地域別おすすめ電力会社

神奈川県でおすすめな電力会社ランキング!電力自由化徹底比較!

神奈川県おすすめ電力会社ランキング
でんこちゃん
でんこちゃん
東京電力から別の電力会社に乗り換えたいけど、どこがいいのかさっぱり分からない…
でんこちゃん
でんこちゃん
電力自由化には興味あるけど、選択肢が多すぎる…

電力自由化で様々な電力会社が選べるようになったのはいいのですが、現在全国で500社以上もあり、その中から自分にピッタリ合った電力会社を選ぶのは相当難しいですよね。

特に神奈川県の東京電力エリアは選べる電力会社の数が最も多いため、あなたに合った電力会社を選ぶことは簡単ではありません。

そこでこの記事では、

  • 神奈川県で人気な電力会社ランキング
  • 新電力会社に乗り換えた場合の料金シミュレーション
  • 初心者向けの電力会社の選び方

を分かりやすく解説しています。

まずは、電力会社の料金プランを一括比較しよう!

全国には現在543の電力事業者が存在しています。(参考:登録小売電気事業者一覧|資源エネルギー庁)

そのため、どの電力会社を選ぶのがあなたにとって一番オトクなのか分からなくなってきているのが現状です。

そこで、まずは全国の電力会社を一括比較してみましょう!

あなたのご家庭の電力使用量や契約アンペア数を入力すれば、料金プランを一括比較できます。

ご契約中の電力会社
契約アンペア数
※関西 中国 四国 沖縄はアンペアの入力は不要です。

電気の使用量(kWh)
kWh
何月の請求書ですか?

でんき君
でんき君
シミュレーション方法には、毎月電力会社から送られてくる検針票(電力ご使用量のお知らせ)を使います。
シミュレーション手順
  1. 現在ご契約中の電力会社を選択
  2. 現在の契約アンペア数(○○A)を選択
  3. 電力使用量(○○kWh)を入力
  4. 検針票の請求月(○月)を選択
  5. 【料金シミュレーションする】をクリック

必要な条件をすべて入力してシミュレーションすると、

  • あなたの年間電気代
  • 電力会社を乗り換えたら年間でどれだけ安くなのか?

を一括比較することができます。

また、候補に出てきた電力会社についての口コミや評判、申込み時に知っておきたいチェックポイントも同時にまとめてあるので、是非ともご活用ください!

神奈川県人気電力会社ランキング

神奈川県エリアで利用できる人気の新電力会社をランキング形式でまとめてみました。

自然電力のでんき(安さと環境への配慮を兼ねた新電力)
自然電力のでんきは電気代の安さはもちろんのこと、環境に配慮したその名の通り、自然エネルギーをメインに利用している電力会社です。全国60箇所に太陽光、風力、水力発電所を保有し、石油や原子力に頼らないクリーンな電気を供給することを可能にしました。
初心者へのおすすめ度
料金 ・SE30プラン(再生可能エネルギー利用率30%プラン)
基本料金:10Aにつき、140.40円
従量料金:23.03円/kWh
※東京電力エリア

・SE100プラン(再生可能エネルギー利用率100%プラン)
基本料金:10Aにつき、140.40円
従量料金:24.03円/kWh
※東京電力エリア

解約金・違約金 なし
発電方法 太陽光、風力、水力(発電所数:全国60箇所以上)
見える化サービス
支払い方法 クレジットカード、口座振替
対応エリア 北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

あしたでんき(新電力で最安値の料金プラン)
あしたでんきは基本料金が0円、かつ従量料金(使った分だけ加算される料金)も他社より安く、現行の電力会社の中でも最安級です。
発電方式は太陽光のエコ発電を採用しています。東京電力の子会社で経営基盤も強固なため、倒産リスクも非常に少ないです。
初心者へのおすすめ度
料金 ・標準プラン
基本料金:0円
従量料金:25.50円/kWh
※東京電力エリア

・たっぷりプラン
基本料金:3,000円
従量料金:21円/kWh
※東京電力エリア

解約金・違約金 なし
発電方法 太陽光発電(全国3か所)
見える化サービス
支払い方法 クレジットカード
対応エリア 東京電力、東北電力、中部電力、関西電力、中国電力、九州電力
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

親指でんき(口座振替で安く電気を使いたいならこれ!)
親指でんきは基本料金・解約金は0円です。あしたでんきより、0.5円従量料金は高くなりますが、口座振替での支払いをすることができます。
新電力のほとんどがクレジットカード決済しか対応していないので、口座振替で払いたいのなら、親指でんき一択になります。
初心者へのおすすめ度
料金 ・おうちプラン
基本料金:0円
従量料金:26円/kWh
※東京電力エリア
解約金・違約金 なし
サポート・対応 なし
発電方法 自家発電所なし
(JEPX(日本卸電力取引所)からの買い付け)
見える化サービス ✕ (今後設置予定)
支払い方法 クレジットカード、口座振替
対応エリア 東京電力、東北電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

楽天エナジー(楽天会員ならもっとオトク!)
楽天エナジー「楽天でんき」の特徴は電気を使えば使うほど楽天スーパーポイントが貯まることです。
10kWh毎1ポイント、お支払い100円に付き1ポイント貯まります。また、初回申し込みで、3,000ポイントもらえるので、初年度は約5,000ポイント獲得することが可能です。(60A契約、年間7,644kwh使用の場合)
初心者へのおすすめ度
料金 基本料金:0円
従量料金:26円/kWh
※東京電力エリア
解約金・違約金 なし
サポート・対応 ◎(無料駆け付けサービスあり※条件あり)
発電方法 水力発電(全国4か所)
太陽光発電(全国7か所)
天然ガス(全国2か所)
バイオマス(全国1か所)
※丸紅新電力の発電を利用
見える化サービス
支払い方法 クレジットカード、口座振替
対応エリア 東京電力、北海道電力、東北電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

Looopでんき(契約件数10万世帯以上)
サービス開始時には基本料金0円のプランで、かなり人気を博しましたが、現在ではあしたでんきと比べると少々値段の高さが気になるところです。
ですが、契約件数10万世帯以上の歴がありますし、駆けつけサービス、対応エリアなどのサービスが充実しています。
管理人も現在、Looopでんきを利用しています。
初心者へのおすすめ度
料金 ・おうちプラン
基本料金:0円
従量料金:26円/kWh
※東京電力エリア
解約金・違約金 なし
サポート・対応 ◎(無料駆け付けサービスあり)
発電方法 太陽光発電(全国14か所)
見える化サービス
支払い方法 クレジットカード
対応エリア 東京電力、北海道電力、東北電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

H.I.Sのでんき(一人暮らしにおすすめ)
一人暮らしで迷っているならHTBエナジー(H.I.Sのでんき)がおすすめです。運営会社は旅行会社で有名なH.I.Sで、長崎のハウステンボスで発電した電気を販売しています。
地域の電力会社の料金より、確実に5%安くなるシンプルな料金プランが魅力です。
逆に1人暮らし以外ではそこまでオトクになりません。
初心者へのおすすめ度
料金 ・基本料金
800.28~1,600.56円
・従量料金
18.46円/kWh(0~120kWh)
24.62円/kWh(121~300kWh)
28.44円/kWh(301kWh~)
セット割 H.I.S旅行割引(1,000~3,000円)
解約金・違約金 2,000円(1年未満での解約)
サポート・対応 ○(月額250円で駆け付けサービスあり)
発電方法 太陽光、風量区、水力、バイオマス(足りない分は九州電力から調達)
見える化サービス
支払い方法 クレジットカード、口座振替、コンビニ支払い(手数料200円)
対応エリア 東京電力、東北電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

世帯人数別料金シミュレーション

世帯

東京電力の基本プラン(従量電灯B)から新電力へ乗り換えると具体的にどれくらいお得になるのか世帯人数別にシミュレーションしてみました。

1人世帯(30A、239.7kWh/月)
  年間料金 年間節約額
自然電力のでんき 71,298円 -4,266円
あしたでんき 73,348円 -2,216円
楽天でんき 74,786円 -4,899円
(ポイント還元込み)
Looopでんき 74,786円 -778円
H.I.Sのでんき 71,550円 -4,014円
2人世帯(30A、367.3kWh/月)
  年間料金 年間節約額
自然電力のでんき 106,561円 -12,060円
あしたでんき 112,394円 -6,228円
楽天でんき 114,598円 -8,743円
(ポイント還元込み)
Looopでんき 114,598円 -4,024円
H.I.Sのでんき 112,333円 -6,289円
3人世帯(40A、431.8kWh/月)
  年間料金 年間節約額
自然電力のでんき 126,071円 -19,155円
あしたでんき 132,131円 -13,096円
楽天でんき 134,722円 -15,226円
(ポイント還元込み)
Looopでんき 134,722円 -10,505円
H.I.Sのでんき 137,559円 -7,668円
4人世帯(50A、444.3kWh/月)
  年間料金 年間節約額
自然電力のでんき 131,211円 -21,889円
あしたでんき 135,956円 -17,144円
楽天でんき 138,622円 -19,557円
(ポイント還元込み)
Looopでんき 138,622円 -14,478円
H.I.Sのでんき 145,014円 -8,086円
5人世帯(60A、525.3kWh/月)
  年間料金 年間節約額
自然電力のでんき 155,281円 -30,368円
あしたでんき 160,742円 -24,907円
楽天でんき 163,894円 -27,213円
(ポイント還元込み)
Looopでんき 163,894円 -21,755円
H.I.Sのでんき 175,859円 -9,790円
6人世帯(637.2kWh/月)
  年間料金 年間節約額
自然電力のでんき 186,205円 -39,754円
あしたでんき 194,983円 -30,976円
楽天でんき 198,806円 -33,135円
(ポイント還元込み)
Looopでんき 198,806円 -27,153円
H.I.Sのでんき 241,048円 -11,911円

新電力の対応エリア(市区町村)

神奈川県は全域が東京電力管轄エリアとなっており、以下の市区町村が対応エリアとなっています。

横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市、平塚市、鎌倉市、藤沢市、小田原市、茅ヶ崎市、逗子市、三浦市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市、海老名市、座間市、南足柄市、綾瀬市、三浦郡葉山町、高座郡寒川町、中郡大磯町、中郡二宮町、足柄上郡中井町、足柄上郡大井町、足柄上郡松田町、足柄上郡山北町、足柄上郡開成町、足柄下郡箱根町、足柄下郡真鶴町、足柄下郡湯河原町、愛甲郡愛川町、愛甲郡清川村

損しない!賢い電力会社の選び方

電力会社を乗り換える際に大切な4つのポイントをまとめてみました。

安い料金プランの電力会社を選ぶ

電力自由化の一番のメリットは電気代が安くなること。

ただし、料金プランは各電力会社ごとにバラバラで広告やホームページを見ても簡単に比較するのは難しいです。

  • 世帯人数
  • 電気使用量
  • 生活サイクル

を総合的に判断して、最安値の電力会社を選ぶようにしましょう。

契約者数が多い人気の電力会社を選ぶ

契約者数の多い、人気の電力会社を選ぶこと長期的にお得に電気を利用することができます。

電力自由化が始まってから2年ほど経ち、人気の電力会社とそうでない電力会社が二分し始めました。

契約者の少ない不人気な電力会社には倒産のリスクがあります。

新電力会社は東京電力のように公的資金に守られることがないため、現に廃業した電力会社はいくつかあります。

過去に倒産、撤退した企業

福島電力、大東エナジー、日本ロジテック、オリックス電力など

契約した電力会社が倒産してしまった場合、「バックアップ契約」という東京電力が受け入れる制度があるため、停電などの心配はありませんが、また今まで通りの料金に戻ってしまいます。

人気の電力会社であればあるほど、経営基盤もしっかりているため、倒産のリスクが少なく、長い経営を見込めます。

自社発電所を保有している電力会社を選ぶ

新電力会社は、

  1. 自社発電所を保有している企業
  2. 自社発電所を保有していない企業

に分けることができます。

自社で発電できない企業は「日本卸電力取引所(JEPX)」から電気を購入し、各家庭に供給しています。

日本卸電力取引所は全国の発電所の余剰電力を小分けにして販売している市場です。

そのため、燃料費価格が高騰すれば、調達費用も高くなりますし、供給不足状態になる可能性も否定はできません。

そうすると、運営してくためには電気代の値上げをしなければいけません。

一方、自社発電所を保有している企業は、自社で発電・販売をしています。

そのため、

  • 電気代が燃料費価格に左右されない
  • いざという時の安全性が高い

この2つの利点があります。

自社発電所を保有している電力会社の場合、多くは太陽光、水力、風力、地熱、バイオマスといった再生可能エネルギーを使用しているため、燃料費価格によって電気料金が左右されにくいです。

また、東京電力の発電所に依存しないため、東電の発電所で事故が起きたとしても安定して電力供給を行える可能性があります。

そのため、出来る限り再生可能エネルギーを利用した自社発電所を保有している電力会社を選ぶようにしましょう。

解約時に違約金がかからない電力会社を選ぶ

電力自由化が解禁されてからというもの、電力会社同士による価格競争がヒートアップしており、電気代は年々安くなっている傾向があります。

もし、契約年数や違約金による縛りがある場合、よりお得な電力会社に乗り換えることができません。

そのため、いつでも乗り換えられるように違約金のかからない電力会社を選ぶようにしましょう。

神奈川県の部門別電力使用量

神奈川県の電力使用量は64,449万kwhで全国で3位の使用量です。

部門別に分けると、

  • 産業部門:23,212万kwh
  • 家庭部門:19,823万kwh
  • 業務他:21,414万kwh

となっています。

神奈川県の電力使用量

川崎エリアなどの工業地帯では大量の電力が必要となっていることと、企業や個人商店なども非常に多いため、一般家庭向けの電力使用量は相対的に少なくなっています。

とは言え神奈川県の川崎市、横浜市などは東京都に近いため、年々人口が増加しており、より一層家庭部門の電気使用量の割合が増えていくのではと予想されています。

参考:都道府県データランキング(2014年データより)

神奈川県の発電所事情

現在神奈川県には合わせて158の発電所が稼働中です。

主な発電方式は

  1. 火力発電
  2. 水力発電
  3. 太陽光発電
  4. バイオマス発電

となっています。

主要な発電所一覧

火力発電所

横浜火力発電所、川崎火力発電所、横須賀火力発電所、東扇島火力発電所、扇島パワーステーションなど

水力発電所

相模発電所、津久井発電所、愛川第一発電所、道志第一発電所、峰発電所など

太陽光発電

扇島太陽光発電所、足柄大井ソーラーウェイ、SGET中井メガソーラー発電所、浮島太陽光発電所、秦野太陽光発電所など

主に沿岸部の川崎工業地帯では主に石油や石炭を用いた火力発電がされており、相模湖、津久井湖周辺といった湖が集積している地域では主に水力発電が行われています。

参考:神奈川県の発電所一覧地図・ランキング|エレクトリカル・ジャパン

まとめ

電力会社の切り替えは、

  • 今までと同じ電気の使い方で電気代が安くなる
  • 乗り換え費用がかからない
  • 今までになかった新しいサービスが受けられる

といった様々なメリットがあります。

仮に月に1,000円安くなるとしたら年間で12,000円、10年で12万円お得になる計算です。

乗り換え時期が遅くなればなるほど、損していくのが電力自由化の特徴です。

頑なに東京電力を契約しているメリットは正直ありません。

出来るだけ早く、電力会社を乗り換えるのが節約の最大のポイントです。

正しい電力会社の選び方を身につけて、賢く電気代を節約しましょう!

2ステップで電力会社を一括比較
全国の電力会社を一括比較