Looopでんき

一人暮らしならLooopでんきはやめておけ!その3つの理由とは?

でんこちゃん
でんこちゃん
一人暮らしの私でもLooopでんきに乗り換えればお得になるかな?
でんき君
でんき君
ちょっと待って!Looopでんきに乗り換えたとしても必ずしもお得になるとは限らないよ!しかも一人暮らしだと逆に高くなる場合もあるんだ!
でんこちゃん
でんこちゃん
えっマジ!?Looopでんきなら絶対お得になると思っていたよ!
でんき君
でんき君
そうとも限らないんだよなーでもまずは料金シミュレーションを行ってみて実際にどれくらい安くなるのか?高くなるのかを確認してみることをおすすめするよ!

【10秒で出来る!】Looopでんきの無料診断はこちら

Looopでんきよりもずっとお得!

あしたでんき」の料金プランが価格破壊!?    

  あしたでんき Looopでんき
基本料金 0円 0円
従量料金 25.5円/kWh 26円/kwh

⇒年間4,000円以上お得に!

 

Looopでんき経験者が語る!あしたでんきの評判と口コミ電力自由化が始まって色々な電力会社の中から好きな会社を選べるようになりました。 2018年になっても続々と新しい会社が誕生してます...

一人暮らしにLooopでんきをおすすめしない3つの理由

契約アンペア数が低い

電気代は

基本料金+従量料金(1kWhの単価)×電力使用量

で計算されます。

基本料金は契約アンペア数が上がるにつれて高くなります。

一例として東京電力の基本料金を見ていきましょう。

基本料金
  東京電力
30A 842.40円
40A 1123.20円
50A 1404.00円
60A 1684.80円

一人暮らし向けの住居の場合、デフォルトの契約アンペア数が最も低い30Aなどの場合が多いです。東京電力を例にとると842.40円ですね。

同時に多くの家電を利用する場合、アンペア数を上げないとブレーカーが落ちてしまいます。そのため、アンペア数を上げないとしょっちゅうブレーカーが落ちるのですが、一人暮らしの場合は最低アンペア数でも問題はありません。

Looopでんきは基本料金は一律0円です。

元々60Aで契約しているような方はかなりの節約になりますが、元々低いアンペア数で契約している場合、節約できる額は少なくなります。

  • 30A⇒842.40円お得に!
  • 60A⇒1684.80円お得に!

そのため、一人暮らしの場合、基本料金はそこまでお得にはならないのです。

電力使用量が少ない

先ほど説明した通り、電気代は

基本料金+従量料金(1kWhの単価)×電力使用量

で計算されます。

一般的な電力会社は電力使用量が上がるにつれて従量料金も高くなっていきます。

(例)東京電力とLooop電気の従量料金比較

従量料金(1kWhあたりの料金)
  東京電力 Looopでんき
~120kWhまで 19.52円 26円
120kWh~300kWh 26.00円
300kWh~ 30.02円

上の表を見ていただければ分かると思いますが、120kWhまでの従量料金は東京電力のほうが、6.48円安くなっています。

Looopでんきは基本料金が0円の代わりにどの電力使用量でも従量料金は一律料金になっています。

そのため、少ない電力使用量の場合、割高になっているのです。

オール電化向けのプランがない

一人暮らしの方でもオール電化住宅に住んでいる方がいらっしゃると思います。

オール電化で節約をするならオール電化向けのプランを利用しないとかなり電気代が高くついてしまいます。

残念ながらLooopでんきにはオール電化住宅向けのプランは用意されていません。

一人暮らしでもLooopでんきのほうがお得になる場合もあり

一人暮らしの場合、Looopでんきに乗り換えると高くなる可能性がありますが、一概にもそうはいえません。

住んでいる地域や使用電力によっては乗り換えたほうが安くなる場合があります。

それを計算するのが、料金のシミュレーションです。

料金シミュレーションの方法

まずは、こちらのページより料金シミュレーションを行います。


そのためにはまず毎月送られてくる電力会社からの検針票(電気ご使用量のお知らせ)を用意しましょう。

1.エリアの選択

シミュレーションページにアクセスしたらお住いのエリアを選択します。

2.必要事項を選択

  • 電力プラン
  • 契約アンペア数
  • 対象月

を選択します。

これらの情報は検針票に記載されているので、その通りに入力しましょう。

関西エリア、中国エリア、四国エリアは契約アンペア数を選択できない場合があるので、その際は入力する必要はありません。

3.1カ月の使用量を入力

見積もりパターンを1カ月に選択し、月間使用量を入力します。

【この内容でシミュレーション】をクリックします。

でんき君 
でんき君

12カ月分の検針票があれば、「見積もりパターン」を12カ月にすれば、より正確なシミュレーションを行えます。

4.シミュレーション結果の確認

別のページに移りシミュレーション結果が表示されます。

ちなみに一人暮らしの私は

  • 契約アンペア数:30A
  • 電力使用量:230kWh
  • 対象月:5月

で以下のような結果がでました。

このように一人暮らしでもLooopでんきに乗り換えれば、お得になるパターンもあるのです。

まとめ

Looopでんきは基本料金が0円、従量料金が一律でシンプルかつ分かりやすい料金プランです。

しかし、電力使用量が少ない一人暮らしの場合は、高くなってしまう可能性もあります。

そのためには、必ず料金シミュレーションを行い、実際に安くなるのか?高くなるのか?を検証してから契約するようにしましょう。

【10秒で出来る!】Looopでんきの無料診断はこちら

2ステップで電力会社を一括比較
全国の電力会社を一括比較