楽天エナジー

一人暮らしが楽天でんきに変えると年間〇円安くなる結果に

一人暮らしの場合、家賃や水道光熱費といった固定費をを抑えることが生活にゆとりを持たせるポイントのひとつ。

特に電気代の節約は非常に簡単です。

今よりもお得な電力会社に乗り換えるだけで、無条件で料金が安くなります。

料金プラン自体がお得なので、節電することなく、今までと同じ電気の使い方で毎月の電気代が安くなるんです。

特に楽天エナジーの新サービス「楽天でんき」は、最近の電力会社の中で最強レベルにお得な電力会社です。

特筆すべき特徴は、

  • 基本料金0円、格安料金プラン
  • 使った分だけ還元される楽天スーパーポイント

です。

特にポイントの還元率がかなり優秀で、一人暮らしの少ない電力使用量でも年間1万円分電気代をお得にすることが十分に可能です。

この記事では実際に一人暮らしの方がまちでんきを利用するとどれくらいお得になるのかを検証してみました。

⇒【10秒で出来る!】楽天でんきの料金シミュレーションはこちら

一人暮らしが楽天でんきに乗り換えると、どれくらいお得になる?実際に計算してみた

電気代の計算のやり方は、大まかに

基本料金+従量料金×電力使用量

で計算することができます。

  • 基本料金:必ずかかる最低料金(アンペア数が増えると値段が上がる)
  • 従量料金:1kWhあたりの単価
  • 電力使用量:その月に使用した電力量の合計

総務省の家計調査のデータによると、一人暮らしの場合、

  • 契約アンペア数:30A
  • 平均電力使用量:239.7kWh
  • 1ヶ月の平均請求額:5,964円

と言われています。

あくまで一人暮らしの全国平均データですが、これをもとに現在利用している地域の電力会社から楽天でんきに乗り換えると、年間どれくらいお得になるのかを計算を行ってみました。

また、楽天でんきの場合、

  • キャンペーンでのポイント獲得
  • 楽天カード使用で1%ポイント還元
  • 支払額200円に付き、1ポイント還元

され、溜まったポイントで電気代を値引きすることができます

そこで、料金だけでなく、還元されたポイントを含めた値引き額も計算してみました。

以下のリンクをクリックすると各地域の電力会社との比較を見ることができます。

北海道電力エリアでの料金比較

北海道電力エリアでの楽天でんき、北海道電力の料金プランと年間料金を計算してみたところ、以下のような結果になりました。

  楽天でんき 北海道電力
イメージ
基本料金
0円
  • 30A:1,004.4円
  • 40A:1,339.2円
  • 50A:1,674.0円
  • 60A:2,008.8円
従量料金
29.5円/kWh
  • 0~120kWh:23.54円/kWh
  • 120~280kWh:29.72円/kWh
  • 280kWh~:33.37円/kWh
年間料金 84,854円 88,640円
初年度獲得ポイント 4,273P  
年間節約額 8,059円分お得  

年間料金が安くなるのはもちろんですが、ポイントの還元分を含めると、電気代が年間で8,059円分お得になるという結果になりました。

あくまで一人暮らし平均データを元にしたシミュレーションなので、あなた自身の料金計算をしたい場合は、楽天でんき公式の料金シミュレーション機能を利用しましょう。

⇒【10秒で出来る!】楽天でんきの料金シミュレーションの手順はこちら
(ページが下にスクロールします)

東北電力エリアでの料金比較

東北電力エリアでの楽天でんき、東北電力の料金プランと年間料金を計算してみたところ、以下のような結果になりました。

  楽天でんき 東北電力
イメージ
基本料金
0円
  • 30A:972円
  • 40A:1,296円
  • 50A:1,620円
  • 60A:1,944円
従量料金
26円/kWh
  • 0~120kWh:18.24円/kWh
  • 120~300kWh:24.87円/kWh
  • 300kWh~:28.75円/kWh
年間料金 74,786円 73,653円
初年度獲得ポイント 4,122P  
年間節約額 2,988円分お得  

年間料金1,000円分高くなりましたが、ポイントの還元分を含めると、電気代が年間で2,988円分お得になるという結果になりました。

あくまで一人暮らし平均データを元にしたシミュレーションなので、あなた自身の料金計算をしたい場合は、楽天でんき公式の料金シミュレーション機能を利用しましょう。

⇒【10秒で出来る!】楽天でんきの料金シミュレーションの手順はこちら
(ページが下にスクロールします)

東京電力エリアでの料金比較

東京電力エリアでの楽天でんき、東京電力の料金プランと年間料金を計算してみたところ、以下のような結果になりました。

  楽天でんき 東京電力
イメージ
基本料金
0円
  • 30A:842.4円
  • 40A:1,123.2円
  • 50A:1,404.0円
  • 60A:1,684.8円
従量料金
26円/kWh
  • 0~120kWh:19.52円/kWh
  • 120~280kWh:26.00円/kWh
  • 280kWh~:30.02円/kWh
年間料金 74,786円 75,564円
初年度獲得ポイント 4,122P  
年間節約額 4,899円分お得  

年間料金が安くなるのはもちろんですが、ポイントの還元分を含めると、電気代が年間で4,899円分お得になるという結果になりました。

あくまで一人暮らし平均データを元にしたシミュレーションなので、あなた自身の料金計算をしたい場合は、楽天でんき公式の料金シミュレーション機能を利用しましょう。

⇒【10秒で出来る!】楽天でんきの料金シミュレーションの手順はこちら
(ページが下にスクロールします)

中部電力エリアでの料金比較

中部電力エリアでの楽天でんき、中部電力の料金プランと年間料金を計算してみたところ、以下のような結果になりました。

  楽天でんき 中部電力
イメージ
基本料金
0円
  • 30A:842.4円
  • 40A:1,123.2円
  • 50A:1,404.0円
  • 60A:1,684.8円
従量料金
26円/kWh
  • 0~120kWh:20.68円/kWh
  • 120~280kWh:25.08円/kWh
  • 280kWh~:27.97円/kWh
年間料金 74,786円 75,913円
初年度獲得ポイント 4,122P  
年間節約額 5,248円分お得  

年間料金が安くなるのはもちろんですが、ポイントの還元分を含めると、電気代が年間で5,248円分お得になるという結果になりました。

あくまで一人暮らし平均データを元にしたシミュレーションなので、あなた自身の料金計算をしたい場合は、楽天でんき公式の料金シミュレーション機能を利用しましょう。

⇒【10秒で出来る!】楽天でんきの料金シミュレーションの手順はこちら
(ページが下にスクロールします)

北陸電力エリアでの料金比較

北陸電力エリアでの楽天でんき、北陸電力の料金プランと年間料金を計算してみたところ、以下のような結果になりました。

  楽天でんき 北陸電力
イメージ
基本料金
0円
  • 30A:712.8円
  • 40A:950.4円
  • 50A:1,188.0円
  • 60A:1,425.6円
従量料金
21.5円/kWh
  • 0~120kWh:17.52円/kWh
  • 120~280kWh:21.33円/kWh
  • 280kWh~:23.02円/kWh
年間料金 61,843円 64,421円
初年度獲得ポイント 3,928P  
年間節約額 6,506円分お得  

年間料金が安くなるのはもちろんですが、ポイントの還元分を含めると、電気代が年間で6,506円分お得になるという結果になりました。

あくまで一人暮らし平均データを元にしたシミュレーションなので、あなた自身の料金計算をしたい場合は、楽天でんき公式の料金シミュレーション機能を利用しましょう。

⇒【10秒で出来る!】楽天でんきの料金シミュレーションの手順はこちら
(ページが下にスクロールします)

関西電力エリアでの料金比較

関西電力エリアでの楽天でんき、関西電力の料金プランと年間料金を計算してみたところ、以下のような結果になりました。

  楽天でんき 関西電力
イメージ
基本料金
0円 334.82
従量料金
22円/kWh
  • 15~120kWh:19.95円/kWh
  • 120~280kWh:25.33円/kWh
  • 280kWh~:28.76円/kWh
年間料金 63,281円 65,539円
初年度獲得ポイント 3,949P  
年間節約額 6,207円分お得  

年間料金が安くなるのはもちろんですが、ポイントの還元分を含めると、電気代が年間で6,207円分お得になるという結果になりました。

あくまで一人暮らし平均データを元にしたシミュレーションなので、あなた自身の料金計算をしたい場合は、楽天でんき公式の料金シミュレーション機能を利用しましょう。

⇒【10秒で出来る!】楽天でんきの料金シミュレーションの手順はこちら
(ページが下にスクロールします)

中国電力エリアでの料金比較

中国電力エリアでの楽天でんき、中国電力の料金プランと年間料金を計算してみたところ、以下のような結果になりました。

  楽天でんき 中国電力
イメージ
基本料金
0円 331.23円
従量料金
24円/kWh
  • 0~120kWh:20.40円/kWh
  • 120~280kWh:26.96円/kWh
  • 280kWh~:29.04円/kWh
年間料金 69,034円 68,404円
初年度獲得ポイント 4,036P  
年間節約額 3,406円分お得  

年間料金が安くなるのはもちろんですが、ポイントの還元分を含めると、電気代が年間で3,406円分お得になるという結果になりました。

あくまで一人暮らし平均データを元にしたシミュレーションなので、あなた自身の料金計算をしたい場合は、楽天でんき公式の料金シミュレーション機能を利用しましょう。

⇒【10秒で出来る!】楽天でんきの料金シミュレーションの手順はこちら
(ページが下にスクロールします)

四国電力エリアでの料金比較

四国電力エリアでの楽天でんき、四国電力の料金プランと年間料金を計算してみたところ、以下のような結果になりました。

  楽天でんき 四国電力
イメージ
基本料金
0円 403.92
従量料金
29.5円/kWh
  • 101~120kWh:20.00円/kWh
  • 120~280kWh:26.5円/kWh
  • 280kWh~:29.95円/kWh
年間料金 69,034円 69,072円
初年度獲得ポイント 4,036P  
年間節約額 4,074円分お得  

年間料金が安くなるのはもちろんですが、ポイントの還元分を含めると、電気代が年間で4,074円分お得になるという結果になりました。

あくまで一人暮らし平均データを元にしたシミュレーションなので、あなた自身の料金計算をしたい場合は、楽天でんき公式の料金シミュレーション機能を利用しましょう。

⇒【10秒で出来る!】楽天でんきの料金シミュレーションの手順はこちら
(ページが下にスクロールします)

九州電力エリアでの料金比較

九州電力エリアでの楽天でんき、九州電力の料金プランと年間料金を計算してみたところ、以下のような結果になりました。

  楽天でんき 九州電力
イメージ
基本料金
0円
  • 30A:874.8円
  • 40A:1,164.4円
  • 50A:1,458.0円
  • 60A:1,749.6円
従量料金
23円/kWh
  • 0~120kWh:17.19円/kWh
  • 120~300kWh:22.69円/kWh
  • 300kWh~:25.63円/kWh
年間料金 66,157円 67,843円
初年度獲得ポイント 3,992P  
年間節約額 5,678円分お得  

年間料金が安くなるのはもちろんですが、ポイントの還元分を含めると、電気代が年間で5,678円分お得になるという結果になりました。

あくまで一人暮らし平均データを元にしたシミュレーションなので、あなた自身の料金計算をしたい場合は、楽天でんき公式の料金シミュレーション機能を利用しましょう。

⇒【10秒で出来る!】楽天でんきの料金シミュレーションの手順はこちら
(ページが下にスクロールします)

沖縄電力エリアでの料金比較

沖縄電力エリアでの楽天でんき、沖縄電力の料金プランと年間料金を計算してみたところ、以下のような結果になりました。

  楽天でんき 沖縄電力
イメージ
基本料金
0円 395.08円
従量料金
26.5円/kWh
  • 11~120kWh:22.53円/kWh
  • 120~300kWh:27.97円/kWh
  • 300kWh~:29.91円/kWh
年間料金 76,225円 74,657円
初年度獲得ポイント 4,143P  
年間節約額 2,575円分お得  

年間料金が安くなるのはもちろんですが、ポイントの還元分を含めると、電気代が年間で2,575円分お得になるという結果になりました。

あくまで一人暮らし平均データを元にしたシミュレーションなので、あなた自身の料金計算をしたい場合は、楽天でんき公式の料金シミュレーション機能を利用しましょう。

⇒【10秒で出来る!】楽天でんきの料金シミュレーションの手順はこちら
(ページが下にスクロールします)

申し込み前に必ず料金シミュレーションを行おう!

大まかに一人暮らしの場合、どれくらい電気代が安くなるのかを計算してみました。

ただ、一人暮らしといっても、

  • 仕事が遅く家に家にいる時間が極端に少ない
  • ペットを飼っていてほぼ毎日エアコンがかけっぱなし

など、生活サイクルやお住いの環境によって、消費電力はそれぞれの家庭によって異なります。

では、具体的に年間の電気代がお得になるのか?

それを計算するなら、楽天でんきの料金シミュレーションがもっとも正確に図ることができます。

楽天でんきの料金シミュレーションの手順

料金シミュレーションを行うには、まず電力会社から送られてくる検針票を用意しましょう。

これは以前我が家が東京電力を使っていた時の検針票です。

料金シミュレーションを行うには、検針票の中の

  • 契約プラン:従量電灯B
  • 契約容量:30A
  • 使用月:5月
  • 電気使用量:234kWh

の4つのデータを使います。

まずは、楽天でんきの料金シミュレーションページにアクセスします。

【電気料金シミュレーションはこちら】」をクリックします。

検針票を元に、

  1. ご契約中のエリア
  2. プラン
  3. 契約容量
  4. 使用月
  5. 電気使用量

を入力します。

すべて入力し、【この条件でシミュレーション】をクリックすると、シミュレーション結果が表示されます。

私の場合は、年間で4,180円安くなるみたいですね!

楽天でんきよりも一人暮らしでお得な電力会社は正直少ない

全国の電力会社を一人暮らしの場合、どれくらいお得になるのか計算したのが、以下の記事です。

一人暮らし
一人暮らしにおすすめの電力会社3選|選び方を間違えると大損に!? お給料がなかなか上がりづらい昨今、一人暮らしをするのもなかなか大変ですよね。 一人暮らしの1ヶ月の水道光熱費の平均...

この記事の計算の通り、支払い料金のみを考慮すると、楽天でんきよりも安い電力会社はいくつかあります。

しかし、楽天スーパーポイントによるポイント還元を加味すると、

一人暮らしの場合ほとんどの地域で、楽天でんきが最安値という結果になっています。

まとめ:楽天でんきは一人暮らしにはかなり有利!キャンペーン期間中に申し込むのがベストな選択!

地域の電力会社や他の新電力会社の料金プランと比較してみても、楽天でんきは一人暮らしにはかなりうってつけのサービスです。

特に普通に使うだけで、初年度約4,000円分の楽天スーパーポイントが還元されるのが、でかいですね。

特に現在行われているキャンペーン期間中に申し込むと、2,000円分のポイントが無条件でプレゼントされます。

このお得な期間に申し込むのがおすすめです!

⇒【10秒で出来る!】楽天でんきの料金シミュレーションはこちら

2ステップで電力会社を一括比較
全国の電力会社を一括比較