楽天エナジー

利用者が語る!楽天エナジーの口コミ・評判から分かるデメリット

「楽天エナジーに興味はあるけど、電力会社を切り替えたことがないから不安…」

「契約してから逆に高くなってしまったらどうしよう…」

これから初めて電力会社を切り替えてみようというあなたにとって、

楽天エナジーを契約したらどうなるのか?

はとても気になりますよね。

ぶっちゃけ楽天エナジーまちでんきは、

  • 楽天会員
  • 楽天カード

を持っている人じゃないとそこまでオトクではありません。

もし楽天会員じゃない、楽天カードを持っていないというあなたはこちらの電力会社の選び方を参考に自分に合った電力会社を選び直してみてください。

楽天エナジーを契約するなら楽天会員、楽天カードは必須条件です。

逆に楽天会員かつ楽天カードを持っているあなたにとっては

正直、こんなにオトクな電力会社はなかなかありません!

今まではそこまで、安くはなかったのですが、2018年になってから劇的に良い電力会社になりました。

(楽天カードを持っていたなら、本当は乗り換えたかったくらいです…)

そこで、この記事では楽天エナジーまちでんきの料金や口コミ、メリット・デメリットを解説していきます。

楽天エナジーがオトクになり一番の理由は楽天スーパーポイント

冒頭で説明したとおり、楽天エナジーは楽天非会員だったり、楽天カードを持っていない人にとっては全くオトクな電力会社ではありません。

では、なぜ楽天会員かつ楽天カードを持つあなたにとってオトクになるのかというと、もちろん楽天スーパーポイントがもらえるからです。

つまり、楽天エナジーは毎月の請求額から楽天スーパーポイントを引いた分が他の電力会社よりもオトクになるということです。

A社:6,000円(請求額)
楽天エナジー:6,000円(請求額)-1,000円(楽天ポイント)=5,500円

そんな楽天エナジーですが、ポイントをゲットできる機会は3つあります。

キャンペーン期間中に申込むと2,000ポイントプレゼント

楽天エナジーで電気代を安くする上で、一番重要なのがこの「2,000ポイントプレゼントキャンペーン」です。

このキャンペーンにエントリーしない限り、楽天エナジーはオトクにならないといってもいいくらいです。

電気代で2,000円分も安くなるなんてことなかなかありませんからね。

でんこちゃん
でんこちゃん
真夏にエアコンを我慢するしか…!
でんき君
でんき君
よいこは絶対に真似しないように…

それではこの重要なキャンペーン内容や条件は以下のとおりです。

キャンペーン概要

こちらのエントリーページから申込むと、2,000ポイントプレゼント!

キャンペーン期間:2018年11月30日(金)09:59まで

条件:電気料金のご請求金額が1施設につき毎月3,500円以上であり、また4ヶ月以上ご契約の方が対象となります。

このキャンペーンは期間限定なので、楽天会員の方はまずはエントリーページをチェックしてみてください!

楽天ユーザー、楽天カード会員を露骨にえこひいき!?そのポイントシステムとは?

楽天エナジーまちでんきは、その名の通り楽天ユーザー、楽天カード会員にとってかなり有利なポイントシステムになっています。

電気利用量10kWhで1ポイント貯まる

楽天エナジーの特徴は電気を使った分だけポイントが貯まっていきます。

電気使用量10kWh毎1ポイントがプレゼントされます。

支払額100円につき1ポイント貯まる

毎月の電気代の支払いを楽天カードで支払うことで、支払額100円に付き1ポイント貯まります。

貯まったポイントで電気代を支払える

これが楽天エナジーの一番おいしいところなのですが、すでに持っている楽天スーパーポイントで電気代を支払うことができます。

もちろん、まちでんき以外で貯めたポイントも電気代の支払いに使うことができます。

普段から楽天市場でよくお買い物していたり、クレジットカードを楽天カードで支払っているとポイントは貯まっていきますよね?

他で貯めたポイントで電気代を支払うことができるのは、楽天エナジー以外の電力会社ではありません。

(めっちゃポイント持っている人なら毎月電気代0円でいけるかもしれませんね)

楽天エナジーの料金プランは本当にお得?比較してみた

毎月かかる電気代は大まかに、

基本料金+従量料金×電力使用量

で計算することができます。

用語解説

・基本料金:必ずかかる最低料金
・従量料金:1kWhあたりの単価
・電力使用量:その月に使用した電力量の合計

楽天エナジーは契約する地域によって料金プランが様々です。

では実際に各電力会社の料金プランと比較していきましょう。

以下のリンクをクリックすると各電力会社との比較を見れます。

東京電力との比較

基本料金

東京電力と楽天エナジーの基本料金の違いは、

  • 10~20A契約がない
  • 30Aが割高

という点です。

40~60Aの基本料金は両者とも同じになっています。

基本料金
  東京電力 楽天エナジー
10A 280.80円 ’
15A 421.20円 ’
20A 561.60円 ’
30A 842.40円 1,123.20円
40A 1,123.20円 1,123.20円
50A 1,404.00円 1,404.00円
60A 1,684.80円 1,684.80円

従量料金

従量料金は~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階に分かれています。

どの段階でも楽天エナジーのほうがオトクになっています。

従量料金
  東京電力 楽天エナジー
~120kWh 19.52円/kWh 19.43円/kWh
120~300kWh 26.00円/kWh 25.91円/kWh
300kWh~ 30.02円/kWh 25.91円/kWh

ただ、料金プランだけではいまいち、どれくらいオトクなのか分かりづらいですよね?

そこで、世帯人数別の料金を計算してみました!

【料金比較】楽天エナジーVS 東京電力

楽天エナジーと東京電力の初年度の年間料金とその差額(お得額)を計算してみました。

※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にして試算しています。

1人世帯
  東京電力 楽天エナジー
年間料金 75,564円 78,675円
年間獲得ポイント ’ 3,074ポイント
オトク額 ⇒36円お得  
2人世帯
  東京電力 楽天エナジー
年間料金 118,622円 118,348円
年間獲得ポイント ’ 3,624ポイント
オトク額   ⇒3,898円お得
3人世帯
  東京電力 楽天エナジー
年間料金 145,227円 138,402円
年間獲得ポイント ’ 3,902ポイント
オトク額   ⇒10,727円お得
4人世帯
  東京電力 楽天エナジー
年間料金 153,099円 145,659円
年間獲得ポイント ’ 3,990ポイント
オトク額   ⇒11,431円お得
5人世帯
  東京電力 楽天エナジー
年間料金 185,648円 174,213円
年間獲得ポイント ’ 4,372ポイント
オトク額   ⇒15,808円お得
6人世帯
  東京電力 楽天エナジー
年間料金 225,959円 209,005円
年間獲得ポイント ’ 4,855ポイント
オトク額   ⇒21,809円お得

このように楽天エナジーは電気を使うほどオトクになります。

実際に自分の家だとどれくらい安くなるか知りたい!

そんなあなたのために、

楽天エナジーの公式サイトでは料金シミュレーションを行うことができます。

  • 「毎月どれくらい安くなるのか?」
  • 「年間どれくらい安くなるのか?」

具体的に分かるので、申し込み前に一度どの程度オトクになるのか調べてみましょう!

⇒申し込み前に、楽天エナジーの「評判」や「メリット・デメリット」を確認したい方はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

北海道電力との比較

基本料金

北海道電力と楽天エナジーの基本料金の違いは、

  • 10~20A契約がない
  • 30Aが割高

という点です。

40~60Aの基本料金は両者とも同じになっています。

基本料金
  北海道電力 楽天エナジー
10A 334.80円
15A 502.20円
20A 669.60円
30A 1,004.40円 1,004.40円
40A 1,339.20円 1,339.20円
50A 1,674.00円 1,674.00円
60A 2,008.80円 2,008.80円

従量料金

従量料金は~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階に分かれています。

どの段階でも楽天エナジーのほうがオトクになっています。

従量料金
  北海道電力 楽天エナジー
~120kWh 23.54円/kWh 23.54円/kWh
120~280kWh 29.72円/kWh 27.66円/kWh
280kWh~ 33.37円/kWh 30.03円/kWh

ただ、料金プランだけではいまいち、どれくらいオトクなのか分かりづらいですよね?

そこで、世帯人数別の料金を計算してみました!

【料金比較】楽天エナジーVS 北海道電力

楽天エナジーと北海道電力の初年度の年間料金とその差額(お得額)を計算してみました。

※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にして試算しています。

1人世帯
  北海道電力 楽天エナジー
年間料金 88,640円 85,681円
年間獲得ポイント 3,144ポイント
オトク額   ⇒6,103円お得
2人世帯
  北海道電力 楽天エナジー
年間料金 137,971円 130,517円
年間獲得ポイント 3,746ポイント
オトク額   ⇒11,200円お得
3人世帯
  北海道電力 楽天エナジー
年間料金 167,817円 157,778円
年間獲得ポイント 4,096ポイント
オトク額   ⇒14,135円お得
4人世帯
  北海道電力 楽天エナジー
年間料金 176,840円 165,731円
年間獲得ポイント 4,190ポイント
オトク額   ⇒15,300円お得
5人世帯
  北海道電力 楽天エナジー
年間料金 213,294円 198,938円
年間獲得ポイント 4,620ポイント
オトク額   ⇒18,975円お得
6人世帯
  北海道電力 楽天エナジー
年間料金 258,103円 239,262円
年間獲得ポイント 5,157ポイント
オトク額   ⇒23,998円お得

このように楽天エナジーは電気を使うほどオトクになります。

実際に自分の家だとどれくらい安くなるか知りたい!

そんなあなたのために、

楽天エナジーの公式サイトでは料金シミュレーションを行うことができます。

  • 「毎月どれくらい安くなるのか?」
  • 「年間どれくらい安くなるのか?」

具体的に分かるので、申し込み前に一度どの程度オトクになるのか調べてみましょう!

⇒申し込み前に、楽天エナジーの「評判」や「メリット・デメリット」を確認したい方はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

東北電力との比較

基本料金

東北電力と楽天エナジーの基本料金の違いは、

  • 10~20A契約がない
  • 30Aが割高

という点です。

40~60Aの基本料金は両者とも同じになっています。

基本料金
  東北電力 楽天エナジー
10A 324.00円
15A 486.00円
20A 648.00円
30A 972.00円 1,296.00円
40A 1,296.00円 1,296.00円
50A 1,620.00円 1,620.00円
60A 1,944.00円 1,944.00円

従量料金

従量料金は~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階に分かれています。

どの段階でも楽天エナジーのほうがオトクになっています。

従量料金
  東北電力 楽天エナジー
~120kWh 18.24円/kWh 18.24円/kWh
120~300kWh 24.87円/kWh 24.87円/kWh
300kWh~ 28.75円/kWh 26.32円/kWh

ただ、料金プランだけではいまいち、どれくらいオトクなのか分かりづらいですよね?

そこで、世帯人数別の料金を計算してみました!

【料金比較】楽天エナジーVS 東北電力

楽天エナジーと東北電力の初年度の年間料金とその差額(お得額)を計算してみました。

※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にして試算しています。

1人世帯
  東北電力 楽天エナジー
年間料金 73,653円 77,546円
年間獲得ポイント 3,063ポイント
オトク額 ⇒830円お得  
2人世帯
  東北電力 楽天エナジー
年間料金 114,867円 116,793円
年間獲得ポイント 3,609ポイント
オトク額   ⇒1,683円お得
3人世帯
  東北電力 楽天エナジー
年間料金 141,008円 137,165円
年間獲得ポイント 3,890ポイント
オトク額   ⇒7,733円お得
4人世帯
  東北電力 楽天エナジー
年間料金 149,208円 145,001円
年間獲得ポイント 3,983ポイント
オトク額   ⇒8,191円お得
5人世帯
  東北電力 楽天エナジー
年間料金 174,472円 181,041円
年間獲得ポイント 4,375ポイント
オトク額   ⇒10,945円お得
6人世帯
  東北電力 楽天エナジー
年間料金 219,647円 209,814円
年間獲得ポイント 4,863ポイント
オトク額   ⇒14,696円お得

このように楽天エナジーは電気を使うほどオトクになります。

実際に自分の家だとどれくらい安くなるか知りたい!

そんなあなたのために、

楽天エナジーの公式サイトでは料金シミュレーションを行うことができます。

  • 「毎月どれくらい安くなるのか?」
  • 「年間どれくらい安くなるのか?」

具体的に分かるので、申し込み前に一度どの程度オトクになるのか調べてみましょう!

⇒申し込み前に、楽天エナジーの「評判」や「メリット・デメリット」を確認したい方はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

中部電力との比較

基本料金

中部電力と楽天エナジーの基本料金の違いは、

  • 10~20A契約がない
  • 30Aが割高

という点です。

40~60Aの基本料金は両者とも同じになっています。

基本料金
  中部電力 楽天エナジー
10A 280.80円
15A 421.20円
20A 561.60円
30A 842.40円 1,296.00円
40A 1,123.20円 1,296.00円
50A 1,404.00円 1,620.00円
60A 1,684.80円 1,944.00円

従量料金

従量料金は~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階に分かれています。

どの段階でも楽天エナジーのほうがオトクになっています。

従量料金
  中部電力 楽天エナジー
~120kWh 20.68円/kWh 18.24円/kWh
120~300kWh 25.08円/kWh 24.87円/kWh
300kWh~ 27.97円/kWh 26.32円/kWh

ただ、料金プランだけではいまいち、どれくらいオトクなのか分かりづらいですよね?

そこで、世帯人数別の料金を計算してみました!

【料金比較】楽天エナジーVS 中部電力

楽天エナジーと中部電力の初年度の年間料金とその差額(お得額)を計算してみました。

※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にして試算しています。

1人世帯
  中部電力 楽天エナジー
年間料金 75,913円 79,283円
年間獲得ポイント 3,080ポイント
オトク額 ⇒289円お得  
2人世帯
  中部電力 楽天エナジー
年間料金 116,649円 118,186円
年間獲得ポイント 3,623ポイント
オトク額   ⇒2,086円お得
3人世帯
  中部電力 楽天エナジー
年間料金 141,668円 138,078円
年間獲得ポイント 3,899ポイント
オトク額   ⇒7,489円お得
4人世帯
  中部電力 楽天エナジー
年間料金 149,233円 145,302円
年間獲得ポイント 3,986ポイント
オトク額   ⇒7,917円お得
5人世帯
  中部電力 楽天エナジー
年間料金 179,789円 173,652円
年間獲得ポイント 4,367ポイント
オトク額   ⇒10,504円お得
6人世帯
  中部電力 楽天エナジー
年間料金 217,347円 208,162円
年間獲得ポイント 4,846ポイント
オトク額   ⇒14,032円お得

このように楽天エナジーは電気を使うほどオトクになります。

実際に自分の家だとどれくらい安くなるか知りたい!

そんなあなたのために、

楽天エナジーの公式サイトでは料金シミュレーションを行うことができます。

  • 「毎月どれくらい安くなるのか?」
  • 「年間どれくらい安くなるのか?」

具体的に分かるので、申し込み前に一度どの程度オトクになるのか調べてみましょう!

⇒申し込み前に、楽天エナジーの「評判」や「メリット・デメリット」を確認したい方はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

関西電力との比較

基本料金

関西電力と楽天エナジーの基本料金の違いは、最低料金がそれぞれ15kWhまでと250kWhまでの定額制になっています。

基本料金
関西電力 楽天エナジー
336.15円(最初の15kWhまで) 6,510.24円(250kWhまで)

従量料金

関西電力の従量料金は15~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階に分かれています。

楽天エナジーは一定で26.90/kWhになっています。

従量料金
  関西電力 楽天エナジー
15~120kWh 20.33円/kWh 26.90円/kWh
120~300kWh 26.76円/kWh
300kWh~ 30.51円/kWh

ただ、料金プランだけではいまいち、どれくらいオトクなのか分かりづらいですよね?

そこで、世帯人数別の料金を計算してみました!

【料金比較】楽天エナジーVS 関西電力

楽天エナジーと関西電力の初年度の年間料金とその差額(お得額)を計算してみました。

※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にして試算しています。

1人世帯
  関西電力 楽天エナジー
年間料金 65,539円 78,123円
年間獲得ポイント 3,069ポイント
オトク額 ⇒9515円お得  
2人世帯
  関西電力 楽天エナジー
年間料金 107,094円 115,987円
年間獲得ポイント 3,601ポイント
オトク額 ⇒5292円お得  
3人世帯
  関西電力 楽天エナジー
年間料金 129,354円 136,808円
年間獲得ポイント 3,886ポイント
オトク額 ⇒3567円お得  
4人世帯
  関西電力 楽天エナジー
年間料金 133,668円 140,843円
年間獲得ポイント 3,942ポイント
オトク額 ⇒3233円お得  
5人世帯
  関西電力 楽天エナジー
年間料金 161,623円 166,990円
年間獲得ポイント 4,300ポイント
オトク額 ⇒1066円お得  
6人世帯
  関西電力 楽天エナジー
年間料金 200,242円 203,111円
年間獲得ポイント 4,796ポイント
オトク額   ⇒1,927円お得

このように楽天エナジーは電気を使うほどオトクになります。

実際に自分の家だとどれくらい安くなるか知りたい!

そんなあなたのために、

楽天エナジーの公式サイトでは料金シミュレーションを行うことができます。

  • 「毎月どれくらい安くなるのか?」
  • 「年間どれくらい安くなるのか?」

具体的に分かるので、申し込み前に一度どの程度オトクになるのか調べてみましょう!

⇒申し込み前に、楽天エナジーの「評判」や「メリット・デメリット」を確認したい方はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

中国電力との比較

基本料金

中国電力と楽天エナジーの基本料金の違いは、最低料金がそれぞれ15kWhまでと250kWhまでの定額制になっています。

基本料金
中国電力 楽天エナジー
331.23円(最初の15kWhまで) 5,931.36円(250kWhまで)

従量料金

中国電力の従量料金は15~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階に分かれています。

楽天エナジーは一定で26.90/kWhになっています。

従量料金
  中国電力 楽天エナジー
15~120kWh 20.40円/kWh 26.49円/kWh
120~300kWh 26.96円/kWh
300kWh~ 29.04円/kWh

ただ、料金プランだけではいまいち、どれくらいオトクなのか分かりづらいですよね?

そこで、世帯人数別の料金を計算してみました!

【料金比較】楽天エナジーVS 中国電力

楽天エナジーと中国電力の初年度の年間料金とその差額(お得額)を計算してみました。

※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にして試算しています。

1人世帯
  中国電力 楽天エナジー
年間料金 68,404円 71,176円
年間獲得ポイント 2,999ポイント
オトク額   ⇒227円お得
2人世帯
  中国電力 楽天エナジー
年間料金 111,365円 108,464円
年間獲得ポイント 3,525ポイント
オトク額   ⇒6,427円お得
3人世帯
  中国電力 楽天エナジー
年間料金 133,842円 128,967円
年間獲得ポイント 3,808ポイント
オトク額   ⇒8,683円お得
4人世帯
  中国電力 楽天エナジー
年間料金 138,198円 132,940円
年間獲得ポイント 3,863ポイント
オトク額   ⇒9,120円お得
5人世帯
  中国電力 楽天エナジー
年間料金 166,425円 158,689円
年間獲得ポイント 4,217ポイント
オトク額   ⇒11,953円お得
6人世帯
  中国電力 楽天エナジー
年間料金 205,420円 194,259円
年間獲得ポイント 4,707ポイント
オトク額   ⇒15,868円お得

このように楽天エナジーは電気を使うほどオトクになります。

実際に自分の家だとどれくらい安くなるか知りたい!

そんなあなたのために、

楽天エナジーの公式サイトでは料金シミュレーションを行うことができます。

  • 「毎月どれくらい安くなるのか?」
  • 「年間どれくらい安くなるのか?」

具体的に分かるので、申し込み前に一度どの程度オトクになるのか調べてみましょう!

⇒申し込み前に、楽天エナジーの「評判」や「メリット・デメリット」を確認したい方はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

九州電力との比較

基本料金

九州電力と楽天エナジーの基本料金の違いは、

  • 10~20A契約がない
  • 30Aが割高

という点です。

40~60Aの基本料金は両者とも同じになっています。

基本料金
  九州電力 楽天エナジー
10A 291.60円
15A 437.40円
20A 583.20円
30A 874.80円 874.80円
40A 1,166.40円 1,166.40円
50A 1,458.00円 1,458.00円
60A 1,749.60円 1,749.60円

従量料金

従量料金は~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階に分かれています。

どの段階でも楽天エナジーのほうがオトクになっています。

従量料金
  九州電力 楽天エナジー
~120kWh 17.19円/kWh 17.13円/kWh
120~300kWh 22.69円/kWh 22.35円/kWh
300kWh~ 25.63円/kWh 23.18円/kWh

ただ、料金プランだけではいまいち、どれくらいオトクなのか分かりづらいですよね?

そこで、世帯人数別の料金を計算してみました!

【料金比較】楽天エナジーVS 九州電力

楽天エナジーと九州電力の初年度の年間料金とその差額(お得額)を計算してみました。

※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にして試算しています。

1人世帯
  九州電力 楽天エナジー
年間料金 67,843円 67,268円
年間獲得ポイント 2,960ポイント
オトク額   ⇒3,535円お得
2人世帯
  九州電力 楽天エナジー
年間料金 104,960円 105,660円
年間獲得ポイント 3,497ポイント
オトク額   ⇒2,798円お得
3人世帯
  九州電力 楽天エナジー
年間料金 128,273円 123,601円
年間獲得ポイント 3,754ポイント
オトク額   ⇒8,426円お得
4人世帯
  九州電力 楽天エナジー
年間料金 135,641円 130,578円
年間獲得ポイント 3,839ポイント
オトク額   ⇒8,902円お得
5人世帯
  九州電力 楽天エナジー
年間料金 164,052円 156,608円
年間獲得ポイント 4,196ポイント
オトク額   ⇒11,641円お得
6人世帯
  九州電力 楽天エナジー
年間料金 198,468円 187,734円
年間獲得ポイント 4,642ポイント
オトク額   ⇒183,092円お得

このように楽天エナジーは電気を使うほどオトクになります。

実際に自分の家だとどれくらい安くなるか知りたい!

そんなあなたのために、

楽天エナジーの公式サイトでは料金シミュレーションを行うことができます。

  • 「毎月どれくらい安くなるのか?」
  • 「年間どれくらい安くなるのか?」

具体的に分かるので、申し込み前に一度どの程度オトクになるのか調べてみましょう!

⇒申し込み前に、楽天エナジーの「評判」や「メリット・デメリット」を確認したい方はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

楽天エナジーの口コミ・評判

それでは実際の楽天エナジー利用者の口コミや評判を見ていきましょう。

悪い口コミ

良い口コミ

楽天エナジーでメリット・デメリット

でんこちゃん
でんこちゃん
色々教えてもらったけど、結局楽天エナジーってどうなの?
でんき君
でんき君
ということで、最後に楽天エナジーについてまとめてみよ!
  • 契約が20A以下は契約できない
  • 北陸電力、四国電力、沖縄電力管轄のご家庭は契約できない
  • オール電化向けの料金プランがない
  • 楽天会員、楽天カードを持っていない割高
  • 一人暮らしだと割高になる
  • 関西電力エリアだと割高
  • 世帯人数2人以上なら今までよりもお得
  • 楽天スーパーポイントが貯まる
  • 駆け付けサービスが無料(東京電力だと9,000~13,000円)

こんな人ならオトク!楽天エナジーのまとめ

楽天エナジーはこんな人におすすめ!
  • 楽天のヘビーユーザー(楽天会員、楽天カードを持っている)
  • 2人以上の世帯(契約アンペアが40A以上)
  • 電気の使用量が多い
  • 関西電力エリア以外の人

また、楽天スーパーポイントを電気代の支払いに使うことができるのも大きな特徴

料金が安くなるのと合わせてたくさんのポイントを獲得できるため、楽天ユーザーなら今までよりもお得になりますね。