒656円損  
3人世帯(40A、431.8kWh/月)
  サニックスでんき 中部電力
年間料金 138,611円 141,668円
年間節約額 ⇒3,057円お得  
4人世帯(50A、444.3kWh/月)
  サニックスでんき 中部電力
年間料金 143,941円 149,233円
年間節約額 ⇒5,292円お得  
5人世帯(60A、525.3kWh/月)
  サニックスでんき 中部電力
年間料金 170,315円 179,789円
年間節約額 ⇒9,475円お得  
6人世帯(60A、637.2kWh/月)
  サニックスでんき 中部電力
年間料金 204,690円 217,347円
年間節約額 ⇒12,657円お得  

このように一人暮らしの場合を除いてお得になるという結果になりました。

そこで次は、他の新電力会社との料金比較サニックスでんき利用者の口コミや評判をまとめてみました。

⇒他社との料金比較とサニックスでんき利用者の口コミと評判はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

関西電力とサニックスでんき電気との料金比較

関西地域でのメイン電力会社である関西電力とサニックスでんきの料金比較ですが、料金はそれぞれ基本料金と従量料金によって計算することができます。

基本料金(最低料金)

関西電力の基本料金は最低料金制を採用していて、15kWhまでが一律価格になっています。

サニックスでんきの基本料金は0円になっています。

基本料金
サニックスでんき 関西電力
0円 334.82円

従量料金

関西電力の従量料金は15~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階に分かれていて、段階的に高くなっていく仕組みになっています。

一方、サニックスでんきは定額制+従量課金制になっており、300kWhまでは定額で、それ以降は1kwhあたり25.05円になっています。

従量料金
  サニックスでんき 関西電力
15~120kWh 6,900円(定額) 19.95円
120~300kWh 25.33円
300kWh~ 22.05(1kWhあたり)円 28.76円

世帯人数別料金シミュレーション

1人暮らし~6人暮らしまでの世帯人数別の料金シミュレーションを行ってみました。

世帯別の電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にしています。

1人世帯(30A、239.7kWh/月)
  サニックスでんき 関西電力
年間料金 66,845円 65,539円
年間節約額 ⇒1,306円損  
2人世帯(30A、367.3kWh/月)
  サニックスでんき 関西電力
年間料金 100,608円 107,094円
年間節約額 ⇒6,487円お得  
3人世帯(40A、431.8kWh/月)
  サニックスでんき 関西電力
年間料金 117,674円 129,354円
年間節約額 ⇒11,680円お得  
4人世帯(50A、444.3kWh/月)
  サニックスでんき 関西電力
年間料金 120,982円 133,668円
年間節約額 ⇒12,687円お得  
5人世帯(60A、525.3kWh/月)
  サニックスでんき 関西電力
年間料金 142,414円 161,623円
年間節約額 ⇒19,209円お得  
6人世帯(60A、637.2kWh/月)
  サニックスでんき 関西電力
年間料金 172,023円 200,242円
年間節約額 ⇒28,219円お得  

このように一人暮らしや二人暮らしなど電力使用量が少ない家庭の場合は、逆に料金が高くなってしまうという結果になりました。

そこで次は、他の新電力会社との料金比較サニックスでんき利用者の口コミや評判をまとめてみました。

⇒他社との料金比較とサニックスでんき利用者の口コミと評判はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

中国電力とサニックスでんき電気との料金比較

中国地域でのメイン電力会社である中国電力とサニックスでんきの料金比較ですが、料金はそれぞれ基本料金と従量料金によって計算することができます。

基本料金(最低料金)

中国電力の基本料金は最低料金制を採用していて、15kWhまでが一律価格になっています。

サニックスでんきの基本料金は0円になっています。

基本料金
サニックスでんき 中国電力
129.60円 331.23円

従量料金

中国電力の従量料金は15~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階に分かれていて、段階的に高くなっていく仕組みになっています。

サニックスでんきは一律料金になっており、120kWh以降の料金単価は中国電力よりも安くなっています。

従量料金
  サニックスでんき 中国電力
~15kWh 22.50円 課金なし
15~120kWh 20.40円
120~300kWh 26.96円
300kWh~ 29.04円

世帯人数別料金シミュレーション

1人暮らし~6人暮らしまでの世帯人数別の料金シミュレーションを行ってみました。

世帯別の電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にしています。

1人世帯(30A、239.7kWh/月)
  サニックスでんき 中国電力
年間料金 66,274円 68,404円
年間節約額 ⇒2,130円お得  
2人世帯(30A、367.3kWh/月)
  サニックスでんき 中国電力
年間料金 100,726円 111,365円
年間節約額 ⇒10,639円お得  
3人世帯(40A、431.8kWh/月)
  サニックスでんき 中国電力
年間料金 118,141円 133,842円
年間節約額 ⇒15,701円お得  
4人世帯(50A、444.3kWh/月)
  サニックスでんき 中国電力
年間料金 121,516円 138,198円
年間節約額 ⇒16,682円お得  
5人世帯(60A、525.3kWh/月)
  サニックスでんき 中国電力
年間料金 143,386円 166,425円
年間節約額 ⇒23,039円お得  
6人世帯(60A、637.2kWh/月)
  サニックスでんき 中国電力
年間料金 173,599円 205,420円
年間節約額 ⇒31,821円お得  

このように一人暮らしを除いてお得になるという結果になりました。

そこで次は、他の新電力会社との料金比較サニックスでんき利用者の口コミや評判をまとめてみました。

⇒他社との料金比較とサニックスでんき利用者の口コミと評判はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

四国電力とサニックスでんき電気との料金比較

四国地域でのメイン電力会社である四国電力とサニックスでんきの料金比較ですが、料金はそれぞれ基本料金と従量料金によって計算することができます。

基本料金(最低料金)

四国電力の基本料金は最低料金制を採用していて、11kWhまでが一律価格になっています。

サニックスでんきの基本料金は四国電力より若干安くなっています。

基本料金
サニックスでんき 四国電力
172.80円 403.92円

従量料金

四国電力の従量料金は11~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階に分かれていて、段階的に高くなっていく仕組みになっています。

サニックスでんきは一律料金になっており、120kWh以降の料金単価は四国電力よりも安くなっています。

従量料金
  サニックスでんき 四国電力
~11kWh 22.50円 課金なし
11~120kWh 20.00円
120~300kWh 26.50円
300kWh~ 29.95円

世帯人数別料金シミュレーション

1人暮らし~6人暮らしまでの世帯人数別の料金シミュレーションを行ってみました。

世帯別の電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にしています。

1人世帯(30A、239.7kWh/月)
  サニックスでんき 四国電力
年間料金 66,793円 69,072円
年間節約額 ⇒2,279円お得  
2人世帯(30A、367.3kWh/月)
  サニックスでんき 四国電力
年間料金 101,245円 112,435円
年間節約額 ⇒11,190円お得  
3人世帯(40A、431.8kWh/月)
  サニックスでんき 四国電力
年間料金 118,660円 135,616円
年間節約額 ⇒16,956円お得  
4人世帯(50A、444.3kWh/月)
  サニックスでんき 四国電力
年間料金 122,035円 140,108円
年間節約額 ⇒18,074円お得  
5人世帯(60A、525.3kWh/月)
  サニックスでんき 四国電力
年間料金 143,905円 169,220円
年間節約額 ⇒25,315円お得  
6人世帯(60A、637.2kWh/月)
  サニックスでんき 四国電力
年間料金 174,118円 209,437円
年間節約額 ⇒35,319円お得  

このように一人暮らしを除けば、オトクになるという結果になりました。

そこで次は、他の新電力会社との料金比較サニックスでんき利用者の口コミや評判をまとめてみました。

⇒他社との料金比較とサニックスでんき利用者の口コミと評判はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

九州電力とサニックスでんき電気との料金比較

九州地域でのメイン電力会社である九州電力とサニックスでんきの料金比較ですが、料金はそれぞれ基本料金と従量料金によって計算することができます。

サニックスでんきの九州電力エリアでは、

  • サニックスステラサーバー:サニックスでんきの標準プラン
  • ブルース応援プラン:ラグビーチーム「宗像サニックスブルース」の活動支援プラン

の2つがあります。

ブルース応援プランは電気使用量1kWhあたり1円を宗像サニックスブルースの活動資金になる特殊なプランになっており、こちらはそこまでお得ではないので、チームを応援したい方向けのプランですね。

基本料金

九州電力の基本料金ですが、現在の契約アンペア数が大きくなるに連れて高くなっていきます。

⇒九州電力のアンペア数の確認方法

サニックスでんきの基本料金は九州電力よりも若干安くなっております。

基本料金
  サニックステラセーバー ブルース応援プラン 九州電力
30A 702.00円 831.06円 874.80円
40A 702.00円 1,108.08円 1,164.40円
50A 702.00円 1,385.10円 1,458.00円
60A 842.40円 1,662.12 円 1,749.60円

従量料金

九州電力の従量料金は~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階に分かれていて、段階的に高くなっていく仕組みになっています。

サニックステラセーバーは2段階制になっており、料金単価は300kWhまでは20.00円、300kWh以降は21.00円となっています。

従量料金
  サニックステラセーバー ブルース応援プラン 九州電力
~120kWh 20.00円 17.19円 17.19円
120~300kWh 22.69円 22.69円
300kWh~ 24.55円 25.63円
500kWh~ 21.00円

サニックスでんきに乗り換えた場合の料金をシミュレーション

1人暮らし~6人暮らしまでの世帯人数別の料金シミュレーションを行ってみました。

世帯別の電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にしています。

1人世帯(30A、239.7kWh/月)
  サニックステラセーバー ブルース応援プラン 九州電力
年間料金 65,952円 67,318円 67,843円
年間節約額 ⇒1,891円お得 ⇒525円お得  
2人世帯(30A、367.3kWh/月)
  サニックステラセーバー ブルース応援プラン 九州電力
年間料金 96,576円 103,563円 104,960円
年間節約額 ⇒8,384円お得 ⇒1,397円お得  
3人世帯(40A、431.8kWh/月)
  サニックステラセーバー ブルース応援プラン 九州電力
年間料金 112,056円 125,889円 128,273円
年間節約額 ⇒16,217円お得 ⇒2,384円お得  
4人世帯(50A、444.3kWh/月)
  サニックステラセーバー ブルース応援プラン 九州電力
年間料金 115,056円 132,896円 135,641円
年間節約額 ⇒20,585円お得 ⇒2,745円お得  
5人世帯(60A、525.3kWh/月)
  サニックステラセーバー ブルース応援プラン 九州電力
年間料金 136,484円 160,083円 164,052円
年間節約額 ⇒27,568円お得 ⇒3,970円お得  
6人世帯(60A、637.2kWh/月)
  サニックステラセーバー ブルース応援プラン 九州電力
年間料金 164,683円 193,049円 198,468円
年間節約額 ⇒33,785円お得 ⇒5,420円お得  

このように一人暮らしを除けば、オトクになるという結果になりました。

そこで次は、他の新電力会社との料金比較サニックスでんき利用者の口コミや評判をまとめてみました。

サニックスでんき利用者の口コミや評判

Twitterに投稿されているハルエネでんきの口コミや評判をまとめてみました。

ネット上での主な評判
  • 電気代が安くなった
  • 宗像サニックスブルースのキャンペーンが気になる

やはり一番多かったのは、今まで利用していた大手電力会社よりも電気代が安くなるということでした。

これに関しては、サニックスでんきの料金比較とシミュレーションの通り、地域の電力会社を利用するよりも安くなるのは明白ですしね。

また、ラグビーチーム「宗像サニックスブルース」を支援する「ブルース応援プラン」があり、試合会場などでもプロモーションをしているそうです。

⇒「ブルース応援プラン」の詳細はこちら

サニックスでんきのメリット・デメリット

サニックスでんきの料金プランや利用者の口コミや評判を調べていくうちに分かったメリット・デメリットをまとめてみました。

サニックスでんきのメリット

OK

たくさん使うほど、電気代がお得になる

サニックスでんきの料金プランは、定額制と一律従量制を組み合わせています。

そのため、電気をたくさん使うご家庭ほど、お得になる仕組みです。

逆にいうと、あまり電気を使わないご家庭は損になる場合があります。

環境に優しい発電方式を採用

大手電力会社は未だに火力発電や原子力発電に頼らざるを得ない状況です。

一方、サニックスでんきの場合、太陽光、石油を使わない火力(廃プラスチック燃料)がメインで、環境や安全性に配慮した発電方式を採用しています。

解約時に違約金がかからない

電力会社の中にはあらかじめ契約期間が定まっており、期間内に解約すると違約金を支払わないといけないケースがあります。

サニックスでんきは解約時に違約金などの事務処理手数料はかかりません。

そのため、いつでも自由に他の電力会社に乗り換えることが可能です。

サニックスでんきのデメリット

間違い

支払い方法がクレジットカード払いのみ

大手電力会社の場合、クレジットカード、口座振替、コンビニ支払いができますが、サニックスでんきはクレジットカードでしか支払うことができません。

利用可能なクレジットカード

VISA、Master Card、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Club

新電力会社の場合、支払い方法が少ないケースは多いですが、クレジットカードで支払えない場合は、口座振替のできる電力会社を選ぶといいでしょう。

口座振替のできる安い電力会社といえば、親指でんき自然電力のでんきなどがあります。

少なめの電力使用量では高くなる可能性がある

サニックスでんきは定額制や一律従量料金になっているため、一人暮らしや二人暮らし(1LDK賃貸など)のような電力使用量が少ないご家庭の場合、逆に料金が高くなってしまう可能性が高いです。

目安としてはだいたい毎月400kWh以下しか使わないご家庭は乗り換えるべきではないでしょう。

また、本サイト、サニックスでんきの公式ページの料金シミュレーションはあくまで「毎月一定の電気量を利用し続けた場合」を想定されています。

では、旅行や出張などで数日間電気を利用しない場合どうなるのか?

サニックスでんきは定額制/一律従量制のため、そのような月は逆に高くなってしまう場合もあるので、注意が必要です。

 

よりお得な新電力会社がある

東京電力や関西電力といった大手の電力会社と比較すると、確かに電気代は安くなりますが、他の新電力会社と比較するとそこまでお得にならないケースがあります。

(例)東京電力エリア二人暮らしの場合
  • 自然電力のでんき(SE30プラン):-12,060円/年(最安値)
  • サニックスでんき:-7,177円/年
(例)関西電力エリア平均600kWh/月
  • あしたでんき(標準プラン):-35,845円/年(最安値)
  • サニックスでんき:-28,219円/年

これらはあくまで一例ですが、あなたのお住まいの地域や電力使用量によって最安値の電力会社は変わってきます。

もし、「できるだけ一番安い電力会社を選びたい!」と考えているのなら、全国の電力会社を一括比較してみることをおすすめします。

⇒全国の電力会社を一括比較してみる

あなたの電力使用量や地域、契約アンペア数など簡単な項目を入力するだけで、全国の電力会社からあなたの生活スタイルにあった最安値の電力会社をランキング形式で確認することができます。

自身にピッタリと合った電力会社を選ぶだけで、年間数万円も得をするケースも非常に多いですし、電力会社の乗り換えは申し込むだけで特に面倒な工事や手続きは必要ありません。(現在の電力会社への解約手続きは新しい電力会社が行う仕組みになっています)

今までとまったく同じ電気の使い方で電気代を節約できるで、電力会社はできるだけ早く乗り換えた方がお得です。

2ステップで電力会社を一括比較
全国の電力会社を一括比較