地域別おすすめ電力会社
電力自由化徹底比較!鳥取県でおすすめな電力会社ランキング

中国電力エリアの鳥取で電気代を節約!電気料金がお得な電力会社の選び方

でんこちゃん
でんこちゃん
鳥取県でも電気代抑えて、安い料金で使えるのかな…
でんこちゃん
でんこちゃん
電力会社を切り換えるだけで節約できるのかなぁ…

電力自由化が始まったことにより、現在全国では500社以上の電力会社が設立されており、その中で各ご家庭に合う新電力会社を探し出すのは難しいですよね。

鳥取県は全国的に電力使用量は少ないですが、それでも電気代を抑えられるのであれば、極限まで安くしたいですよね。

また、電力自由化によって知っておかないと損をする情報もあり、それを知ってないだけで電気料金を安くするせっかくのチャンスを掴むことができません。

そこでこの記事では、

  • 鳥取県で人気な電力会社ランキング
  • 新電力会社に乗り換えた場合の料金シミュレーション
  • 初心者向けの電力会社の選び方

を分かりやすく解説しています。

まずは、電力会社の料金プランを一括比較しよう!

全国には現在543の電力事業者が存在しています。(参考:登録小売電気事業者一覧|資源エネルギー庁)

そのため、どの電力会社を選ぶのがあなたにとって一番オトクなのか分からなくなってきているのが現状です。

そこで、まずは全国の電力会社を一括比較してみましょう!

あなたのご家庭の電力使用量や契約アンペア数を入力すれば、料金プランを一括比較できます。

ご契約中の電力会社
契約アンペア数
※関西 中国 四国 沖縄は30Aのままで計算できます。

電気の使用量(kWh)
kWh
何月の請求書ですか?

でんき君
でんき君
シミュレーション方法には、毎月電力会社から送られてくる検針票(電力ご使用量のお知らせ)を使います。
シミュレーション手順
  1. 現在ご契約中の電力会社を選択
  2. 現在の契約アンペア数(○○A)を選択
  3. 電力使用量(○○kWh)を入力
  4. 検針票の請求月(○月)を選択
  5. 【料金シミュレーションする】をクリック

必要な条件をすべて入力してシミュレーションすると、

  • あなたの年間電気代
  • 電力会社を乗り換えたら年間でどれだけ安くなのか?

を一括比較することができます。

また、候補に出てきた電力会社についての口コミや評判、申込み時に知っておきたいチェックポイントも同時にまとめてあるので、是非ともご活用ください!

鳥取県人気電力会社ランキング

鳥取県エリアで利用できる人気の新電力会社をランキング形式でまとめてみました。

Looopでんき(契約件数20万世帯以上)
基本料金0円のプランで、かなり人気を博しています。契約件数20万世帯以上(2020年3月時点)の実績があり、駆けつけサービス、対応エリアなどのサービスが充実しています。
管理人も現在、Looopでんきを利用しています。
初心者へのおすすめ度
料金 ・おうちプラン
基本料金:0円
従量料金:24.4円/kWh
※中国電力エリア
解約金・違約金 なし
サポート・対応 ◎(無料駆け付けサービスあり)
発電方法 太陽光発電(全国14か所)
見える化サービス
支払い方法 クレジットカード
対応エリア 全国(東京電力、北海道電力、東北電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力)
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

あしたでんき(新電力で最安値の料金プラン)
あしたでんきは基本料金が0円、かつ従量料金(使った分だけ加算される料金)も他社より安く、現行の電力会社の中でも最安級です。
発電方式は太陽光のエコ発電を採用しています。東京電力の子会社で経営基盤も強固なため、倒産リスクも非常に少ないです。
初心者へのおすすめ度
料金 ・標準プラン
基本料金:0円
従量料金:24円/kWh
※中国電力エリア

・たっぷりプラン
基本料金:3,000円
従量料金:19.5円/kWh
※中国電力エリア

解約金・違約金 なし
発電方法 太陽光発電(全国3か所)
見える化サービス
支払い方法 クレジットカード
対応エリア 東京電力、東北電力、中部電力、関西電力、中国電力、九州電力
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

自然電力のでんき(安さと環境への配慮を兼ねた新電力)
自然電力のでんきは電気代の安さはもちろんのこと、環境に配慮したその名の通り、自然エネルギーをメインに利用している電力会社です。全国60箇所に太陽光、風力、水力発電所を保有し、石油や原子力に頼らないクリーンな電気を供給することを可能にしました。
初心者へのおすすめ度
料金 ・SEデビュープラン(再生可能エネルギー利用率3%プラン)
基本料金:132円
従量料金:23.5円/kWh
※中国電力エリア

・SE30プラン(再生可能エネルギー利用率30%プラン)
基本料金:132円
従量料金:23.9円/kWh
※中国電力エリア

・SE100プラン(再生可能エネルギー利用率100%プラン)
基本料金:132円
従量料金:24.9円/kWh
※中国電力エリア

解約金・違約金 なし
発電方法 太陽光、風力、水力(発電所数:全国60箇所以上)
見える化サービス
支払い方法 クレジットカード、口座振替
対応エリア 北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

HISでんき(HTBエナジー)※一人暮らしにおすすめ
一人暮らしで迷っているならHISでんき(HTBエナジー)がおすすめです。運営会社は旅行会社で有名なH.I.Sで、長崎のハウステンボスで発電した電気を販売しています。
地域の電力会社の料金より、確実に5%安くなるシンプルな料金プランが魅力です。
HISでんき(HTBエナジー)には複数のプランがあるので、実は、一人暮らし以外のどのご家庭でも非常にお得になります
初心者へのおすすめ度
料金 ・ウルトラ中国
基本料金:310.38円
従量料金:19.13円/kWh(0~120kWh)、25.27円/kWh(121~300kWh)、27.23円/kWh(301kWh~)

・プライム中国
基本料金:168.69円
従量料金:23.43円/kWh(0kWh〜)

セット割 H.I.S旅行割引(1,000~3,000円)
解約金・違約金 2,000円(1年未満での解約)
サポート・対応 ○(月額250円で駆け付けサービスあり)
発電方法 太陽光、風力、水力、バイオマス(足りない分は九州電力から調達)
見える化サービス
支払い方法 クレジットカード、口座振替、コンビニ支払い(手数料200円)
対応エリア 全国(東京電力、北海道電力、東北電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力)
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

親指でんき(口座振替で安く電気を使いたいならこれ!)
親指でんきは基本料金・解約金は0円です。あしたでんきより、0.4円従量料金は高くなりますが、口座振替での支払いをすることができます。
新電力のほとんどがクレジットカード決済しか対応していないので、口座振替で払いたいのなら、親指でんき一択になります。
初心者へのおすすめ度
料金 ・いいねプラン
基本料金:0円
従量料金:24.4円/kWh
※中国電力エリア
解約金・違約金 なし
サポート・対応 なし
発電方法 自家発電所なし
(JEPX(日本卸電力取引所)からの買い付け)
見える化サービス ✕ (今後設置予定)
支払い方法 クレジットカード、口座振替
対応エリア 東京電力、北海道電力、東北電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

楽天エナジー(楽天会員ならもっとオトク!)
楽天エナジー「楽天でんき」の特徴は電気を使えば使うほど楽天スーパーポイントが貯まることです。
電気料金200円につき1ポイント、楽天カードでのお支払いで100円につき1ポイント貯まります。また、初回申し込みで、2,000ポイントもらえるので、初年度は約4,800ポイント獲得することが可能です。(60A契約、年間7,644kwh使用の場合)

初心者へのおすすめ度
料金 基本料金:0円
従量料金:24.5円/kWh
※中国電力エリア
解約金・違約金 なし
発電方法 水力発電(全国4か所)
太陽光発電(全国7か所)
天然ガス(全国2か所)
バイオマス(全国1か所)
見える化サービス
支払い方法 クレジットカード
対応エリア 全国(東京電力、北海道電力、東北電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力)
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

世帯人数別料金シミュレーション

世帯

中国電力の基本プラン(従量電灯A)から新電力へ乗り換えると具体的にどれくらいお得になるのか世帯人数別にシミュレーションしてみました。 

1人世帯(239.7kWh/月)
  年間料金 年間節約額
自然電力のでんき(SEデビュー) 69,182円 520円
自然電力のでんき(SE30) 70,333円 631円
自然電力のでんき(SE100) 73,209円 3,507円
あしたでんき(標準プラン) 69,034円 668円
あしたでんき(たっぷりプラン) 92,090円 22,388円
楽天でんき 70,472円 2,287円
※ポイント還元込み*初年度
Looopでんき 70,184円 482円
HISでんき(ウルトラ中国) 67,570円 2,132円
HISでんき(プライム中国) 69,418円 283円
親指でんき(いいねプラン) 70,184円 482円
2人世帯(367.3kWh/月)
  年間料金 年間節約額
自然電力のでんき(SEデビュー) 105,167円 8,309円
自然電力のでんき(SE30) 106,930円 6,546円
自然電力のでんき(SE100) 111,338円 2,138円
あしたでんき(標準プラン) 105,782円 7,694円
あしたでんき(たっぷりプラン) 121,948円 8,472円
楽天でんき 107,986円 9,110円
※ポイント還元込み*初年度
Looopでんき 107,545円 5,930円
HISでんき(ウルトラ中国) 107,846円 5,630円
HISでんき(プライム中国) 105,294円 8,182円
親指でんき(いいねプラン) 107,545円 5,930円
3人世帯(431.8kWh/月)
  年間料金 年間節約額
自然電力のでんき(SEデビュー) 123,357円 13,022円
自然電力のでんき(SE30) 125,429円 10,949円
自然電力のでんき(SE100) 130,611円 5,768円
あしたでんき(標準プラン) 124,358円 12,020円
あしたでんき(たっぷりプラン) 137,041円 663円
楽天でんき 126,949円 13,334円
※ポイント還元込み*初年度
Looopでんき 126,431円 9,948円
HISでんき(ウルトラ中国) 128,922円 7,457円
HISでんき(プライム中国) 123,429円 12,949円
親指でんき(いいねプラン) 126,431円 9,948円
4人世帯(444.3kWh/月)
  年間料金 年間節約額
自然電力のでんき(SEデビュー) 126,882円 13,935円
自然電力のでんき(SE30) 129,014円 11,803円
自然電力のでんき(SE100) 134,346円 6,471円
あしたでんき(標準プラン) 127,958円 12,859円
あしたでんき(たっぷりプラン) 139,966円 851円
楽天でんき 130,624円 14,152円
※ポイント還元込み*初年度
Looopでんき 130,091円 10,726円
HISでんき(ウルトラ中国) 133,006円 7,811円
HISでんき(プライム中国) 126,944円 13,873円
親指でんき(いいねプラン) 130,091円 10,726円
5人世帯(525.3kWh/月)
  年間料金 年間節約額
自然電力のでんき(SEデビュー) 149,725円 19,854円
自然電力のでんき(SE30) 152,246円 17,332円
自然電力のでんき(SE100) 158,550円 11,029円
あしたでんき(標準プラン) 151,286円 18,292円
あしたでんき(たっぷりプラン) 158,920円 10,658円
楽天でんき 154,438円 19,457円
※ポイント還元込み*初年度
Looopでんき 153,808円 15,771円
HISでんき(ウルトラ中国) 159,474円 10,105円
HISでんき(プライム中国) 149,718円 19,861円
親指でんき(いいねプラン) 153,808円 15,771円
6人世帯(637.2kWh/月)
  年間料金 年間節約額
自然電力のでんき(SEデビュー) 181,282円 28,030円
自然電力のでんき(SE30) 184,340円 24,972円
自然電力のでんき(SE100) 191,987円 17,325円
あしたでんき(標準プラン) 183,514円 25,798円
あしたでんき(たっぷりプラン) 185,105円 24,207円
楽天でんき 187,337円 26,785円
※ポイント還元込み*初年度
Looopでんき 186,572円 22,740円
HISでんき(ウルトラ中国) 196,038円 13,274円
HISでんき(プライム中国) 181,179円 28,133円
親指でんき(いいねプラン) 186,572円 22,740円

新電力の対応エリア(市区町村)

鳥取県は全域が中国電力管轄エリアとなっており、以下の市区町村が対応エリアとなっています。

鳥取市、米子市、倉吉市、境港市、岩美郡岩美町、八頭郡若桜町、八頭郡智頭町、八頭郡八頭町、東伯郡三朝町、東伯郡湯梨浜町、東伯郡琴浦町、東伯郡北栄町、西伯郡日吉津村、西伯郡大山町、西伯郡南部町、西伯郡伯耆町、日野郡日南町、日野郡日野町、日野郡江府町
 

損しない!賢い電力会社の選び方

電力会社を乗り換える際に大切な4つのポイントをまとめてみました。

契約者数の多く、人気のある電力会社を選ぶ

契約者数が多く、人気のある電力会社を選ぶことが長い期間の電力使用料金を減らすことができるポイントです。

電力自由化の開始からはや2年が経ち、電力会社の差が広がりつつあり、人気の電力会社と人気でない電力会社に分かれています。

契約者が少数で、不人気な電力会社には大いに倒産のリスクがあります。

新電力会社は中国電力のように国からの補助金がないため、これまでに廃業に陥った電力会社はいくつかあります。

過去に倒産、撤退した企業

大東エナジー、日本ロジテック、オリックス電力、福島電力など

万が一、契約を結んだ電力会社が倒産してしまった場合でも、「バックアップ契約」という中国電力が救済してくれる制度があるため、急に電気が止まるなどの心配はありませんが、また通常料金(中国電力の料金)に戻ってしまいます。

人気のある電力会社であれば、基盤のしっかりした経営しているため、倒産の心配が少なく、安定した経営を見込むことができます。

解約金がかからない電力会社を選ぶ

電力自由化が開始されたことで、電力会社同士による価格競争が激しくなり、電気代は安くなっている傾向があります。

もし、契約期限や違約金による制限がある場合、より安い電力会社に乗り換える際にスムーズに変更することができません。

そのため、いつでも変更できるように解約金のを支払いがかからない電力会社を選択するようにしましょう。

使用料金が安いプランの電力会社を選ぶ

新電力会社へ乗り換えで一番のメリットは格安で電気を使用できることです。

各電力会社ごとに料金プランは三者三様で、HPや広告を見ても比較するのは簡単ではありません。

そこで、新電力会社へ乗り換えの際は

  • 生活習慣
  • 電気使用量
  • 1世帯あたりの人数

を総合的に判断し、最安で利用でき、自分に合った電力会社を選択しましょう。

自社発電所を所有している電力会社を選ぶ

自社で発電できない企業は「日本卸電力取引所(JEPX)」から電気を買い入れて、それぞれの家庭に供給しています。(JEPX:全国で発電された余剰電力の日本唯一の取引マーケット)

そのため、燃料費価格が上がれば、電力を調達費も高くなりますし、供給不足状態になることも見込みがあり、否定はできません。

そうすると、経営を続けるためには電気料金の値上げをするしか選択肢がありません。

新電力会社には、

  1. 自社発電所を所有している企業
  2. 自社発電所を所有していない企業

の2種類に分けられます。

自社発電所を所有している企業は自分の会社で発電・販売を行っています。

自社発電所を持っていると、

  • 停電などの心配をすることなく電気を使える
  • 燃料費が上がっても影響されない

この2つの良い点があります。

自社発電所を所有し、安心な電力会社
電力会社 特徴
Looopでんき 基本料金0円のプランが人気のLooopでんき。全国14箇所の発電所を保有し、契約件数は20万世帯以上という実績があります。シンプルで安い料金プランに加え、無料駆けつけサービスや対応エリアの多さなどサービス面も充実しており、安心面でも非常に人気です。
おすすめ度
自然電力のでんき 自然電力のでんきは電気代の安さはもちろんのこと、環境にも配慮しその名の通り、自然エネルギーをメインに利用している電力会社です。全国60箇所に発電所を保有し、石油や原子力に頼らないクリーンな電気を供給しています。
おすすめ度
楽天でんき 楽天エナジー「楽天でんき」は電気を使えば使うほど楽天スーパーポイントが貯まるのが特徴。電気料金200円につき1ポイント、楽天カードでのお支払いで100円につき1ポイント貯まります。また、初回申し込みで、2,000ポイントもらえるので、初年度は約5,000ポイント獲得することが可能です。(東京電力エリア、60A契約、年間7,644kwh使用の場合)
おすすめ度
あしたでんき あしたでんきは基本料金が0円、かつ従量料金も他社より安く、現行の電力会社の中でも最安級です。発電方式は太陽光発電を採用しています。自社発電所は現在3箇所となっていますが、東京電力の子会社で経営基盤も固く、倒産リスクも非常に少ない新電力会社です。
おすすめ度

自社発電所を稼働している電力会社の場合、多くは風力、地熱、バイオマス、太陽光、水力といった再生可能エネルギーを使用している為、電気料金が燃料費価格に左右されにくいです。

また、大手電力に依存しないため、大手で事故が起きたとしても安定した電力供給を行える可能性があります。

その為、再生可能エネルギーを利用した自社発電所を稼働している電力会社を出来る限り選ぶようにしましょう。

鳥取県の部門別電力使用量

鳥取県の電力使用量は3,466万kwhで全国で47位の使用量です。

部門別に分けると、

  • 産業部門:860万kwh
  • 家庭部門:1,244万kwh
  • 業務他:1,362万kwh

となっています。

鳥取県は観光業や業務などで使用される電力が最も多く、産業部門で使用される電力使用量は相対的にみて少なくなっています。

また、日本で人口が1番少ない県であり、高齢者の割合も高いため、全国で比較しても電力使用量も国内では少なくなっています。

参考:都道府県データランキング(2014年データより)

鳥取県の発電所事情

現在鳥取県には合わせて141の発電所が稼働中です。

主な発電方式は

  1. 水力発電
  2. 火力発電
  3. 太陽光発電
  4. 風力発電

となっています。

主要な発電所一覧

水力発電所

俣野川発電所、黒坂発電所、新大呂発電所、用瀬発電所、新幡郷発電所など

火力発電

米子工場第一発電所、本社工場バイオマスボイラー、日新バイオマス発電所、クリーンセンターなど

太陽光発電所

ソフトバンク鳥取米子ソーラーパーク、鳥取・米子メガソーラー発電所、CS鳥取大山町発電所、三朝発電所、太陽光発電所など

風力発電所

東伯風力発電所、北条砂丘風力発電所、大山風力発電所、中山風力発電所、名和風力発電所など

鳥取県には俣野川発電所という一級河川である日野川水系俣野川に建設されたダムあります。高さ69.3メートルの重力式コンクリートダムで、中国電力の発電用ダムであり、最大120万キロワットの電力を発生することができます。

その他にも環境エネルギーで発電されるものが多く、火力発電でもバイオマスを利用した発電が行われています。

参考:鳥取県の発電所一覧地図・ランキング|エレクトリカル・ジャパン

まとめ

電力会社の乗り換えは、

  • 自然エネルギーで作られた電力を使える
  • 切り替えにかかる費用も無料です
  • 電気代を気にしなくても、電気料金が安くなる

というメリットがあります。

切り換え費用のかかることなく、新サービスとしてポイントで還元されたり、環境にやさしい電気が使用できるので良いことばかりです。

乗り換え時期が遅れた分だけ、損していくのが電力自由化の特徴です。

頑なに中国電力と契約を結んでいてもメリットは正直ありません。いかに早く、電力会社を切り替えるかが節約の1番大事なポイントです。

新電力会社の正しい知識と選択方法を身につけて、電気代を極限まで節約しましょう!