東京ガス

東京ガスの電気は解約金や解約手数料がかかる?

東京ガスの電気は東京電力よりもお得な料金体形やサービスで人気の電力会社です。すでに東京ガスを使用している人も多いと思いますが、ガスと合わせて契約するとさらに安くなるセット割が人気の理由です。

しかし、せっかく安くなる料金プランで契約したとしても、引っ越しややむを得ない事情で解約せざるを得ないことになった時に解約金や解約手数料がかかってしまったら損ですよね。

東京ガスの電気をこれから契約しようとしている方にとって解約金や解約手数料がかかるのかどうかは非常に気になるところだと思います。

そこで、この記事では

  • 東京ガスの電気の解約時に費用がかかるのか?
  • 具体的な解約の手順

をご紹介していきます。

東京ガスの電気は解約時に費用がかかる?

東京電力など従来の電力会社の契約の中には「ビジネスパック2年割」のように、契約年数が2年と定められているものもあります。そのため、2年未満で解約をすると手数料がかかってしまうんですね。

しかし、東京ガスの電気を解約する際には、解約料や解約手数料といった費用は一切かかりません。

まずは、こちらのページをご覧ください。

  1. ページ下部の「よくあるお問い合わせFAQ」
  2. 左側の「電力のご契約」
  3. 上から2番目の「電気契約を解除したい場合~」

とクリックしていくと、その回答が記載されています。

東京ガスの電気の解約方法

ひとくちに解約と言っても引っ越しのための解約と他の電力会社に乗り換える場合によって解約方法は異なりますので、それぞれ解説していきます。

引っ越し時の解約方法

引っ越し時の解約方法は電話ではなく、WEB上で行います。

⇒引越しのガス・電気のお手続きはこちら

こちらのページの「引っ越し手続きナビ」に従い、引っ越しの手続きを行います。

東京ガスも契約している方の場合は、ガスと電気の両方を同時に手続きすることができます。

1.申し込み
契約者本人(もしくは配偶者)が解約希望日を決めて申し込みます。
2.ブレーカーを切る
安全のためにブレーカーを切ってから引っ越しをします。
3.解約完了
解約希望日に電気契約が解約され、電気が使えなくなります。

引っ越し直前ですとバタバタしますので、引っ越し予定日が決まったら出来るだけ早めに申し込みを行うようにしましょう。

他の電力会社切り替え時の解約方法

このパターンの場合は、特に東京ガスに対して解約の連絡や申し込みをする必要はありません。

新しく電力会社があなたの代わりに解約手続きを行ってくれます。ただし、その会社の契約内容によっては東京ガスに連絡する場合もあるので、契約内容を確認するようにしましょう。

新しい電力会社からの電気が供給された時点で、解約手続きは完了となります。

まとめ

このように東京ガスの電気の場合、解約時に特別な費用が掛かるということはありません。

また、面倒な解約手続きは一切ないので、安心して次の電力会社に切り替えることが可能です。

2ステップで電力会社を一括比較
全国の電力会社を一括比較