地域別おすすめ電力会社

電力自由化徹底比較!鹿児島県でおすすめな電力会社ランキング

電力自由化鹿児島
でんこちゃん
でんこちゃん
鹿児島県でも電力会社の乗り換えで安くなるのかなぁ…
でんこちゃん
でんこちゃん
電力会社を変えると不具合がおきそう…

現在、電力自由化が開始されたことが多くのメディアで多く取り上げられ、1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

それによって、私たちが利用できる電力会社が増えましたが、各電力会社のメリット・デメリット良く知らないと思いのよらぬところで損をしてしまいます。

例えば、契約の内容を確認せず、乗り換えをたことで違約金を請求されたといった、失敗をしたという人もいます。

電力自由化によって、格安で電気を使えるチャンスを逃すのは勿体無いですよね。

そこでこの記事では、

  • 鹿児島県で人気な電力会社ランキング
  • 新電力会社に乗り換えた場合の料金シミュレーション
  • 初心者向けの電力会社の選び方

を分かりやすく解説しています。

まずは、電力会社の料金プランを一括比較しよう!

全国には現在543の電力事業者が存在しています。(参考:登録小売電気事業者一覧|資源エネルギー庁)

そのため、どの電力会社を選ぶのがあなたにとって一番オトクなのか分からなくなってきているのが現状です。

そこで、まずは全国の電力会社を一括比較してみましょう!

あなたのご家庭の電力使用量や契約アンペア数を入力すれば、料金プランを一括比較できます。

ご契約中の電力会社
契約アンペア数
※関西 中国 四国 沖縄はアンペアの入力は不要です。

電気の使用量(kWh)
kWh
何月の請求書ですか?

でんき君
でんき君
シミュレーション方法には、毎月電力会社から送られてくる検針票(電力ご使用量のお知らせ)を使います。
シミュレーション手順
  1. 現在ご契約中の電力会社を選択
  2. 現在の契約アンペア数(○○A)を選択
  3. 電力使用量(○○kWh)を入力
  4. 検針票の請求月(○月)を選択
  5. 【料金シミュレーションする】をクリック

必要な条件をすべて入力してシミュレーションすると、

  • あなたの年間電気代
  • 電力会社を乗り換えたら年間でどれだけ安くなのか?

を一括比較することができます。

また、候補に出てきた電力会社についての口コミや評判、申込み時に知っておきたいチェックポイントも同時にまとめてあるので、是非ともご活用ください!

鹿児島県人気電力会社ランキング

鹿児島県エリアで利用できる人気の新電力会社をランキング形式でまとめてみました。

世帯人数別料金シミュレーション

世帯

九州電力の基本プラン(従量電灯A)から新電力へ乗り換えると具体的にどれくらいお得になるのか世帯人数別にシミュレーションしてみました。

新電力の対応エリア(市区町村)

鹿児島県は全域が九州電力管轄エリアとなっており、以下の市区町村が対応エリアとなっています。

鹿児島市、鹿屋市、枕崎市、阿久根市、出水市、指宿市、西之表市、垂水市、薩摩川内市、日置市、曽於市、霧島市、いちき串木野市、南さつま市、志布志市、奄美市、南九州市、伊佐市、姶良市、鹿児島郡三島村、鹿児島郡十島村、薩摩郡さつま町、出水郡長島町、姶良郡湧水町、曽於郡大崎町、肝属郡東串良町、肝属郡錦江町、肝属郡南大隅町、肝属郡肝付町、熊毛郡中種子町、熊毛郡南種子町、熊毛郡屋久島町、大島郡大和村、大島郡宇検村、大島郡瀬戸内町、大島郡龍郷町、大島郡喜界町、大島郡徳之島町、大島郡天城町、大島郡伊仙町、大島郡和泊町、大島郡知名町、大島郡与論町

損しない!賢い電力会社の選び方

電力会社を乗り換える際に重要な4つのポイントをまとめてみました。

契約件数が多く、人気の高い電力会社を選ぶ

契約件数が多く、人気の高い新電力会社と契約することが、お得な価格で電気を利用するポイントです。

現在の電力会社は、人気のある電力会社とその逆の電力会社に、電力自由化の開始以降分かれ始めました。

契約件数の少なく、人気の無い電力会社には倒産する危険性があります。

九州電力のような大手でない新電力会社は、国から援助をされないので、現に廃業に陥った電力会社はいくつかあります。

過去に倒産、撤退した企業

福島電力、大東エナジー、日本ロジテック、オリックス電力など

万が一、契約を結んだ電力会社が倒産しても、「バックアップ契約」という、九州電力が受け入れ救済してくれる制度があるので、電気が急に止まるといった心配はありませんが、電気代はこれまで支払っていた大手電力会社の代金に戻ってしまいます。

しかし、しっかりとした経営の軸があり、人気の高い新電力会社であれば、その心配も減るので、経営も長い間できる事が見込めます。

自社で発電所を保有している電力会社を選択する

現在、新電力会社は以下の2つに分けることができます。

  1. 自社で発電所を保有している電力会社
  2. 自社で発電所を保有していない電力会社

自社で発電ができない企業は「日本卸電力取引所(JEPX)」から電力を購入して、各家庭の元へ電気を届けています。(日本卸電力取引所とは・・・全国各地の発電所で発電され、そこで余った電力を、各電力会社に売却している日本で唯一の電力取引市場)

なので、発電に必要な燃料費価格が高騰すると、電力を仕入れる時の費用も値段も上がり、電力供給に影響を及ぼす恐れも考えられます。

そうなると、電気代を引き上げなければ経営を継続することが出来ません。

その一方で、自社で電力を発電・販売を行うことのできる電力会社は自社発電所を保有しています。

そのため、

  • 安全な電力を使うことができる
  • 電気料金の増減が少ない

という利点が2つあります。

自社発電所を保有している電力会社の多くは、再生可能なエネルギー(風力、太陽光、地熱、バイオマス、水力)を使用しているため、燃料費が高騰しても影響されることは滅多にありません。

また、大手である九州電力に依存していないため、発電所内で事故が発生しても安定した電力供給が見込みがあります。

そのため、自社で発電所を保有しており、可能な限り再生可能エネルギーを使った電力会社と契約を結ぶようにしましょう。

違約金の請求がない電力会社を選ぶ

現在、電気代は電力自由化が開始されたことによって、電力会社同士による価格の競争が激しくなり、どんどん安価になる傾向が見られます。

もし、契約の際に固定の契約年数や違約金があると、契約をしたところよりお得な電力会社が現れたときに、乗り換えをしたくてもがすぐにできません。

また、解約する際、違約金の請求があるところは約1,000円~6,000円を支払わないと解約をさせてくれないので、乗り換えすることに抵抗を感じます。

そのため、最安な電力会社にいつでも変更できるように違約金の請求をしてこない電力会社を選びましょう。

格安プランの電力会社を選ぶ

電力自由化の一番の魅力はなんと言っても月々の電気代が安く使えることです。

ただし、各電力会社ごとに提示額・プランは異なっているため、どこのテレビCMやHPを見てもどの企業が1番安いのかを比較するのは簡単ではありません。

  • 生活スタイル
  • 世帯者の人数
  • 月々に使う電力量

を全て比較して、それぞれ家庭のニーズにあった格安の電力会社を選びましょう。

鹿児島県の部門別電力使用量

鹿児島県の電力使用量は12,152万kwhで全国で29位の使用量です。

部門別に分けると、

  • 産業部門:4,708万kwh
  • 家庭部門:3,913万kwh
  • 業務他:3,531万kwh

となっています。

鹿児島県の電力使用量

鹿児島県の電力使用量は3部門を比較しても、そこまで大きな差はありませんが、日本有数の農業県であり、県内各地に宇宙関連の研究施設等が設けられているので、産業部門の電力使用量が少し抜け出しています。

とは言え、家庭部門と業務他の電力使用量は相対的に見ても差が無いので、鹿児島県は3部門バランスの取れた県といえます。

参考:都道府県データランキング(2014年データより)

鹿児島県の発電所事情

現在鹿児島県には合わせて489の発電所が稼働中です。

主な発電方式は

  1. 原子力発電
  2. 火力発電
  3. 水力発電
  4. 太陽光発電
  5. 風力発電
  6. 地熱発電

となっています。

主要な発電所一覧

原子力発電所

川内原子力発電所

火力発電所

川内発電所、竜郷発電所、七ツ島バイオマス発電所、新種子島発電所、川内工場木質バイオマス発電設備など

水力発電所

川内川第一発電所、安房川第二発電所、安房川第一発電所、川内川第二発電所、雄川発電所など

太陽光発電

鹿児島七ツ島メガソーラー発電所、霧島サンデー発電所、ソフトバンク鹿児島湧水ソーラーパーク、日置養母発電所、サンシャインエナジー湧水発電所など

風力発電

長島風力発電所、国見山ウインドファーム、柳山ウインドファーム風力発電所、南大隅ウィンドファーム、輝北ウィンドファームIなど

地熱発電

大霧地熱発電所、山川地熱発電所、山川バイナリー発電所、霧島国際ホテル地熱発電所、イワテック第一温泉発電所

鹿児島県は主に川内にある原子力発電と火力発電で発電された電力によって賄われています。(川内原子力発電所...東日本大震災によって一時運転が停止となったが、2015年に運転再開)

しかし、他にも水力や太陽光、風力、地熱といった再生可能エネルギーによって発電も行われおり、環境に良い発電が県内に広まっていることがわかります。

今後も鹿児島県の環境を生かした発電所が増加していくと考えられます。

参考:鹿児島県の発電所一覧地図・ランキング|エレクリカル・ジャパン

まとめ

電力会社の乗り換えは、

  • 何も意識しなくても電気代が安くなる
  • 新サービスでポイントによってを普及される
  • 環境を利用したやさしい電気を使える

といったメリットが沢山あります。

電力会社の乗り換えで、環境にやさしい電気を使えたり、ポイントを貰えたりと家計だけでなく地球も助けることができます。

乗り換え時期が遅くなればなるほど、損していくのが電力自由化の特徴です。

新電力会社に抵抗を抱いて、いつまでも九州電力と契約していてもお得なサービスは受けられません。

電力自由化の一番の目玉は切り換え時期が早ければ早いほど、格安で使うことができ、節約にも繋がることです。

賢く電気代を節約するために、良心的な電力会社の知識と選び方を身につけましょう!

2ステップで電力会社を一括比較
全国の電力会社を一括比較