GREENa
GREENa(グリーナ)でんきの評判は良いが、料金が高いというデメリットあり

GREENa(グリーナ)でんきの評判は良いが、料金が高いというデメリットあり

グリーナでんき

電力会社を乗り換えるならどうせなら環境に優しい電力会社に乗り換えたくありませんか?

おそらく現在ご利用中の東京電力や関西電力、中部電力といった地域の電力会社は大量の顧客に対して安定した電力を供給しないといけないため、どうしても火力発電や原子力発電に頼らざるを得ない状況です。

東日本大震災で現在の危険で環境に優しくない発電方式に疑問を感じる方も非常に多いかと思います。

そんな中GREENa(グリーナ)でんきは数ある電力会社の中でも、100%自然エネルギーを利用している電力会社です。

環境保全や原子力に疑問を頂いている人に今クチコミで人気になっているそうです。

しかし、太陽光発電、水力発電、風力発電といった環境に優しく安全な発電方式を採用している反面、電気代が高いというデメリットもあります。

この記事では、そんなGREENa(グリーナ)でんきの

  • 料金プランや世帯人数別料金シミュレーション
  • 利用者の実際の口コミや評判
  • メリット・デメリット

についてまとめてみました。

そして、100%自然エネルギーを利用しながら、さらに料金を安く電気を利用する方法も合わせてご紹介しています。

これからGREENaでんきの契約を検討している方は是非とも最後までチェックしてみてくださいね!

GREENa(グリーナ)でんきの料金プランを徹底比較

まずは、GREENa(グリーナ)でんきの料金プランを見ていきましょう。

毎月かかる電気代は大まかに、

基本料金+従量料金×電力使用量

で計算することができます。

  • 基本料金:必ずかかる最低料金
  • 従量料金:1kWhあたりの単価
  • 電力使用量:その月に使用した電力量の合計

GREENa(グリーナ)でんきには、2つの料金プランがあり、大まかに以下のような特徴があります。

GREENaでんきの特徴
  • スタンダードプラン:50%自然エネルギー。そのかわりちょっと安い
  • RE100プラン:100%自然エネルギー。そのかわり今までと電気代は同額(もしくはちょっと高い)

スタンダードプランの自然エネルギーの比率は50%

では、実際にGREENaでんきと地域の電力会社の料金プランを比較していきます。

以下のリンクをクリックすると各電力会社との比較を見ることができます。

各電力会社との比較

(クリックすると下へ移動します。)

東北電力とGREENa(グリーナ)でんきとの料金比較

東北地域でのメイン電力会社である東北電力とGREENaでんきの料金比較ですが、料金はそれぞれ基本料金と従量料金によって計算することができます。

基本料金

東北電力とGREENaでんきの基本料金ですが、現在の契約アンペア数が大きくなるに連れて高くなっていきます。

⇒東北電力のアンペア数の確認方法

基本料金に関しては、自然エネルギー50%のスタンダードプランは安いですが、自然エネルギー100%のRE100プランは東北電力と同じ料金となっています。

基本料金
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
東北電力
30A 960.30円 990.00円 990.00円
40A 1,280.40円 1,320.00円 1,320.00円
50A 1,600.50円 1,650.00円 1,650.00円
60A 1,920.60円 1,980.00円 1,980.00円

従量料金

従量料金は~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階で料金単価が高くなっていきます。

~120kWhの第一段階は同じ料金ですが、それ以降はGREENaでんきスタンダードプランの方が微妙に安くなっています。

従量料金
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
東北電力
~120kWh 18.58円 18.58円 18.58円
120~300kWh 24.57円 25.33円 25.33円
300kWh~ 26.94円 29.28円 29.28円

GREENaでんきに乗り換えた場合の料金をシミュレーション

1人暮らし~6人暮らしまでの世帯人数別の料金シミュレーションを行ってみました。

世帯別の電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にしています。

1人世帯(30A、239.7kWh/月)
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
東北電力
年間料金 73,571円 75,019円 75,019円
年間節約額 ⇒1,448円お得 ⇒変更なし  
2人世帯(30A、367.3kWh/月)
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
東北電力
年間料金 113,107円 116,995円 116,995円
年間節約額 ⇒3,888円お得 ⇒変更なし  
3人世帯(40A、431.8kWh/月)
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
東北電力
年間料金 137,800円 143,617円 143,617円
年間節約額 ⇒5,818円お得 ⇒変更なし  
4人世帯(50A、444.3kWh/月)
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
東北電力
年間料金 145,682円 151,969円 151,969円
年間節約額 ⇒6,288円お得 ⇒変更なし  
5人世帯(60A、525.3kWh/月)
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
東北電力
年間料金 175,709円 184,389円 184,389円
年間節約額 ⇒8,681円お得 ⇒変更なし  
6人世帯(60A、637.2kWh/月)
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
東北電力
年間料金 211,884円 223,707円 223,707円
年間節約額 ⇒11,823円お得 ⇒変更なし  

このように自然エネルギー50%のスタンダードプランは、どの世帯人数でもオトクになるという結果になりましたが、自然エネルギー100%のRE100プランは今までと同じ電気代になります。

そこで次は、他の新電力会社との料金比較やGREENaでんき利用者の口コミや評判をまとめてみました。

⇒他社との料金比較とGREENaでんき利用者の口コミと評判はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

東京電力とGREENa(グリーナ)でんきとの料金比較

東京地域でのメイン電力会社である東京電力とGREENaでんきの料金比較ですが、料金はそれぞれ基本料金と従量料金によって計算することができます。

基本料金

東京電力とGREENaでんきの基本料金ですが、現在の契約アンペア数が大きくなるに連れて高くなっていきます。

⇒東京電力のアンペア数の確認方法

基本料金に関しては、自然エネルギー50%のスタンダードプランは安いですが、自然エネルギー100%のRE100プランは東京電力と同じ料金となっています。

基本料金
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
東京電力
30A 832.25円 858.00円 858.00円
40A 1,109.68円 1,144.00円 1,144.00円
50A 1,387.10円 1,430.00円 1,430.00円
60A 1,664.51円 1,716.00円 1,716.00円

従量料金

従量料金は~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階で料金単価が高くなっていきます。

~120kWhの第一段階は同じ料金ですが、それ以降はGREENaでんきスタンダードプランの方が微妙に安くなっています。

従量料金
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
東京電力
~120kWh 19.88円 19.88円 19.88円
120~300kWh 25.16円 26.48円 26.48円
300kWh~ 28.12円 30.58円 30.57円

GREENaでんきに乗り換えた場合の料金をシミュレーション

1人暮らし~6人暮らしまでの世帯人数別の料金シミュレーションを行ってみました。

世帯別の電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にしています。

1人世帯(30A、239.7kWh/月)
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
東京電力
年間料金 74,754円 76,959円 76,959円
年間節約額 ⇒2,205円お得 ⇒変更なし  
2人世帯(30A、367.3kWh/月)
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
東京電力
年間料金 115,670円 120,816円 120,808円
年間節約額 ⇒5,139円お得 ⇒8円損  
3人世帯(40A、431.8kWh/月)
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
東京電力
年間料金 140,764円 147,917円 147,902円
年間節約額 ⇒7,138円お得 ⇒16円損  
4人世帯(50A、444.3kWh/月)
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
東京電力
年間料金 148,311円 155,936円 155,919円
年間節約額 ⇒7,608円お得 ⇒17円損  
5人世帯(60A、525.3kWh/月)
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
東京電力
年間料金 178,972円 189,092円 189,065円
年間節約額 ⇒10,093円お得 ⇒27円損  
6人世帯(60A、637.2kWh/月)
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
東京電力
年間料金 216,732円 230,155円 230,114円
年間節約額 ⇒13,383円お得 ⇒40円損  

このように自然エネルギー50%のスタンダードプランは、どの世帯人数でもオトクになるという結果になりましたが、自然エネルギー100%のRE100プランは今までより年間で数円〜数十円高い電気代になります。

そこで次は、他の新電力会社との料金比較GREENaでんき利用者の口コミや評判をまとめてみました。

⇒他社との料金比較とGREENaでんき利用者の口コミと評判はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

中部電力とGREENa(グリーナ)でんきとの料金比較

中部地域でのメイン電力会社である中部電力とGREENaでんきの料金比較ですが、料金はそれぞれ基本料金と従量料金によって計算することができます。

基本料金

中部電力とGREENaでんきの基本料金ですが、現在の契約アンペア数が大きくなるに連れて高くなっていきます。

基本料金に関しては、自然エネルギー50%のスタンダードプランは安いですが、自然エネルギー100%のRE100プランは中部電力と同じ料金となっています。

基本料金
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
中部電力
30A 832.25円 858.00円 858.00円
40A 1,109.68円 1,144.00円 1,144.00円
50A 1,387.10円 1,430.00円 1,430.00円
60A 1,664.51円 1,716.00円 1,716.00円

従量料金

従量料金は~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階で料金単価が高くなっていきます。

~120kWhの第一段階はほぼ同じ料金ですが、それ以降はGREENaでんきスタンダードプランの方が微妙に安くなっています。

従量料金
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
中部電力
~120kWh 21.06円 21.06円 21.07円
120~300kWh 24.77円 25.54円 25.54円
300kWh~ 27.06円 28.49円 28.49円

GREENaでんきに乗り換えた場合の料金をシミュレーション

1人暮らし~6人暮らしまでの世帯人数別の料金シミュレーションを行ってみました。

世帯別の電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にしています。

1人世帯(30A、239.7kWh/月)
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
中部電力
年間料金 75,893円 77,308円 77,322円
年間節約額 ⇒1,429円お得 ⇒14円お得  
2人世帯(30A、367.3kWh/月)
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
中部電力
年間料金 115,670円 118,797円 118,812円
年間節約額 ⇒3,076円お得 ⇒14円お得  
3人世帯(40A、431.8kWh/月)
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
中部電力
年間料金 139,944円 144,281円 144,295円
年間節約額 ⇒4,351円お得 ⇒14円お得  
4人世帯(50A、444.3kWh/月)
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
中部電力
年間料金 147,332円 151,986円 152,000円
年間節約額 ⇒4,669円お得 ⇒14円お得  
5人世帯(60A、525.3kWh/月)
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
中部電力
年間料金 176,963円 183,110円 183,125円
年間節約額 ⇒6,162円お得 ⇒14円お得  
6人世帯(60A、637.2kWh/月)
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
中部電力
年間料金 213,299円 221,367円 221,381円
年間節約額 ⇒8,082円お得 ⇒14円お得  

このようにどの世帯人数でもオトクになるという結果になりました。

そこで次は、他の新電力会社との料金比較GREENaでんき利用者の口コミや評判をまとめてみました。

⇒他社との料金比較とGREENaでんき利用者の口コミと評判はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

関西電力とGREENa(グリーナ)でんきとの料金比較

関西地域でのメイン電力会社である関西電力とGREENaでんきの料金比較ですが、料金はそれぞれ基本料金と従量料金によって計算することができます。

基本料金(最低料金)

関西電力エリアの基本料金は最低料金制をを採用しており、アンペア数がありません。

⇒関西電力のアンペア数の確認方法

関西電力とGREENaでんきの基本料金ですが、15kWhまでが一律価格になっていて、GREENaでんきのほうが若干安い料金になっています。

基本料金(最低料金~15kWh)
GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
関西電力
333.72円 333.72円 341.02円

従量料金

従量料金は15~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階で料金単価が高くなっていきます。

↓の図を見れば分かる通り、関西電力と比べ、自然エネルギー50%のスタンダードプランはどの段階でも安いですが、自然エネルギー100%のRE100プランは高くなっています。

従量料金
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
関西電力
15~120kWh 20.13円 21.12円 20.32円
120~300kWh 25.34円 26.68円 25.80円
300kWh~ 27.44円 30.49円 29.29円

GREENaでんきに乗り換えた場合の料金をシミュレーション

1人暮らし~6人暮らしまでの世帯人数別の料金シミュレーションを行ってみました。

世帯別の電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にしています。

1人世帯(30A、239.7kWh/月)
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
関西電力
年間料金 65,767円 68,939円 66,755円
年間節約額 ⇒988円お得 ⇒2,184円損  
2人世帯(30A、367.3kWh/月)
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
関西電力
年間料金 106,263円 112,868円 109,078円
年間節約額 ⇒2,815円お得 ⇒3,790円損  
3人世帯(40A、431.8kWh/月)
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
関西電力
年間料金 127,502円 136,468円 131,749円
年間節約額 ⇒4,247円お得 ⇒4,719円損  
4人世帯(50A、444.3kWh/月)
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
関西電力
年間料金 131,618円 141,041円 136,142円
年間節約額 ⇒4,524円お得 ⇒4,899円損  
5人世帯(60A、525.3kWh/月)
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
関西電力
年間料金 158,290円 170,677円 164,612円
年間節約額 ⇒6,322円お得 ⇒6,066円損  
6人世帯(60A、637.2kWh/月)
  GREENaでんき
(スタンダードプラン)
GREENaでんき
(RE100プラン)
関西電力
年間料金 195,136円 211,619円 203,942円
年間節約額 ⇒8,806円お得 ⇒7,677円損  

このように自然エネルギー50%のスタンダードプランは、どの世帯人数でもオトクになるという結果になりましたが、自然エネルギー100%のRE100プランはむしろ関西電力よりも高くなってしまう結果になりました。

そこで次は、他の新電力会社との料金比較GREENaでんき利用者の口コミや評判をまとめてみました。

⇒他社との料金比較とGREENaでんき利用者の口コミと評判はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

GREENa(グリーナ)でんきより料金は安く、環境に優しい電力会社

GREENa電力を選ぶ一番大きな理由は、

  1. 火力発電を使わず環境に優しく、
  2. 原子力発電を使わない安全な

発電方式を採用しているからかと思います。

しかし、その反面、利用料金がそこまで安くなりません。

自然環境や安全に配慮しているため、仕方ないかと思っていませんか?

太陽光発電や風力発電といった自然エネルギーを使った発電はコストもかかりますし、仕方ない部分でもあります。

しかし、実はGREENa電力と同じく100%自然エネルギーを利用しながらも、料金はGREENa電力よりも安い電力会社があります。

それが、「自然電力のでんき」です。

自然電力グループ自体は昔から太陽光ソーラー、風力、水力事業を行っていた環境保全グループです。

例えば、東京電力エリアで二人暮らしの場合、GREENa電力は東京電力と料金は変わりませんが、自然電力のでんきの場合、12,000円も年間でお得になります。

(例)GREENaと自然電力の比較
  • 東京電力エリア二人暮らしの場合:GREENa(RE100プラン)⇒+-0円、自然電力(SE30プラン)⇒12,060円お得
  • 関西電力エリア4人暮らしの場合:GREENa(RE100プラン)⇒4,810円損、自然電力(SE30プラン)⇒6,949円お得

このように自然電力のでんきはGREENaでんきの良い所と料金の安さを兼ね備えている唯一の電力会社です。

自然電力のでんきの料金プランや特徴に関しては、以前以下の記事にまとめました。

GREENaでんきと比べてまだ新電力の中では知名度は低いですが、環境や安全性を考える方たちにとってこれから人気になりそうな電力会社です。

GREENa(グリーナ)でんき利用者の口コミや評判

Twitterに投稿されているGREENaでんきの口コミや評判をまとめてみました。

ネット上での主な評判
  • 自然エネルギーでの発電に満足
  • 値段は今までとほとんど変わらない

GREENaでんきの特徴である、100%自然由来の発電方式(スタンダードは50%)がやはり好評ですね!

やはり、東京電力や関西電力といった大手の電力会社の場合、原発や火力発電に頼らないと十分な電力を供給することができません。

GREENaでんきは電気代の節約という面に関してあまり大きな期待はできませんが、エコ発電による社会貢献的な意味合いでは他社と比べると大きいですね。

100%自然エネルギーといえば、自然電力のでんきもGREENaでんきと同じく、火力発電や原子力発電を利用しない電力会社です。

料金プランに関してもGREENaでんきよりも安く設定されており、電気代の節約と環境や安全を両立した電力会社になっています。

個人的な意見ですが、自然エネルギーを利用しつつも電気代を節約したいという方にとって、自然電力のでんきは非常にマッチした電力会社だと思います。

GREENa(グリーナ)でんきのメリット・デメリットまとめ

GREENaでんきについて調べていくうちに分かったメリット・デメリットをまとめてみました。

GREENa(グリーナ)でんきのメリット

OK

100%自然エネルギーを利用した電力会社

GREENaでんきの最大のメリットは太陽光、風力、水力など自然エネルギーを利用して発電された電気を利用できるという点です。

日本の電力事情的にまだまだ大手は火力や原子力に頼っている状況です。

100%自然エネルギーを利用できる電力会社はそこまで多くなく、GREENaでんきを契約している方のほとんどが自然エネルギーに期待している方ばかりです。

解約時に違約金や解約金が発生しない

電力会社の中には、契約期間の縛りがあり、期間中に解約すると違約金などの諸経費がかかってしまう場合があります。

GREENaでんきには、解約金がないので、他の電力会社に乗り換えるときもスムーズに行うことができます。

GREENa(グリーナ)でんきのデメリット

間違い

対応しているエリアが少ない

現在GREENaでんきを利用できるのは、

  • 東北電力エリア
  • 東京電力エリア
  • 中部電力エリア
  • 関西電力エリア

の4つの地域のみです。

支払い方法がクレジットカードと口座振替のみ

GREENaでんきはの支払い方法は、クレジットカードと口座振替の2種類のみです。

今までのようにコンビニで支払うということができないので、申込み時には注意しておきましょう。

オール電化だとかなり高くなってしまう

GREENaでんきにはオール電化向けの料金プランはありません。

現在オール電化住宅に住んでいる方のほとんどは、地域の電力会社のオール電化向けのプランに加入しているかと思います。

GREENaでんきだけでなく、電力自由化で参入した新電力会社のほとんどがオール電化向け料金プランを用意していないので、残念ながら今まで通りのままにしておくことをおすすめします。

GREENa(グリーナ)でんきのキャンペーン情報

冬のプレゼントキャンペーン(2019年1月31日まで)⇒終了しました

現在、GREENaでんきを公式サイトから申し込むと、「久米繊維工業が作ったスヌード」がプレンゼントされます。

久米繊維工業は1935年創業の人気の老舗Tシャツメーカーです。

スヌードの本体価格は3,600円ですし、無料でもらえるこの期間に申し込んでこの寒い冬を乗り越えてみたはいかがでしょうか?

久米繊維工業の公式サイトを見てみましたが、スヌードひとつとっても様々な種類やカラーを選ぶことができるので、ちょっとほしいなと思ってしまいました笑

⇒(公式)久米繊維工業 スヌード販売ページ

スヌードプレゼントキャンペーンはGREENaでんき公式サイトから申し込んだ方のみのキャンペーンなので、注意してくださいね!⇒現在このキャンペーンは終了しています

まとめ:安さは期待できないが自然エネルギーに期待しよう!

GREENaでんきの料金プランや他社との比較、シミュレーション、利用者の実際の声、メリット・デメリットについて解説していきましたが、どうだったでしょうか?

このようにGREENaでんきは自然エネルギーを全面に押し出した電力会社であるため、電気代の節約はあまり期待することができません

ですが、100%自然エネルギーにこだわるのであれば、GREENaでんきはあなたにとって非常にマッチした電力会社といえるでしょう。

しかし、「もっと安い電力会社にしたい!」

と電気代の安さを求めるのであれば、再度電力会社の検討をおすすめしています。

また、「やっぱり100%自然エネルギーにこだわりたい!」

そんなあなたには、自然エネルギーを利用しつつ、料金プランが安い自然電力のでんきも候補に入れてみてはいかかでしょうか?

2ステップで電力会社を一括比較
全国の電力会社を一括比較