地域別おすすめ電力会社

電力自由化徹底比較!千葉県でおすすめな電力会社ランキング

千葉県電力自由化
でんこちゃん
でんこちゃん
今月、エアコンとかで電気使いすぎちゃったよ…
でんこちゃん
でんこちゃん
節約したい気持ちはあるけど、どうしても続かない…

電力自由化がスタートし、格安で電気を使えるようになっていますが、その中からあなたの希望を満たしたした電力会社をみつけるのは簡単ではないですよね。

また、電気代を気にしながらの生活から抜け出したい人や光熱費を節約して何か違うものにお金を使いたいなど、人それぞれ考えがありますよね。

この記事では、

  • 千葉県で人気な電力会社ランキング
  • 新電力会社に乗り換えた場合の料金シミュレーション
  • 初心者向けの電力会社の選び方

を分かりやすく解説しています。

まずは、電力会社の料金プランを一括比較しよう!

全国には現在543の電力事業者が存在しています。(参考:登録小売電気事業者一覧|資源エネルギー庁)

そのため、どの電力会社を選ぶのがあなたにとって一番オトクなのか分からなくなってきているのが現状です。

そこで、まずは全国の電力会社を一括比較してみましょう!

あなたのご家庭の電力使用量や契約アンペア数を入力すれば、料金プランを一括比較できます。

ご契約中の電力会社
契約アンペア数
※関西 中国 四国 沖縄はアンペアの入力は不要です。

電気の使用量(kWh)
kWh
何月の請求書ですか?

でんき君
でんき君
シミュレーション方法には、毎月電力会社から送られてくる検針票(電力ご使用量のお知らせ)を使います。
シミュレーション手順
  1. 現在ご契約中の電力会社を選択
  2. 現在の契約アンペア数(○○A)を選択
  3. 電力使用量(○○kWh)を入力
  4. 検針票の請求月(○月)を選択
  5. 【料金シミュレーションする】をクリック

必要な条件をすべて入力してシミュレーションすると、

  • あなたの年間電気代
  • 電力会社を乗り換えたら年間でどれだけ安くなのか?

を一括比較することができます。

また、候補に出てきた電力会社についての口コミや評判、申込み時に知っておきたいチェックポイントも同時にまとめてあるので、是非ともご活用ください!

千葉県人気電力会社ランキング

千葉県エリアで利用できる人気の新電力会社をランキング形式でまとめてみました。

自然電力のでんき(安さと環境への配慮を兼ねた新電力)
自然電力のでんきは電気代の安さはもちろんのこと、環境に配慮したその名の通り、自然エネルギーをメインに利用している電力会社です。全国60箇所に太陽光、風力、水力発電所を保有し、石油や原子力に頼らないクリーンな電気を供給することを可能にしました。
初心者へのおすすめ度
料金 ・SE30プラン(再生可能エネルギー利用率30%プラン)
基本料金:10Aにつき、140.40円
従量料金:23.03円/kWh
※東京電力エリア

・SE100プラン(再生可能エネルギー利用率100%プラン)
基本料金:10Aにつき、140.40円
従量料金:24.03円/kWh
※東京電力エリア

解約金・違約金 なし
発電方法 太陽光、風力、水力(発電所数:全国60箇所以上)
見える化サービス
支払い方法 クレジットカード、口座振替
対応エリア 北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

あしたでんき(新電力で最安値の料金プラン)
あしたでんきは基本料金が0円、かつ従量料金(使った分だけ加算される料金)も他社より安く、現行の電力会社の中でも最安級です。
発電方式は太陽光のエコ発電を採用しています。東京電力の子会社で経営基盤も強固なため、倒産リスクも非常に少ないです。
初心者へのおすすめ度
料金 ・標準プラン
基本料金:0円
従量料金:25.50円/kWh
※東京電力エリア

・たっぷりプラン
基本料金:3,000円
従量料金:21円/kWh
※東京電力エリア

解約金・違約金 なし
発電方法 太陽光発電(全国3か所)
見える化サービス
支払い方法 クレジットカード
対応エリア 東京電力、東北電力、中部電力、関西電力、中国電力、九州電力
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

親指でんき(口座振替で安く電気を使いたいならこれ!)
親指でんきは基本料金・解約金は0円です。あしたでんきより、0.5円従量料金は高くなりますが、口座振替での支払いをすることができます。
新電力のほとんどがクレジットカード決済しか対応していないので、口座振替で払いたいのなら、親指でんき一択になります。
初心者へのおすすめ度
料金 ・おうちプラン
基本料金:0円
従量料金:26円/kWh
※東京電力エリア
解約金・違約金 なし
サポート・対応 なし
発電方法 自家発電所なし
(JEPX(日本卸電力取引所)からの買い付け)
見える化サービス ✕ (今後設置予定)
支払い方法 クレジットカード、口座振替
対応エリア 東京電力、東北電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

楽天エナジー(楽天会員ならもっとオトク!)
楽天エナジー「楽天でんき」の特徴は電気を使えば使うほど楽天スーパーポイントが貯まることです。
10kWh毎1ポイント、お支払い100円に付き1ポイント貯まります。また、初回申し込みで、3,000ポイントもらえるので、初年度は約5,000ポイント獲得することが可能です。(60A契約、年間7,644kwh使用の場合)
初心者へのおすすめ度
料金 基本料金:0円
従量料金:26円/kWh
※東京電力エリア
解約金・違約金 なし
サポート・対応 ◎(無料駆け付けサービスあり※条件あり)
発電方法 水力発電(全国4か所)
太陽光発電(全国7か所)
天然ガス(全国2か所)
バイオマス(全国1か所)
※丸紅新電力の発電を利用
見える化サービス
支払い方法 クレジットカード、口座振替
対応エリア 東京電力、北海道電力、東北電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

Looopでんき(契約件数10万世帯以上)
サービス開始時には基本料金0円のプランで、かなり人気を博しましたが、現在ではあしたでんきと比べると少々値段の高さが気になるところです。
ですが、契約件数10万世帯以上の歴がありますし、駆けつけサービス、対応エリアなどのサービスが充実しています。
管理人も現在、Looopでんきを利用しています。
初心者へのおすすめ度
料金 ・おうちプラン
基本料金:0円
従量料金:26円/kWh
※東京電力エリア
解約金・違約金 なし
サポート・対応 ◎(無料駆け付けサービスあり)
発電方法 太陽光発電(全国14か所)
見える化サービス
支払い方法 クレジットカード
対応エリア 東京電力、北海道電力、東北電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

H.I.Sのでんき(一人暮らしにおすすめ)
一人暮らしで迷っているならHTBエナジー(H.I.Sのでんき)がおすすめです。運営会社は旅行会社で有名なH.I.Sで、長崎のハウステンボスで発電した電気を販売しています。
地域の電力会社の料金より、確実に5%安くなるシンプルな料金プランが魅力です。
逆に1人暮らし以外ではそこまでオトクになりません。
初心者へのおすすめ度
料金 ・基本料金
800.28~1,600.56円
・従量料金
18.46円/kWh(0~120kWh)
24.62円/kWh(121~300kWh)
28.44円/kWh(301kWh~)
セット割 H.I.S旅行割引(1,000~3,000円)
解約金・違約金 2,000円(1年未満での解約)
サポート・対応 ○(月額250円で駆け付けサービスあり)
発電方法 太陽光、風量区、水力、バイオマス(足りない分は九州電力から調達)
見える化サービス
支払い方法 クレジットカード、口座振替、コンビニ支払い(手数料200円)
対応エリア 東京電力、東北電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

世帯人数別料金シミュレーション

世帯

東京電力の基本プラン(従量電灯B)から新電力へ乗り換えると具体的にどれくらいお得になるのか世帯人数別にシミュレーションしてみました。

1人世帯(30A、239.7kWh/月)
  年間料金 年間節約額
自然電力のでんき 71,298円 -4,266円
あしたでんき 73,348円 -2,216円
楽天でんき 74,786円 -4,899円
(ポイント還元込み)
Looopでんき 74,786円 -778円
H.I.Sのでんき 71,550円 -4,014円
2人世帯(30A、367.3kWh/月)
  年間料金 年間節約額
自然電力のでんき 106,561円 -12,060円
あしたでんき 112,394円 -6,228円
楽天でんき 114,598円 -8,743円
(ポイント還元込み)
Looopでんき 114,598円 -4,024円
H.I.Sのでんき 112,333円 -6,289円
3人世帯(40A、431.8kWh/月)
  年間料金 年間節約額
自然電力のでんき 126,071円 -19,155円
あしたでんき 132,131円 -13,096円
楽天でんき 134,722円 -15,226円
(ポイント還元込み)
Looopでんき 134,722円 -10,505円
H.I.Sのでんき 137,559円 -7,668円
4人世帯(50A、444.3kWh/月)
  年間料金 年間節約額
自然電力のでんき 131,211円 -21,889円
あしたでんき 135,956円 -17,144円
楽天でんき 138,622円 -19,557円
(ポイント還元込み)
Looopでんき 138,622円 -14,478円
H.I.Sのでんき 145,014円 -8,086円
5人世帯(60A、525.3kWh/月)
  年間料金 年間節約額
自然電力のでんき 155,281円 -30,368円
あしたでんき 160,742円 -24,907円
楽天でんき 163,894円 -27,213円
(ポイント還元込み)
Looopでんき 163,894円 -21,755円
H.I.Sのでんき 175,859円 -9,790円
6人世帯(637.2kWh/月)
  年間料金 年間節約額
自然電力のでんき 186,205円 -39,754円
あしたでんき 194,983円 -30,976円
楽天でんき 198,806円 -33,135円
(ポイント還元込み)
Looopでんき 198,806円 -27,153円
H.I.Sのでんき 241,048円 -11,911円

新電力の対応エリア(市区町村)

千葉県は全域が東京電力管轄エリアとなっており、以下の市区町村が対応エリアとなっています。

千葉市、銚子市、市川市、船橋市、館山市、木更津市、松戸市、野田市、茂原市、成田市、佐倉市、東金市、旭市、習志野市、柏市、勝浦市、市原市、流山市、八千代市、我孫子市、鴨川市、鎌ケ谷市、君津市、富津市、浦安市、四街道市、袖ケ浦市、八街市、印西市、白井市、富里市、南房総市、匝瑳市、香取市、山武市、いすみ市、大網白里市、印旛郡酒々井町、印旛郡栄町、香取郡神崎町、香取郡多古町、香取郡東庄町、山武郡九十九里町、山武郡芝山町、山武郡横芝光町、長生郡一宮町、長生郡睦沢町、長生郡長生村、長生郡白子町、長生郡長柄町、長生郡長南町、夷隅郡大多喜町、夷隅郡御宿町、安房郡鋸南町

損しない!賢い電力会社の選び方

電力会社を乗り換える際に大事な4つのポイントをまとめてみました。

支持率が高く、契約者数の多い電力会社を選ぶ

電力自由化がスタートしてから数年たち、新電力会社は数多く増えてきましたが、その全てが良心的な会社という訳ではありません。

ここ数年で廃業に陥った新電力会社は多数存在していますが、その企業で共通するのが支持率が低く、契約者数が不安定なことと、大手の電力会社のように国からの補助金が出ないことです。

過去に倒産、撤退した企業

大東エナジー、日本ロジテック、オリックス電力、福島電力など

支持率の低く、契約者数が不安定な電力会社には廃業の危険があります。

支持率が高く、契約者数が安定した新電力会社であれば、経営的基盤が整っているので廃業のリスクが少なく、長期的に及ぶ経営を見込むことができます。

もし仮に契約した電力会社が廃業した場合は、「バックアップ契約」という東京電力が保護する制度があるので、もし電気が止まっても心配はないが、これまでの電気料金に戻ってしまうので注意する必要があります。

格安プランの電力会社を選ぶ

電力自由化により多くの電力会社から格安プランを探し出し、選ぶ時にはいくつか抑えておくべきポイントがあります。

ただし、料金プランはそれぞれの会社で全く異なるので、プランの比較はカンタンではありません。

  • 世帯者人数
  • 電気使用量
  • 生活パターン

この3つのポイントをトータルで評価し、選択しなければなりません。

特に世帯人数が多くなるほど、割引率が高くなる料金プランが多いので、世帯人数に合わせた電力会社選びが最重要です。

契約解除する際に違約金の支払いがない電力会社を選ぶ

新電力会社の中には、稀に契約期間外で解除すると、1,000円~6,000円の違約金のかかる場合があります。

解除する際に余計な出費がかかるのは、せっかく格安プランに変更しても無駄になってしまいますよね。

また、違約金がかかることで電力会社の切り替えに気が進まないという方もいます。

そのため、出来る限り違約金の支払いがない電力会社を選ぶように気をつけましょう。

自社発電所を保有している電力会社を選ぶ

新電力会社で自社発電できない企業は「日本卸電力取引所(JEPX)」という全国の発電所の余剰電力を分割し、電力取引所から電気を購入し、一般家庭に提供しています。

自社発電所を保有していない企業の難点は電気供給量が不安定になる可能性があることです。

例えば、電力の素となる燃料費が上がると、電力の購入価格も高騰し、電気供給量が足りなくなる可能性があります。

その一方で、自社発電所を保有している企業は、自社で発電・販売をしています。

そのため、

  • 燃料費の価格変動によって値段が変わりにくい
  • 停電の心配が少ない

この2つのメリットがあります。

自社発電所を保有している電力会社の場合、その多くは再生可能エネルギーによってまかなわれている為、電気料金が燃料費価格が高騰しても被害を受けにくくなっています。

また、大手電力会社に頼っていないため、そこで事故が起きたとしてもいつも通りの電力を供給できる可能性もあります。

その為、極力再生可能エネルギーで発電し、自社発電所を保有している電力会社を選ぶことが常に良いサービスを受けられるポイントになります。

千葉県の部門別電力使用量

千葉県の電力使用量は46,194万kwhで全国で6位の使用量です。

部門別に分けると、

  • 産業部門:20,417万kwh
  • 家庭部門:13,698万kwh
  • 業務他:12,079万kwh

となっています。

千葉県の電力使用量

千葉県は全国で何をとってもトップクラスなため、産業部門の電力消費量が抜き出ており、それに次いで家庭部門、業務部門と電気が使われています。

千葉県は住みやすさランキングでも印西市が全国1位に輝いており、現在も人口・世帯ともに増加し続けているため、これから家庭部門の電力の割合が増加することが予想されます。

参考:都道府県データランキング(2014年データより)

千葉県の発電所事情

現在千葉県には合わせて571の発電所が稼働中です。

主な発電方式は

  1. 火力発電
  2. 太陽光発電
  3. 風力発電
  4. 水力発電

となっています。

主要な発電所一覧

火力発電所

富津火力発電所、千葉火力発電所、千葉火力発電所、千葉火力発電所、君津共同火力発電所など

太陽光発電所

グリーンパワー富津太陽光発電所、君津メガソーラー発電所、富津ソーラー発電所、SGET木更津メガソーラー発電所、鴨川みらいソーラー太陽光発電所など

風力発電

銚子風力発電所、銚子ウィンドファーム、椎柴風力発電所、八木風力発電所、八木風力発電所など

水力発電

幕張発電所、妙典発電所、北船橋発電所、古都辺発電所、面白峡発電所など

千葉県は天然ガスの生産量が多いため、それを生かした火力発電が千葉県の電力発電の中心になっています。

また、県内では太陽光発電を中心に風力発電も行われており、環境にやさしい再生可能エネルギーを利用した発電所が数多く存在します。

参考:千葉県の発電所一覧地図・ランキング|エレクトリカル・ジャパン

まとめ

電力会社の乗り換えは、

  • 地球にやさしいエコな電気を使える
  • 節約を気にしなくても電気代が安くなる
  • 乗り換え費用は一切必要なし

という良い点があります。

節約のことも気にせず使っても電気代が安くなったり、知らないうちに環境保全に貢献できたりと良いこと尽くしです。

乗り換えタイミングが遅くなればなるほど、損していくのが電力自由化の特徴です。

前から契約しているからといってにずっと東京電力を契約しても良い点はありません。

節約する上で大切で時間効率の良い方法は、いかに早く、東京電力から乗り換えることです。

極力電気代を抑えられるように、正しい電力会社の選び方を身につけましょう!

2ステップで電力会社を一括比較
全国の電力会社を一括比較