東京ガス

【東京ガスの電気】口コミ・評判から分かるメリット・デメリット

  • 「深キョンのCMを見て東京ガスの電気に興味を持った!」
  • 「でも電気の乗り換えがはじめてだからちょっと心配…」最近CMやダイレクトメールで東京ガスの電気の勧誘が多いですよね。

これから電力会社を初めて切り替えるあなたにとって気になるのは、

東京ガスを契約したらどうなるのか?

ですよね。

結論からいうと・・・

現在東京ガスを使っているあなたなら確実に今までよりも電気代が安くなります。

東京ガス以外のガス会社を使っている方は残念ながら東京ガスの電気に乗り換えるメリットはあまりありません。

逆にいうと、東京ガスを使っているなら、

年間の電気代を10%近く抑えることも可能です。

深キョンてやっぱり女神ですね(笑)

それはさておき、この記事では東京ガスの電気の料金プランやサービス面、口コミ、メリット・デメリットを徹底解説しています。

⇒今すぐ東京ガスのでんきの情報を知りたい方はこちら

どうして安くなる?東京ガスの料金プランとは

東京ガスの電気には3つの料金プランがあります。

  • ずっとも電気1S:電気使用量の少ないご家庭向け
  • ずっとも電気1:電気使用量の多いご家庭向け
  • ガス・電気セット割:東京ガスの「ガス」と「電気」を一緒に使うと電気代が安くなるセット割引。ずっとも電気1Sから0.5%引き、ずっとも電気1の基本料金から270円割引

毎月かかる電気代は大まかに、

基本料金+従量料金×電力使用量

で計算することができます。

用語解説・基本料金:必ずかかる最低料金
・従量料金:1kWhあたりの単価
・電力使用量:その月に使用した電力量の合計

では実際に東京ガスの電気と各電力会社の料金プランと比較していきましょう。

基本料金

基本料金については、東京ガスと東京電力は全く同じです。

ずっとも電気1プランのみ10~20A契約がありません。

基本料金
  ずっとも電気1S ずっとも電気1 東京電力
10A 280.80円 なし 280.80円
15A 421.20円 421.20円
20A 561.60円 561.60円
30A 842.40円 842.40円 1,004.40円
40A 1,123.20円 1,123.20円 1,339.20円
50A 1,404.00円 1,404.00円 1,674.00円
60A 1,684.80円 1,684.80円 2008.80円

従量料金

従量料金に関しては、それぞれ結構バラバラで比較しづらい結果になっています…

従量料金
ずっとも電気1S ずっとも電気1 東京電力
19.49円(~120kWh) 23.24円(~140kWh) 19.52円(~120kWh)
24.89円(120~300kWh) 23.45円(140~350kWh) 26.00円(120~300kWh)
26.99円(300kWh~) 25.93円(350kWh~) 30.02円(300kWh~)

このように、基本料金、従量料金ともに東京ガスのほうが安い料金プランになっていますが、具体的にどれくらい安くなっているのか分かりませんよね?

そこで、世帯人数別の料金を比較してみました。

【料金比較】東京ガス VS 東京電力

東京電力と東京ガスの年間料金とその差額を計算してみました。

※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にして試算しています。

1人世帯
  ずっとも1S ずっとも1 東京電力
年間 73,926円 77,208円 75,564円
オトク額 ⇒1,638円お得 ⇒1644円損  
ガス・電気セット割 ⇒2,007円お得 ⇒1,596円お得  
2人世帯
  ずっとも1S ずっとも1 東京電力
年間 113,734円 113,629円 118,622円
オトク額 ⇒4,888円お得 ⇒4,993円お得  
ガス・電気セット割 ⇒5,456円お得 ⇒7,873円お得  
3人世帯
  ずっとも1S ずっとも1 東京電力
年間 137,994円 137,068円 145,227円
オトク額 ⇒7,233円お得 ⇒8,158円お得  
ガス・電気セット割 ⇒7,923円お得 ⇒11,038円お得  
4人世帯
  ずっとも1S ずっとも1 東京電力
年間 145,412円 144,328円 153,099円
オトク額 ⇒7,688円お得 ⇒8,772円お得  
ガス・電気セット割 ⇒8,415円お得 ⇒11,652円お得  
5人世帯
  ずっとも1S ずっとも1 東京電力
年間 175,016円 172,901円 185,648円
オトク額 ⇒10,633円お得 ⇒12,747円お得  
ガス・電気セット割 ⇒11,508円お得 ⇒15,627円お得  
6人世帯
  ずっとも1S ずっとも1 東京電力
年間 211,258円 207,720円 225,959円
オトク額 ⇒14,701円お得 ⇒18,239円お得  
ガス・電気セット割 ⇒15,758円お得 ⇒21,119円お得  

このように東京ガスは何人世帯でも料金が安くなることが分かります。

また、ガス・電気セット割をつければ、ほとんどのケースで今までよりも電気代が安くなるという結果になりましたね。

実際に自分の家だとどれくらい安くなるか知りたい!

そんなあなたのために、

東京ガス電気の公式サイトでは料金シミュレーションを行うことができます。

  • 「毎月どれくらい安くなるのか?」
  • 「年間どれくらい安くなるのか?」

具体的に分かるので、申し込み前に一度どの程度オトクになるのか調べてみましょう!

東京ガス利用者の口コミ・評判

先程説明したとおり、東京ガスの電気は東京電力よりもほとんど安くなるということが分かりました。

では、実際の利用者の口コミや評判はどうなのでしょうか?

電気代が安くなる

一番多く口コミはやはり「電気代が安くなる」ことでした。

電気代が高くなる場合も

電力会社選びで重量なことは「自分に合った電力会社を契約すること」です。

東京ガスの料金プランも魅力的ですが、他にもオトクな電力会社はいくつかあります。

人気の電力会社ランキングでは、厳選した20社の中からあなたに合った電力会社の選び方やおすすめの電力会社を徹底解説しています。

「東京ガス以外の電力会社にも興味がある!」というあなたは是非ともチェックしてみてください!

電気代とガス代の請求がまとまる

これって地味ーに便利ですよね?

今までって電気代とガス台の請求がバラバラだったので、支払い日も違うし、領収書もバラバラになっていたから管理もめんどくさかったですし。

それがひとまとまりになるのは、請求額も把握しやすいし、支払いもしやすいですよね!

電気の見える化使える

新電力会社に多いのが、「電気の見える化」機能で、東京ガスにもついています。

今までは毎月の請求書を見ないと、月々の電気使用量を把握することができませんでした。

電気の見える化を使えば、30分おきの電気使用量がWEB上で確認することができます。

「この時間は使いすぎていた!」

「意外に冷蔵庫電気代高そうだから設定温度を下げよう。」

など、使った電力量を把握することができるので、より節電意識が高まります。

東京ガスのメリット・デメリット

東京ガスの電気の料金プランや利用者の口コミや評判から分かったメリット・デメリットをまとめてみました。

  • 一人暮らしだとそこまでオトクにならない
  • 他にもオトクな電力会社がある
  • 電気代が安くなる
  • ガス・電気セット割を使うとさらに安くなる
  • 電気代とガス代の請求が1つにまとまる
  • 電気の見える化が使える

東京ガス電気のQ&A

契約できる対応エリアは?

東京ガスの電気を利用できるエリアは以下の通りです。

対応エリア

東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 栃木県 群馬県 山梨県 静岡県(富士川以東)
※離島を除く

賃貸でも使える?

賃貸物件でも契約することができます。

ただし、以下のような場合、申込みができない場合があります。

  • 住んでいる住宅が高圧一括受電
  • 大家さんが電気代を徴収している

このケースはかなり稀ですが、「賃貸物件で電力会社を変更する時に大家や管理会社の許可は必要?」で詳しく解説をしています。

東京ガスの電気は安くならない?

必ずしも安くなるとは限りません。

そのため、申込み前には必ず東京ガスの料金シミュレーションを行うようにしましょう。

また、シミュレーションの結果、あまりオトクにならなかった場合は、「初心者でもわかる!電力会社の選び方」であなたに合った電力会社の選び方をわかりやすく解説しています。

東京ガスの電気代の支払い方法は?

東京ガスの電気代ははクレジットカード、口座振替、コンビニ支払い(払込票)で支払うことができます。

詳しくは、東京ガス支払い方法を確認してみてください。

また、ガス・電気セット割で申し込んでいると、電気代とガス代がまとまって請求されます。

キャンペーンコードってどこで手に入るの?

東京ガスの電気を申込む際に記入欄のある「キャンペーンコード」の入手方法は2種類あります。

  • 東京ガスのリフォームを利用してもらう
  • 東京ガスの地域窓口で買い物をしてもらう

そのため、キャンペーンコードはネット上では入手することはできません。

なにか東京ガスの商品を購入する際に、「電気のキャンペーンコードってもらえますか?」と聞いてみると良いかもしれませんね。

解約時に違約金はかかる?引っ越しするときには解約が必要?

東京ガスの電気は解約時に違約金は一切かかりません。

また、引っ越しの際に解約する必要はありません。

ただし、引越し先が東京ガスエリア内に引っ越す場合は手続きをするだけで大丈夫ですが、エリア外に引っ越す場合、引き続き利用することができないので、解約する必要があります。

詳しくは「東京ガスの電気は解約金や解約手数料がかかる?」で解説しています。

こんな人ならオトク!東京ガス電気のまとめ

  • 東京ガスを契約している
  • 電気の使用量が多い
  • 電気代とガス代を1つにまとめたい!

この記事を最後までご覧頂いてありがとうございました。

東京ガスの電気についてよくわかっていただけたでしょうか?

電力会社の乗り換えが初めてのあなたにとって、不安なことは多いは多かったかもしれませんが、それを解消できたら嬉しいです。

東京ガスの電気への切替時には、

  • 東京電力への解約手続き
  • 初期費用

は一切不要です。

東京ガスに切り替えれば、今までと同じ電気の使い方で無条件で電気代が安くなります。

⇒東京ガスの電気についてさらに詳しく知りたい方はこちら

2ステップで電力会社を一括比較
全国の電力会社を一括比較