親指でんき

要注意!親指でんきの口コミや評判から分かる3つのデメリット

親指でんきは2018年3月に始まった比較的新しい電力会社です。

料金プランも今までの大手電力会社よりも安く、さらに最近ではペット向けやゲーマー向けなど用途に合わせたプランも発表しており、契約者数がじわじわと増えてきています。

名前を聞いたことがある人はいると思いますが、実際に契約してみるとどうなのか気になりますよね?

実際に口コミや評判を調べてみると3つのデメリットが判明しました。

これから親指でんきを契約しようか検討している方は参考にしてみてくださいね。



親指でんきの3つのデメリット

オール電化住宅には向かない

オール電化のご家庭の場合、すでに電力会社のオール電化向けのプランを契約しているかと思います。

オール電化プランの特徴は、深夜の電気料金が割安になっており、日中の熱量を溜め込むために深夜に稼働するオール電化住宅向けのプラン内容になっています。

しかし、親指でんきには、深夜料金の安いオール電化向けのプランはありません。

そのため、オール電化住宅の場合は、親指でんきに切り替えると割高になってしまいます。

北陸電力、沖縄電力エリアは未対応

現在親指でんきの対応エリアは以下の通りです。

親指でんきの対応エリア

北海道電力エリア、東北電力、東京電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力エリア

そのため、北陸電力、沖縄電力エリアにお住いの方は契約することができません。

支払い方法がクレジットカードと口座振替のみ

親指でんきの料金支払い方法はクレジットカードと口座振替のみとなっています。

今までコンビニで振込用紙を使って支払っていた方やLINE Payなどの電子マネー支払いをしていた方にとってはちょっと不便ですね。

親指でんきは本当にオトク?大手電力会社と比較してみた

電力会社の電気代は大まかに、

基本料金+従量料金×電力使用量

で計算することができます。

  • 基本料金:必ずかかる最低料金
  • 従量料金:1kWhあたりの単価
  • 電力使用量:その月に使用した電力量の合計

つまり、基本料金が860円、従量料金が20円、電力使用量が500kwhの場合、

860+20×500=10,860円という計算になります。

ただし、親指でんきの細かい料金に関しては地域によってそれぞれ異なるので、各地域ごとに解説していきます。

以下のリンクをクリックすると各電力会社との比較を確認できます。

北海道電力と親指でんきの料金比較

北海道電力の基本プラン「従量電灯B」と親指でんきの基本プラン「いいねプランB」の料金を比較していきます。

基本料金

北海道電力の基本料金は下の図のように契約アンペア数が大きくなるにつれて、料金も高くなります。

⇒北海道電力のアンペア数の確認方法

親指でんきの基本料金は北海道電力と同じ価格設定になっています。

基本料金
  親指でんき 北海道電力
30A 0円 1,004.40円
40A 1,339.20円
50A 1,674.00円
60A 2,008.80円

従量料金

北海道電力の従量料金は~120kWh、120~280kWh、280kWh~の3段階に分かれていて、段階的に高くなっていく仕組みになっています。

親指でんきの従量料金は1kWhあたり一律29円になっています。

従量料金
  親指でんき 北海道電力
~120kWh 29.00円 23.54円
120~280kWh 29.72円
280kWh~ 33.37円

親指でんきに乗り換えた場合の料金をシミュレーション

1人暮らし~6人暮らしまでの世帯人数別の料金シミュレーションを行ってみました。

世帯別の電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にしています。

1人世帯(30A、239.7kWh/月)
  親指でんき 北海道電力
年間料金 83,416円 88,640円
年間節約額 ⇒5,225円お得  
2人世帯(30A、367.3kWh/月)
  親指でんき 北海道電力
年間料金 127,820円 137,971円
年間節約額 ⇒10,151円お得  
3人世帯(40A、431.8kWh/月)
  親指でんき 北海道電力
年間料金 150,266円 167,817円
年間節約額 ⇒17,551円お得  
4人世帯(50A、444.3kWh/月)
  親指でんき 北海道電力
年間料金 154,616円 176,840円
年間節約額 ⇒22,224円お得  
5人世帯(60A、525.3kWh/月)
  親指でんき 北海道電力
年間料金 182,804円 213,294円
年間節約額 ⇒30,489円お得  
6人世帯(60A、637.2kWh/月)
  親指でんき 北海道電力
年間料金 221,746円 258,103円
年間節約額 ⇒36,357円お得  

このようにどの世帯人数でもオトクになるという結果になりました。

実際に自分の家だとどれくらい安くなるか知りたい!

そんなあなたのために、

親指でんきの公式サイトでは料金シミュレーションを行うことができます。

  • 「毎月どれくらい安くなるのか?」
  • 「年間どれくらい安くなるのか?」

具体的に分かるので、申し込み前に一度どの程度オトクになるのか調べてみましょう!

⇒申し込み前に、親指でんきの「評判」や「メリット・デメリット」を確認したい方はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

東北電力と親指でんきの料金比較

東北地域でのメイン電力会社である東北電力と親指でんきの料金比較ですが、料金はそれぞれ基本料金と従量料金によって計算することができます。

基本料金

東北電力の基本料金は下の図のように契約アンペア数が大きくなるにつれて、料金も高くなります。

⇒東北電力のアンペア数の確認方法

親指でんきは基本料金が0円です。

基本料金
  親指でんき 東北電力
10A 0円 324円
15A 486円
20A 648円
30A 972円
40A 1,296円
50A 1,620円
60A 1,944円

60Aのご家庭で標準プランを選んだら、
月1,944円、年間23,328円も節約できますね。

従量料金

親指でんきの従量料金はどれだけ使用しても一定の料金になっています。

そのため、少ない電力使用量だと割高ですが、多ければ多いほどお得になるのが、分かりました。

従量料金
  親指でんき 東北電力
~120kWh 26円 18.24円
120~300kWh 24.87円
300kWh~ 28.75円

このように同じ電力会社でも料金プランは全然違うんですね。

ただ、料金プランだけではいまいち、どれくらいオトクなのか分かりづらいですよね?

そこで、世帯人数別の料金を計算してみました!

【料金比較】東北電力 VS 親指でんき

東北電力と親指でんきの年間料金とその差額を計算してみました。

※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にして試算しています。

1人世帯
  東北電力 親指でんき
年間 73,653円 74,786円
  ⇒1,134円お得  
2人世帯
  東北電力 親指でんき
年間 114,867円 114,598円
    ⇒270円お得
3人世帯
  東北電力 親指でんき
年間 141,008円 134,722円
    ⇒6,286円お得
4人世帯
  東北電力 親指でんき
年間 149,208円 138,622円
    ⇒10,587円お得
5人世帯
  東北電力 親指でんき
年間 181,041円 163,894円
    ⇒17,148円お得
6人世帯
  東北電力 親指でんき
年間 219,647円 198,806円
    ⇒20,840円お得

このように親指でんきは電気を使うほどオトクになります。

(逆に一人暮らしならそのまま東北電力を使うか一人暮らし用の電力会社を契約すべきです。)

実際に自分の家だとどれくらい安くなるか知りたい!

そんなあなたのために、

親指でんきの公式サイトでは料金シミュレーションを行うことができます。

  • 「毎月どれくらい安くなるのか?」
  • 「年間どれくらい安くなるのか?」

具体的に分かるので、申し込み前に一度どの程度オトクになるのか調べてみましょう!

⇒申し込み前に、親指でんきの「評判」や「メリット・デメリット」を確認したい方はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

東京電力と親指でんきの料金比較

基本料金

東京電力など一般的な電力会社は契約アンペア数が大きくなるにつれて基本料金は高くなっていきます。

親指でんきは基本料金が0円です。

基本料金
  親指でんき 東京電力
10A 0円 280.80円
15A 421.20円
20A 561.60円
30A 842.40円
40A 1,123.20円
50A 1,404.00円
60A 1,684.80円

60Aのご家庭で標準プランを選んだら、
月1,684.80円、年間20,217.6円も節約できますね。

従量料金

あしたでんきの従量料金はどれだけ使用しても一定の料金になっています。

そのため、少ない電力使用量だと割高ですが、多ければ多いほどお得になるのが、分かりました。

従量料金
  親指でんき 東京電力
~120kWh 26円 19.52円
120~300kWh 26円
300kWh~ 30.02円

このように同じ電力会社でも料金プランは全然違うんですね。

ただ、料金プランだけではいまいち、どれくらいオトクなのか分かりづらいですよね?

そこで、世帯人数別の料金を計算してみました!

【料金比較】東京電力 VS 親指でんき

東京電力と親指でんきの年間料金とその差額を計算してみました。

※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にして試算しています。

1人世帯
  東京電力 親指でんき
年間 75,564円 74,786円
    ⇒778円お得
2人世帯
  東京電力 親指でんき
年間 118,622円 109,725円
    ⇒4,024円お得
3人世帯
  東京電力 親指でんき
年間 145,227円 134,722円
    ⇒10,505円お得
4人世帯
  東京電力 親指でんき
年間 153,099円 138,622円
    ⇒14,478円お得
5人世帯
  東京電力 親指でんき
年間 185,648円 163,894円
    ⇒21,755円お得
6人世帯
  東京電力 親指でんき
年間 225,959円 198,806円
    ⇒27,153円お得

このように親指でんきは電気を使うほどオトクになります。

実際に自分の家だとどれくらい安くなるか知りたい!

そんなあなたのために、

親指でんきの公式サイトでは料金シミュレーションを行うことができます。

  • 「毎月どれくらい安くなるのか?」
  • 「年間どれくらい安くなるのか?」

具体的に分かるので、申し込み前に一度どの程度オトクになるのか調べてみましょう!

⇒申し込み前に、親指でんきの「口コミ・評判」を確認したい方はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

中部電力と親指でんきの料金比較

基本料金

中部電力など一般的な電力会社は契約アンペア数が大きくなるにつれて基本料金は高くなっていきます。

親指でんきは基本料金が0円です

基本料金
  親指でんき 中部電力
10A 0円 280.80円
15A 421.20円
20A 561.60円
30A 842.40円
40A 1,123.20円
50A 1,404.00円
60A 1,684.80円

60Aのご家庭で標準プランを選んだら、
月1,944円、年間23,328円も節約できますね。

従量料金

親指でんきの従量料金はどれだけ使用しても一定の料金になっています。

そのため、少ない電力使用量だと割高ですが、多ければ多いほどお得になるのが、分かりました。

従量料金
  親指でんき 中部電力
~120kWh 26円 20.68円
120~300kWh 25.08円
300kWh~ 27.97円

このように同じ電力会社でも料金プランは全然違うんですね。

ただ、料金プランだけではいまいち、どれくらいオトクなのか分かりづらいですよね?

そこで、世帯人数別の料金を計算してみました!

【料金比較】中部電力 VS 親指でんき

中部電力と親指でんきの年間料金とその差額を計算してみました。

※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にして試算しています。

1人世帯
  中部電力 親指でんき
年間 75,913円 74,786円
    ⇒1,127円お得
2人世帯
  中部電力 親指でんき
年間 116,649円 114,598円
    ⇒2,052円お得
3人世帯
  中部電力 親指でんき
年間 141,668円 134,722円
    ⇒6,946円お得
4人世帯
  中部電力 親指でんき
年間 149,233円 138,622円
    ⇒10,611円お得
5人世帯
  中部電力 親指でんき
年間 179,789円 163,894円
    ⇒15,896円お得
6人世帯
  中部電力 親指でんき
年間 217,347円 198,806円
    ⇒18,541円お得

このように親指でんきは電気を使うほどオトクになります。

実際に自分の家だとどれくらい安くなるか知りたい!

そんなあなたのために、

親指でんきの公式サイトでは料金シミュレーションを行うことができます。

  • 「毎月どれくらい安くなるのか?」
  • 「年間どれくらい安くなるのか?」

具体的に分かるので、申し込み前に一度どの程度オトクになるのか調べてみましょう!

⇒申し込み前に、親指でんきの「口コミ・評判」を確認したい方はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

関西電力と親指でんきの料金比較

基本料金

関西電力の基本料金は最低料金制を採用しており、必ず327.65円かかります。

親指でんきは基本料金が0円です。

基本料金
親指でんき 関西電力
0円 327.65円

従量料金

親指でんきの従量料金はどれだけ使用しても一定の料金になっています。

そのため、少ない電力使用量だと割高ですが、多ければ多いほどお得になるのが、分かりました。

従量料金
  親指でんき 関西電力
15~120kWh 22円 19.76円
120~300kWh 26.19円
300kWh~ 29.94円

このように同じ電力会社でも料金プランは全然違うんですね。

ただ、料金プランだけではいまいち、どれくらいオトクなのか分かりづらいですよね?

そこで、世帯人数別の料金を計算してみました!

【料金比較】関西電力 VS 親指でんき

関西電力と親指でんきの年間料金とその差額を計算してみました。

※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にして試算しています。

1人世帯
  関西電力 親指でんき
年間 65,539円 63,281円
    ⇒2,258円お得
2人世帯
  関西電力 親指でんき
年間 107,094円 96,967円
    ⇒10,127円お得
3人世帯
  関西電力 親指でんき
年間 129,354円 113,995円
    ⇒15,359円お得
4人世帯
  関西電力 親指でんき
年間 133,668円 117,295円
    ⇒16,373円お得
5人世帯
  関西電力 親指でんき
年間 161,623円 138,679円
    ⇒22,944円お得
6人世帯
  関西電力 親指でんき
年間 200,242円 168,221円
    ⇒32,021円お得

このように親指でんきは電気を使うほどオトクになります。

実際に自分の家だとどれくらい安くなるか知りたい!

そんなあなたのために、

親指でんきの公式サイトでは料金シミュレーションを行うことができます。

  • 「毎月どれくらい安くなるのか?」
  • 「年間どれくらい安くなるのか?」

具体的に分かるので、申し込み前に一度どの程度オトクになるのか調べてみましょう!

⇒申し込み前に、親指でんきの「口コミ・評判」やを確認したい方はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

中国電力と親指でんきの料金比較

基本料金

中国電力など一般的な電力会社は契約アンペア数が大きくなるにつれて基本料金は高くなっていきます。

親指でんきは基本料金が0円です。

基本料金
親指でんき 中国電力
0円 331.23円

従量料金

親指でんきの従量料金はどれだけ使用しても一定の料金になっています。

そのため、少ない電力使用量だと割高ですが、多ければ多いほどお得になるのが、分かりました。

従量料金
  親指でんき 中国電力
15~120kWh 24円 20.40円
120~300kWh 26.96円
300kWh~ 29.04円

このように同じ電力会社でも料金プランは全然違うんですね。

ただ、料金プランだけではいまいち、どれくらいオトクなのか分かりづらいですよね?

そこで、世帯人数別の料金を計算してみました!

【料金比較】中国電力 VS 親指でんき

中国電力と親指でんきの年間料金とその差額を計算してみました。

※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にして試算しています。

1人世帯
  中国電力 親指でんき
年間 68,404円 69,034円
  ⇒629円お得  
2人世帯
  中国電力 親指でんき
年間 111,365円 105,782円
    ⇒5,583円お得
3人世帯
  中国電力 親指でんき
年間 133,842円 124,358円
    ⇒9,484円お得
4人世帯
  中国電力 親指でんき
年間 138,198円 127,958円
    ⇒10,240円お得
5人世帯
  中国電力 親指でんき
年間 166,425円 151,286円
    ⇒15,139円お得
6人世帯
  中国電力 親指でんき
年間 205,420円 183,514円
    ⇒21,906円お得

このように親指でんきは電気を使うほどオトクになります。

(逆に一人暮らしならそのまま中国電力を使うか一人暮らし用の電力会社を契約すべきです。)

実際に自分の家だとどれくらい安くなるか知りたい!

そんなあなたのために、

親指でんきの公式サイトでは料金シミュレーションを行うことができます。

  • 「毎月どれくらい安くなるのか?」
  • 「年間どれくらい安くなるのか?」

具体的に分かるので、申し込み前に一度どの程度オトクになるのか調べてみましょう!

⇒申し込み前に、親指でんきの「口コミ・評判」を確認したい方はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

四国電力と親指でんきの料金比較

基本料金

四国電力など一般的な電力会社は契約アンペア数が大きくなるにつれて基本料金は高くなっていきます。

親指でんきは基本料金が0円です。

基本料金
親指でんき 四国電力
0円 331.23円

従量料金

親指でんきの従量料金はどれだけ使用しても一定の料金になっています。

そのため、少ない電力使用量だと割高ですが、多ければ多いほどお得になるのが、分かりました。

従量料金
  親指でんき 四国電力
15~120kWh 24円 20.40円
120~300kWh 26.96円
300kWh~ 29.04円

このように同じ電力会社でも料金プランは全然違うんですね。

ただ、料金プランだけではいまいち、どれくらいオトクなのか分かりづらいですよね?

そこで、世帯人数別の料金を計算してみました!

【料金比較】四国電力 VS 親指でんき

四国電力と親指でんきの年間料金とその差額を計算してみました。

※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にして試算しています。

1人世帯
  四国電力 親指でんき
年間 69,072円 69,034円
    ⇒38円お得
2人世帯
  四国電力 親指でんき
年間 112,435円 105,782円
    ⇒6,652円お得
3人世帯
  四国電力 親指でんき
年間 135,616円 124,358円
    ⇒11,258円お得
4人世帯
  四国電力 親指でんき
年間 140,108円 127,958円
    ⇒12,150円お得
5人世帯
  四国電力 親指でんき
年間 169,220円 151,286円
    ⇒17,933円お得
6人世帯
  四国電力 親指でんき
年間 209,437円 183,514円
    ⇒25,923円お得

このように親指でんきは電気を使うほどオトクになります。

実際に自分の家だとどれくらい安くなるか知りたい!

そんなあなたのために、

親指でんきの公式サイトでは料金シミュレーションを行うことができます。

  • 「毎月どれくらい安くなるのか?」
  • 「年間どれくらい安くなるのか?」

具体的に分かるので、申し込み前に一度どの程度オトクになるのか調べてみましょう!

⇒申し込み前に、親指でんきの「口コミ・評判」を確認したい方はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

九州電力と親指でんきの料金比較

基本料金

九州電力など一般的な電力会社は契約アンペア数が大きくなるにつれて基本料金は高くなっていきます。

親指でんきは基本料金が0円です。

基本料金
  親指でんき 九州電力
10A 0円 291.60円
15A 437.40円
20A 583.20円
30A 874.80円
40A 1,166.40円
50A 1,458.00円
60A 1,749.60円

60Aのご家庭で標準プランを選んだら、
月1,749.60円、年間20,995.2円も節約できますね。

従量料金

親指でんきの従量料金はどれだけ使用しても一定の料金になっています。

そのため、少ない電力使用量だと割高ですが、多ければ多いほどお得になるのが、分かりました。

従量料金
  親指でんき 九州電力
~120kWh 23円 17.19円
120~300kWh 22.69円
300kWh~ 25.63円

このように同じ電力会社でも料金プランは全然違うんですね。

ただ、料金プランだけではいまいち、どれくらいオトクなのか分かりづらいですよね?

そこで、世帯人数別の料金を計算してみました!

【料金比較】九州電力 VS 親指でんき

九州電力と親指でんきの年間料金とその差額を計算してみました。

※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にして試算しています。

1人世帯
  九州電力 親指でんき
年間 67,843円 66,157円
    ⇒1,686円お得
2人世帯
  九州電力 親指でんき
年間 104,960円 101,375円
    ⇒3,586円お得
3人世帯
  九州電力 親指でんき
年間 128,273円 119,177円
    ⇒9,096円お得
4人世帯
  九州電力 親指でんき
年間 135,641円 122,627円
    ⇒13,014円お得
5人世帯
  九州電力 親指でんき
年間 154,534円 144,983円
    ⇒16,607円お得
6人世帯
  九州電力 親指でんき
年間 185,445円 175,867円
    ⇒20,139円お得

このように親指でんきは電気を使うほどオトクになります。

実際に自分の家だとどれくらい安くなるか知りたい!

そんなあなたのために、

親指でんきの公式サイトでは料金シミュレーションを行うことができます。

  • 「毎月どれくらい安くなるのか?」
  • 「年間どれくらい安くなるのか?」

具体的に分かるので、申し込み前に一度どの程度オトクになるのか調べてみましょう!

親指でんき利用者のの口コミや評判まとめ

Twitterに投稿されている長崎地域電力の口コミや評判をまとめてみました。

ネット上での主な評判
  • 電気代が安くなった
  • ペットを買っている、ゲーマーは特にお得

親指でんきの料金プランやシミュレーションの通り、ほとんどのご家庭で電気料金が安くなるため、一番多かったのは電気代が安くなったという口コミ投稿でした。

また、新たに力を入れているペット向けの「わんにゃんプラン」や新しく始まったゲーマー向けのプラン「ゲームプラン」が思ったよりも好評のようです。

親指でんきのメリット

基本料金が0円!電気代が安くなる

親指でんきの一番のメリットは電気代が安くなることです。

親指でんきの料金シミュレーションの通り、ほとんどのケースで今までよりも電気代を節約することができるようになります。

初期手数料もなく、自己負担無しで、以前よりも安く電気を利用することができるようになります。

解約時に違約金がかからない

電力会社の中には解約時に違約金がかかる場合がありますが、親指でんきには解約手数料や違約金はありません。

そのため、引っ越しや別の電力会社への変更による解約も自己負担なく行うことができます。

用途に合ったプランが豊富

親指でんきには基本プランの「いいねプラン」のほか、

  • わんにゃんプラン:ペットを飼っている人向けのプラン
  • ゲームプラン:夜間料金が安いゲーマー向けのプラン

があります。

詳しくは「その他料金プランについて」で解説しています。

こんな人に親指でんきはおすすめ

親指でんきは基本料金が0円なので、

  • 世帯人数が多く毎月の電気代を安くしたい
  • 出張や旅行で家を空ける時間が多く、電気代の支払いがもったいない
  • とにかく電気代を今より安くしたい

という方にはおすすめの電力会社です。

ちなみに工事費用は0円です。

数か月試してみて、さらに条件の良い電力会社に乗り換えられるのも新電力の良いところです。

⇒【さらにお得に申し込む】親指でんきのキャンペーンページはこちら



親指でんきのキャンペーン・キャッシュバック情報

新元号「令和」発表記念キャンペーン(2019年4月30日まで)

今親指でんきに申し込むと、Amazonギフト券3,000円分がキャッシュバックされる「新元号「令和」発表記念キャンペーン」を実施中です!

しかも、今回の対象プランは全プラン!

申し込み方法はキャンペーン期間内にキャンペーンページから親指でんきに申し込むだけです。

このようなキャンペーンが行われるのは、不定期なので、お得な今のうちに申し込むのがおすすめです。

⇒【公式】親指でんきのキャンペーンページはこちら



申し込み条件
  • キャンペーン期間中(2019/4/30)までに申し込む
  • 親指でんきを2019年9月末まで継続利用する

新生活応援キャンペーン(終了しました)

親指でんき新生活応援キャンペーン

今親指でんきに申し込むと、Amazonギフト券3,000円分がキャッシュバックされる「新生活応援キャンペーン」を実施中です!

申し込み方法はキャンペーン期間内にキャンペーンページから親指でんきに申し込むだけです。

このようなキャンペーンが行われるのは、不定期なので、お得な今のうちに申し込むのがおすすめです。

⇒【公式】親指でんきのキャンペーンページはこちら



申し込み条件
  • キャンペーン期間中(2019/3/31)までに申し込む
  • 親指でんきを2019年9月末まで継続利用する

【2,500円分キャッシュバック】新プラン登場キャンペーン⇒現在終了

現在、親指でんきでは新しく2つの新プラン(わんにゃんプラン+、ゲームプラン)の登場を記念してAmazonギフト券2,500円分のキャッシュバックキャンペーンが実施中です。

対象は新たに登場したプランだけでなく、なんと全プラン!

  • いいねプラン(一般プラン)
  • わんにゃんプラン+
  • 日曜から夜更かしプラン
  • ゲームプラン

申し込み方法は親指でんきのキャンペーンページから申し込むだけです。

申し込み条件
  • キャンペーン期間中(2019/2/28)までに申し込む
  • 2019年8月末まで継続利用する

(現在終了)【5,000円分キャッシュバック】始球式キャンペーン

現在親指でんきを公式サイトのキャンペーンページから契約すると、「始球式キャンペーン」としてAmazonギフト券5,000円分がプレゼントされます!

期間限定なので、この機会がチャンスです!

その他料金プランについての解説

わんにゃんプラン+の料金プランや特徴を解説

飼育のために電気代がかかってしまう人向けの新プラン「わんにゃんプラン+」の料金プランや特徴を解説してきます。

わんにゃんプラン+の特徴

  • 料金は親指でんき基本プラン(いいねプラン)より割高
  • オーナー向け保険が無料で付いてくる
  • 提携施設やサービスを会員割引で利用できる
  • ペットのお悩み相談を24時間365日サポート
  • 施設やサービスの無料紹介

わんにゃんプラン+の申し込み可能エリア

北海道電力エリア、東北電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリア、九州電力エリア

わんにゃんプラン+の料金プラン

基本料金
  北海道 東北 東京 中部 九州
30A 502.2円 486円 421.2円 421.2円 437.4円
40A 669.6円 648円 561.6円 561.6円 583.2円
50A 837円 810円 702円 702円 729円
60A 1,004.4円 972円 842.4円 842.4円 874.8円
従量料金
北海道 東北 東京 中部 九州
29円 26円 26円 26円 23円

わんにゃんプラン+はこんな人におすすめ

わんにゃんプラン+は親指でんきの基本プランである「いいねプラン」より若干割高ですが、その代りペット保険が無料だったり、様々な施設・サービスを割引価格で利用できるなどの特典が付いてきます。

私もうさぎを飼っているのですが、旅行の際には毎回ペットホテルに預けたり、病院にも定期的に連れて行くので、費用がかさみます。

ペットにかかる費用が多いご家庭であればあるほど、わんにゃんプラン+は効果を発揮する仕組みになっているので、「電気代とペットにかかる費用を合わせて節約したい」という方にはおすすめのプランです。

⇒【期間限定】キャンペーンでお得にあしたでんきを申し込む手順

ゲームプランの料金プランや特徴を解説

夜間にでんきを使うこと多い人向けの夜型プランです。

ゲームプランの特徴

  • 夜間(21時~6時)の電気代が割安
  • 逆に日中(6~21時)の電気代がが割高

ゲームプランの申し込み可能エリア

東北電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、九州電力エリア

ゲームプランの料金プラン

ゲームプランの基本料金は一般的なアンペア契約の場合0円。

kVA契約の場合、1kVAに付き加算されます。

1kWh辺りの単価は夜間(21~6時)の9時間と昼間(6~21時)の15時間は料金単価が変わり、夜間の方がかなり割安になっています。

そのため、もし東京電力エリアで月に平均600kWh利用し、電気使用量の夜間が占める割合が8割だった場合、

あしたでんきの通常プラン(いいねプラン)だと・・・

26円×600kwh=15,600円

ですが、ゲームプランにすると・・・

24円×(600kwh×0.8)+30円×(600kwh×0.2)=15,120円

になります。

一ヶ月の差額は480円なので、ゲームプランに乗り換えれば年間5,760円もお得になります。

このように電気の使用がほぼほぼ夜間の人の場合、ゲームプランを選択したほうがよりお得になります。

こんな人におすすめ

  • 夜にゲームをたくさんする人
  • 昼夜逆転している夜型の人
  • 仕事で日中はほとんど家にいない人

⇒【期間限定】キャンペーンでお得にあしたでんきを申し込む手順

【補足】親指でんきとLooopでんきの違い

  親指でんき Looopでんき
料金 基本プラン(親指でんき:いいねプラン、Looopでんき:おうちプラン)は全く同じ
利用可能エリア 北陸電力エリア、沖縄電力エリア、離島を除く全地域 沖縄電力エリア、離島を除く全地域
支払い方法 口座振替、クレジットカード クレジットカード
電源構成 JEPX(日本卸電力取引所)からの買い付け 再生可能エネルギー(水力)6%、FIT電気20%、その他(JEPX等)74%
一般家庭向けプラン いいねプラン、わんにゃんプラン+、ゲームプラン おうちプラン

電気を使う分での大きな違いはほとんどありませんが、

  • 口座振替で支払いたい⇒親指でんき
  • 少しでも環境に優しくしたい⇒Looopでんき

のような選び方をするのがベストでしょう。

間違い
利用者が暴露するLooopでんき「おうちプラン」の評判・口コミネットでは人気のLooopでんきですが、実際に周りに利用している人ってなかなかいないですよね? 私は現在Looopでんきを契約して...
2ステップで電力会社を一括比較
全国の電力会社を一括比較