ENEOSでんき

ENEOSでんきと東京ガスを比較したらENEOSが圧勝の結果に!

2016年に電力の自由化が始まり、様々な電力会社を選べるようになりました。

新電力会社の良いところは、「今までと同じ使い方で電気代を節約できる」と言うこと。

特に東京電力エリアでは、多くの電力会社が選べるので、どの会社に乗り換えようか迷うところですよね。

そんな中で、ENEOSでんきはガソリン代が安く、東京ガスの電気は都市ガスが値引きするサービスを行なっています。

 

私は車乗らないし、ガスとセットになる東京ガスのほうがお得そう!

 

と思っていませんか?

 

実は、それは間違いです。

 

結論から言うと、ENEOSでんきのほうが圧倒的にお得です。

では、なぜそうなるのか見ていきましょう!

料金プランを比較

 

まずは、ENEOSでんきと東京ガスの電気の電気料金のプランを比較していきましょう。

月々の電気代は大まかに、

基本料金+従量料金(電力量料金)×電力使用量

で計算することができます。

用語解説・基本料金:必ず支払わなければ行けない最低料金
・従量料金:1kWhあたりの単価。ケータイ代で言うところの通信量
・電力使用量:その月に使った電気量の合計

基本料金

基本料金は現在契約しているアンペア数によって異なります。

アンペア数が上がれば上がるほど基本料金は高くなるのですが、ご覧の通り、ENEOSでんきと東京ガスともに基本料金は全く同じです。

10A 280.80円
15A 421.20円
20A 561.60円
30A 842.40円
40A 1123.20円
50A 1404.00円
60A 1684.80円

従量料金

基本料金が全く同じのENEOSでんきと東京ガスですが、違いがあるのは、従量料金です。

ENEOSでんきの基本プランはVプラン、そしてオプションとしてにねんとくとく2割を付けることができます。

にねんとくとく2割2年契約の代わりに従量料金がVプランよりも0.2円
3年目以降は0.3円安くなるオプション。   

※2年以内に解約をすると違約金として1,080円かかる

従量料金
  東京電力 Vプラン Vプラン+にねんとく2割 Vプラン+にねんとく2割(3年目以降)
~120kWh 19.52円 19.52円 19.32円 19.22円
120~300kWh 26.00円 24.09円 23.89円 23.79円
300円kWh~ 30.02円 25.75円 25.55円 25.45円

一方、東京ガスの電気の一般家庭向けのプランは、

  • ずっとも電気1S
  • ずっとも電気1

の2つのプランがあります。

従量料金
  ずっとも1S ずっとも1  
~120kWh 19.49円 23.24円 ~140kWh
120~300kWh 24.89円 23.45円 140~350kWh
300kWh~ 26.99円 25.93円 350kWh~

ずっとも1Sは少ない電力使用量では単価が低いですが、使用量が多くなるに連れて単価が上がっていきます。

ずっとも1は基本的に単価のそこまで上がりません。

  • ずっとも1S⇒一人暮らしや2人暮らしで電力使用量が少ない方向け
  • ずっとも1⇒3人以上の電力使用量が多い方向け

という感じですね。

また、東京ガスの電気とガスを一緒に申込むと、「ガス・電気セット割」が適用されます。

ガス・電気セット割・ずっとも1S⇒0.5%割引
・ずっとも1⇒270円引き

世帯人数別料金比較

世帯

先ほどの料金プランで説明した通り、契約アンペア数や電力使用量によって月々の電気代は変わってきます。

特に世帯人数が増えるに従ってアンペア数も多くしないといけないですし、電力使用量も大きくなってきます。

そこで、世帯人数別の料金を比較してみました。

※東京ガスは「ガス・電気セット割」が適用されています。

※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家庭調査の数値を元に計算しています。

一人世帯
  東京電力 Vプラン Vプラン+にねんとく2割 Vプラン+にねんとく2割(3年目~) 東京ガス1S 東京ガス1
年間 75,564円 72,820円 72,245円 71,958円 73,557円 73,968円
    ⇒2,744円お得 ⇒3,319円お得 ⇒3,606円お得 ⇒2,007円お得 ⇒1,596円お得
2人世帯
  東京電力 Vプラン Vプラン+にねんとく2割 Vプラン+にねんとく2割(3年目~) 東京ガス1S 東京ガス1
年間 118,622円 111,048円 110,166円 109,725円 113,165円 110,749円
    ⇒7,574円お得 ⇒8,456円お得 ⇒8,896円お得 ⇒5,456円お得 ⇒7,873円お得
3人世帯
  東京電力 Vプラン Vプラン+にねんとく2割 Vプラン+にねんとく2割(3年目~) 東京ガス1S 東京ガス1
年間 145,227円 134,348円 133,311円 132,793円 137,304円 134,188円
    ⇒11,073円お得 ⇒11,915円お得 ⇒12,434円お得 ⇒7,233円お得 ⇒7,923円お得
4人世帯
  東京電力 Vプラン Vプラン+にねんとく2割 Vプラン+にねんとく2割(3年目~) 東京ガス1S 東京ガス1
年間 153,099円 141,580円 140,514円 139,980円 144,685円 141,448円
    ⇒11,520円お得 ⇒12,586円お得 ⇒13,119円お得 ⇒8,415円お得 ⇒11,652円お得
5人世帯
  東京電力 Vプラン Vプラン+にねんとく2割 Vプラン+にねんとく2割(3年目~) 東京ガス1S 東京ガス1
年間 185,648円 169,979円 168,718円 168,087円 174,141円 170,021円
    ⇒15,670円お得 ⇒16,931円お得 ⇒17,561円お得 ⇒11,508円お得 ⇒15,627円お得
6人世帯
  東京電力 Vプラン Vプラン+にねんとく2割 Vプラン+にねんとく2割(3年目~) 東京ガス1S 東京ガス1
年間 225,959円 204,556円 203,026円 202,262円 210,202円 204,840円
    ⇒21,404円お得 ⇒22,933円お得 ⇒23,698円お得 ⇒14,701円お得 ⇒15,758円お得

このように世帯人数を比較してみると、ほとんどのケースでENEOSでんきのほうがお得ということが分かりました。

しかし、これはあくまで、当サイトの独自に行ったシミュレーション結果です。

それぞれのご家庭で、契約アンペア数や電力使用量はそれぞれ異なるので、
まずは料金シミュレーションを行うことをおすすめします。

⇒ENEOSでんきの料金シミュレーションはこちら

⇒東京ガスの料金シミュレーションはこちら

ENEOSでんきと東京ガスの特徴

さて、ENEOSでんきと東京ガスの料金に関しての比較を行いましたが、次はそれぞれのサービス面について比較していきます。

ENEOSでんき

ENEOSでんきの特徴はENEOSのガソリンスタンドの給油料金が安くなることです。

ただし、契約者の全てが安くなるとは限らず、

  • ENEOSカードで電気代を支払う
  • 給油代をENEOSカードで支払う

と言う条件があります。

では気になるのは「どれくらい安くなるのか?」ですよね。

ENEOSでんきの料金支払いをENEOSカードを使うと、1円/リットル安くなります

元々ENEOSカードで給油代を支払うと値引きされるので、合わせると以下のような値引き額になります。

・ENEOSカード S:3円/リットル値引き
・ENEOSカード P:1円/リットル値引き+1,000円ごとにENEOS30ポイント還元
・ENEOSカード C・NICOS・最大8円/リットル値引き

2016年ごろから年々ガソリン代は右肩上がりに上昇しているので、値引きされるのは嬉しいですよね。

また、ENEOSカードを持っていない方でも、特別提携カードを持っていれば、各カードのポイントが貯まります。

特別提携カード・ANAカード:200円につき、1マイル
・ビューカード:1,000円につき、ポイント4ポイント
・ティーエスキュービックカード:1,000円につき、15ポイント
・レクサスカード:1,000円につき、15ポイント
・エポスカード:200円につき、2ポイント。ゴールド・プラチナなら4ポイント
・エムアイカード:100円につき、1ポイント

クレジットカードを持っておらず、口座振替で料金を支払う場合もTポイントカードを持っていれば、支払額200円につき、1ポイント貯まります。

東京ガス

ガスと電気

関東に住んでいる方の多くは、東京ガスを利用していると思います。

東京ガスの電気はその名のとおり、電気とガスをセットで契約することで値引きされます。

ガス会社ならではのプランですね。

ガス・電気セット割・ずっとも1S⇒0.5%割引
・ずっとも1⇒270円引き

また、東京ガスの電気では電気代の支払いでパッチョポイントがついてきます。

電気・ガスセット割だと1,000円あたり15ポイント付与され、貯まったポイントは様々な提携ポイントやオリジナルグッズ、抽選企画に応募することができます。

⇒パッチョポイントとは?(東京ガス公式サイト)

まとめ

このようにENEOSでんきと東京ガスの電気を比較してみた結果、ENEOSでんきのほうがお得ということが分かりました。

さらに今ENEOSでんきの公式サイトから申込むと、基本料金が3ヶ月間0円になるキャンペーンを実施中です。

まずは、正しい料金シミュレーションを行ってから申し込んでみましょう。

 

 

2ステップで電力会社を一括比較
全国の電力会社を一括比較