ピタでん

ピタでん(F-Power)の口コミ評判は違約金が大きなデメリット

  •  「ピタでんって実際に安くなるのかな?」
  • 「電力会社の乗り換えって初めてだからちょっと不安…」

ピタでんはテレビCMや広告などではそこまで有名ではありませんが、「料金プランが安い」ということで、今口コミで広がっている電力会社です。

電力会社の比較サイトやネットの情報を見て、ピタでんへの乗り換えを検討しているあなたもこれを機に電力会社を切り替えようと思っているはず。

実際にピタでんの料金プランを見てみると、安くなる場合と高い場合がハッキリと分かれる結果になりました。

この情報は、比較サイトには掲載されていない情報です。

この記事では、実際にピタでんを契約すると

  • 今までと比べてどれくらいオトクになるのか?
  • 利用者の口コミや評判はどうなのか?
  • ピタでんのメリットやデメリット

について徹底解説しています。

そして、ピタでんを検討しているあなたにとって「ベスト電力会社はどうしたら見つかるのか?」かも合わせて解説しています。

⇒今すぐピタでんよりもオトクな電力会社を知りたい方はこちら

今までの電力会社とピタでんの料金プランを比較

毎月かかる電気代は大まかに、

基本料金+従量料金×電力使用量

で計算することができます。

  • 基本料金:必ずかかる最低料金
  • 従量料金:1kWhあたりの単価
  • 電力使用量:その月に使用した電力量の合計

では実際にピタでんと各電力会社の料金プランと比較していきましょう。

以下のリンクをクリックすると各電力会社との比較を見ることができます。

北海道電力との比較

基本料金

北海道電力など一般的な電力会社は契約アンペア数が大きくなるにつれて基本料金は高くなっていきます。

ピタでんの場合、「使いたい放題」は14,000円、「使った分だけ」は0円です。

基本料金
  使いたい放題 使った分だけ 北海道電力
10A 14,000円 0円 334.80円
15A 502.20円
20A 669.60円
30A 1,004.40円
40A 1,339.20円
50A 1,674.00円
60A 2,008.80円

従量料金

北海道電力など従来の電力会社の従量料金は3段階制になっています。

一方、ピタでんの従量料金ですが、「使いたい放題」は500kWhまで一切かかりません。

「使った分だけ」は一律の金額となっています。

従量料金
  使いたい放題 使った分だけ 北海道電力
~120kWh 0円 28.25円 23.54円
120~280kWh 29.72円
280~500kWh 33.37円
500kWh~ 27円

北海道電力、ピタでんの基本料金と従量料金を比較してみました。

ただ、これだけじゃ乗り換えるとどれくらいオトクになるのか分かりづらいですよね?

そこで、世帯人数や電力使用量別の料金を計算してみました!

【料金比較】ピタでん VS 北海道電力

北海道電力とピタでんの年間料金とその差額を計算してみました。

※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にして試算しています。

1人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 北海道電力
年間 168,000円 81,258円 88,640円
オトク額 ⇒79,360円損 ⇒7,382円お得  
2人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 北海道電力
年間 168,000円 124,515円 137,971円
オトク額 ⇒30,029円損 ⇒13,457円お得  
3人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 北海道電力
年間 168,000円 146,380円 167,817円
オトク額 ⇒183円損 ⇒21,437円お得  
4人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 北海道電力
年間 168,000円 150,618円 176,840円
オトク額 ⇒8,840円お得 ⇒26,223円お得  
5人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 北海道電力
年間 176,197円 178,077円 213,294円
オトク額 ⇒37,096円お得 ⇒35,217円お得  
6人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 北海道電力
年間 212,453円 216,011円 255,705円
オトク額 ⇒45,650円お得 ⇒42,092円お得  
ピタでんと北海道電力の料金プランまとめ
  • 「使いたい放題」:500kWhまで定額な分、そこまで電気を使わない家庭だと損しやすい。目安としては、ひと月に600kWh以上の電気を使う場合は、オトク!
  • 「使った分だけ」:北海道電力から乗り換えれば、無難に電気代を安くすることができる安定的な料金プラン。単身世帯~大家族まで幅広くオトクになる!

このようにプラン選びさえ間違えなければ、北海道電力よりも電気代は安くなるという結果になりましたね。

そこで次は実際にピタでん利用者の口コミや評判をまとめてみました。

⇒ピタでん利用者の口コミと評判はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

東北電力との比較

基本料金

東北電力など一般的な電力会社は契約アンペア数が大きくなるにつれて基本料金は高くなっていきます。

ピタでんの場合、「使いたい放題」は14,000円、「使った分だけ」は0円です。

基本料金
  使いたい放題 使った分だけ 東北電力
10A 13,000円 0円 324円
15A 486円
20A 648円
30A 972円
40A 1,296円
50A 1,620円
60A 1,944円

従量料金

東北電力など従来の電力会社の従量料金は3段階制になっています。

一方、ピタでんの従量料金ですが、「使いたい放題」は500kWhまで一切かかりません。

「使った分だけ」は一律の金額となっています。

従量料金
  使いたい放題 使った分だけ 東北電力
~120kWh 0円 25.25円 18.24円
120~280kWh 24.87円
280~500kWh 28.75円
500kWh~ 27円

東北電力、ピタでんの基本料金と従量料金を比較してみました。

ただ、これだけじゃ乗り換えるとどれくらいオトクになるのか分かりづらいですよね?

そこで、世帯人数や電力使用量別の料金を計算してみました!

【料金比較】ピタでん VS 東北電力

東北電力とピタでんの年間料金とその差額を計算してみました。

※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にして試算しています。

1人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 東北電力
年間 156,000円 72,629円 73,653円
オトク額 ⇒82,347円損 ⇒1,024円お得  
2人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 東北電力
年間 156,000円 111,292円 114,867円
オトク額 ⇒41,133円損 ⇒3,575円お得  
3人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 東北電力
年間 156,000円 130,835円 141,008円
オトク額 ⇒14,992円損 ⇒10,172円お得  
4人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 東北電力
年間 156,000円 134,623円 149,208円
オトク額 ⇒6,792円お得 ⇒14,585円お得  
5人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 東北電力
年間 164,197円 159,166円 181,041円
オトク額 ⇒16,844円お得 ⇒21,875円お得  
6人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 東北電力
年間 200,453円 193,072円 219,647円
オトク額 ⇒19,194円お得 ⇒26,575円お得  
ピタでんと東北電力の料金プランまとめ
  • 「使いたい放題」:500kWhまで定額な分、そこまで電気を使わない家庭だと損しやすい。目安としては、ひと月に700kWh以上の電気を使う場合は、オトク!
  • 「使った分だけ」:東北電力から乗り換えれば、無難に電気代を安くすることができる安定的な料金プラン。単身世帯~大家族まで幅広くオトクになる!

このようにプラン選びさえ間違えなければ、東北電力よりも電気代は安くなるという結果になりましたね。

そこで次は実際にピタでん利用者の口コミや評判をまとめてみました。

⇒ピタでん利用者の口コミと評判はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

東京電力との比較

基本料金

東京電力など一般的な電力会社は契約アンペア数が大きくなるにつれて基本料金は高くなっていきます。

ピタでんの場合、「使いたい放題」は12,000円、「使った分だけ」は0円です。

基本料金
  使いたい放題 使った分だけ 東京電力
10A 12,000円 0円 280.80円
15A 421.20円
20A 561.60円
30A 842.40円
40A 1,123.20円
50A 1,404.00円
60A 1,684.80円

従量料金

東京電力など従来の電力会社の従量料金は3段階制になっています。

一方、ピタでんの従量料金ですが、「使いたい放題」は500kWhまで一切かかりません。

「使った分だけ」は一律の金額となっています。

従量料金
  使いたい放題 使った分だけ 東京電力
~120kWh 0円 25.25円 19.52円
120~280kWh 26.00円
280~500kWh 30.02円
500kWh~ 27円

東京電力、ピタでんの基本料金と従量料金を比較してみました。

ただ、これだけじゃ乗り換えるとどれくらいオトクになるのか分かりづらいですよね?

そこで、世帯人数や電力使用量別の料金を計算してみました!

【料金比較】ピタでん VS 東京電力

東京電力とピタでんの年間料金とその差額を計算してみました。

※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にして試算しています。

1人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 東京電力
年間 144,000円 72,629円 75,564円
オトク額 ⇒68,436円損 ⇒2,935円お得  
2人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 東京電力
年間 144,000円 111,292円 118,622円
オトク額 ⇒25,378円損 ⇒7,330円お得  
3人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 東京電力
年間 144,000円 130,835円 145,227円
オトク額 ⇒1,227円お得 ⇒14,391円お得  
4人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 東京電力
年間 144,000円 134,623円 153,099円
オトク額 ⇒9,099円お得 ⇒18,477円お得  
5人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 東京電力
年間 152,197円 159,166円 185,648円
オトク額 ⇒33,451円お得 ⇒26,483円お得  
6人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 東京電力
年間 188,453円 193,072円 225,959円
オトク額 ⇒37,507円お得 ⇒32,888円お得  
ピタでんと東京電力の料金プランまとめ
  • 「使いたい放題」:500kWhまで定額な分、そこまで電気を使わない家庭だと損しやすい。目安としては、ひと月に500kWh以上の電気を使う場合は、オトク!
  • 「使った分だけ」:東京電力から乗り換えれば、無難に電気代を安くすることができる安定的な料金プラン。単身世帯~大家族まで幅広くオトクになる!

このようにプラン選びさえ間違えなければ、東京電力よりも電気代は安くなるという結果になりましたね。

そこで次は実際にピタでん利用者の口コミや評判をまとめてみました。

⇒ピタでん利用者の口コミと評判はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

中部電力との比較

基本料金

中部電力など一般的な電力会社は契約アンペア数が大きくなるにつれて基本料金は高くなっていきます。

ピタでんの場合、「使いたい放題」は12,000円、「使った分だけ」は0円です。

基本料金
  使いたい放題 使った分だけ 中部電力
10A 11,000円 0円 280.80円
15A 421.20円
20A 561.60円
30A 842.40円
40A 1,123.20円
50A 1,404.00円
60A 1,684.80円

従量料金

中部電力など従来の電力会社の従量料金は3段階制になっています。

一方、ピタでんの従量料金ですが、「使いたい放題」は500kWhまで一切かかりません。

「使った分だけ」は一律の金額となっています。

従量料金
  使いたい放題 使った分だけ 中部電力
~120kWh 0円 25.25円 20.68円
120~280kWh 25.08円
280~500kWh 27.97円
500kWh~ 27円

中部電力、ピタでんの基本料金と従量料金を比較してみました。

ただ、これだけじゃ乗り換えるとどれくらいオトクになるのか分かりづらいですよね?

そこで、世帯人数や電力使用量別の料金を計算してみました!

【料金比較】ピタでん VS 中部電力

中部電力とピタでんの年間料金とその差額を計算してみました。

※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にして試算しています。

1人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 中部電力
年間 132,000円 72,629円 75,913円
オトク額 ⇒56,087円損 ⇒3,284円お得  
2人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 中部電力
年間 132,000円 111,292円 116,649円
オトク額 ⇒15,351円損 ⇒5,357円お得  
3人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 中部電力
年間 132,000円 130,835円 141,668円
オトク額 ⇒9,668円お得 ⇒10,832円お得  
4人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 中部電力
年間 132,000円 134,623円 149,233円
オトク額 ⇒17,233円お得 ⇒14,610円お得  
5人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 中部電力
年間 140,197円 159,166円 179,789円
オトク額 ⇒39,592円お得 ⇒20,623円お得  
6人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 中部電力
年間 176,453円 193,072円 217,347円
オトク額 ⇒40,895円お得 ⇒24,276円お得  
ピタでんと中部電力の料金プランまとめ
  • 「使いたい放題」:500kWhまで定額な分、そこまで電気を使わない家庭だと損しやすい。目安としては、ひと月に450kWh以上の電気を使う場合は、オトク!
  • 「使った分だけ」:中部電力から乗り換えれば、無難に電気代を安くすることができる安定的な料金プラン。単身世帯~大家族まで幅広くオトクになる!

このようにプラン選びさえ間違えなければ、中部電力よりも電気代は安くなるという結果になりましたね。

そこで次は実際にピタでん利用者の口コミや評判をまとめてみました。

⇒ピタでん利用者の口コミと評判はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

北陸電力との比較

基本料金

北陸電力など一般的な電力会社は契約アンペア数が大きくなるにつれて基本料金は高くなっていきます。

ピタでんの場合、「使いたい放題」は12,000円、「使った分だけ」は0円です。

基本料金
  使いたい放題 使った分だけ 北陸電力
10A 11,000円 0円 237.60円
15A 356.40円
20A 475.20円
30A 712.80円
40A 950.40円
50A 1,188.00円
60A 1,425.60円

従量料金

北陸電力など従来の電力会社の従量料金は3段階制になっています。

一方、ピタでんの従量料金ですが、「使いたい放題」は500kWhまで一切かかりません。

「使った分だけ」は一律の金額となっています。

従量料金
  使いたい放題 使った分だけ 北陸電力
~120kWh 0円 25.25円 17.52円
120~300kWh 21.33円
300~500kWh 23.02円
500kWh~ 27円

北陸電力、ピタでんの基本料金と従量料金を比較してみました。

ただ、これだけじゃ乗り換えるとどれくらいオトクになるのか分かりづらいですよね?

そこで、世帯人数や電力使用量別の料金を計算してみました!

【料金比較】ピタでん VS 北陸電力

北陸電力とピタでんの年間料金とその差額を計算してみました。

※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にして試算しています。

1人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 北陸電力
年間 132,000円 72,629円 64,421円
オトク額 ⇒67,579円損 ⇒8,208円損  
2人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 北陸電力
年間 132,000円 111,292円 98,446円
オトク額 ⇒33,554円損 ⇒12,846円損  
3人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 北陸電力
年間 132,000円 130,835円 119,115円
オトク額 ⇒12,885円損 ⇒11,721円損  
4人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 北陸電力
年間 132,000円 134,623円 125,419円
オトク額 ⇒6,581円損 ⇒9,204円損  
5人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 北陸電力
年間 140,197円 159,166円 150,646円
オトク額 ⇒10,448円お得 ⇒8,520円損  
6人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 北陸電力
年間 176,453円 193,072円 181,557円
オトク額 ⇒5,104円お得 ⇒11,515円損  

このように北陸電力エリアでは、ピタでんを契約するとかなり損してしまうという結果になりました。

北陸電力エリアで最も電気代が安くなるのは、Looopでんきです。

Looopでんきはピタでんの「使った分だけ」プランと同じく、基本料金が0円ですが、従量料金は21円/kWhと破格の安さになっています。

電力使用量の多いご家庭の場合、北陸電力から乗り換えると年間2万円ほど電気代が安くなります。

「毎月の電気代をもっと安くしたい!」というあなたはLooopでんきを検討してみてはいかがでしょうか?

間違い
利用者が暴露するLooopでんき「おうちプラン」の評判・口コミネットでは人気のLooopでんきですが、実際に周りに利用している人ってなかなかいないですよね? 私は現在Looopでんきを契約して...

関西電力との比較

基本料金

関西電力エリアの基本料金は最低料金制をを採用しており、アンペア数がありません。

それぞれの基本料金は「使いたい放題」は12,000円、「使った分だけ」は0円、関西電力は334.82円です。

基本料金
使いたい放題 使った分だけ 関西電力
11,000円 0円 334.82円

従量料金

関西電力など従来の電力会社の従量料金は3段階制になっています。

一方、ピタでんの従量料金ですが、「使いたい放題」は500kWhまで一切かかりません。

「使った分だけ」は一律の金額となっています。

従量料金
  使いたい放題 使った分だけ 関西電力
~120kWh 0円 21円 19.95円
120~280kWh 25.33円
280~500kWh 28.76円
500kWh~ 23円

関西電力、ピタでんの基本料金と従量料金を比較してみました。

ただ、これだけじゃ乗り換えるとどれくらいオトクになるのか分かりづらいですよね?

そこで、世帯人数や電力使用量別の料金を計算してみました!

【料金比較】ピタでん VS 関西電力

関西電力とピタでんの年間料金とその差額を計算してみました。

※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にして試算しています。

1人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 関西電力
年間 132,000円 60,404円 65,539円
オトク額 ⇒66,461円損 ⇒5,134円お得  
2人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 関西電力
年間 132,000円 92,560円 107,094円
オトク額 ⇒24,906円損 ⇒14,535円お得  
3人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 関西電力
年間 132,000円 108,814円 129,354円
オトク額 ⇒2,646円損 ⇒20,541円お得  
4人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 関西電力
年間 132,000円 111,964円 133,668円
オトク額 ⇒1,668円お得 ⇒21,705円お得  
5人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 関西電力
年間 138,983円 132,376円 161,623円
オトク額 ⇒22,640円お得 ⇒29,248円お得  
6人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 関西電力
年間 169,867円 160,574円 200,242円
オトク額 ⇒30,375円お得 ⇒39,668円お得  
ピタでんと関西電力の料金プランまとめ
  • 「使いたい放題」:500kWhまで定額な分、そこまで電気を使わない家庭だと損しやすい。目安としては、ひと月に800kWh以上の電気を使う場合は、オトク!
  • 「使った分だけ」:関西電力から乗り換えれば、無難に電気代を安くすることができる安定的な料金プラン。単身世帯~大家族まで幅広くオトクになる!

このようにプラン選びさえ間違えなければ、関西電力よりも電気代は安くなるという結果になりましたね。

そこで次は実際にピタでん利用者の口コミや評判をまとめてみました。

⇒ピタでん利用者の口コミと評判はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

中国電力との比較

基本料金

中国電力エリアの基本料金は最低料金制をを採用しており、アンペア数がありません。

それぞれの基本料金は「使いたい放題」は12,000円、「使った分だけ」は0円、中国電力は334.82円です。

基本料金
使いたい放題 使った分だけ 中国電力
11,000円 0円 331.23円

従量料金

中国電力など従来の電力会社の従量料金は3段階制になっています。

一方、ピタでんの従量料金ですが、「使いたい放題」は500kWhまで一切かかりません。

「使った分だけ」は一律の金額となっています。

従量料金
  使いたい放題 使った分だけ 中国電力
~120kWh 0円 25.25円 20.40円
120~280kWh 26.96円
280~500kWh 29.04円
500kWh~ 27円

中国電力、ピタでんの基本料金と従量料金を比較してみました。

ただ、これだけじゃ乗り換えるとどれくらいオトクになるのか分かりづらいですよね?

そこで、世帯人数や電力使用量別の料金を計算してみました!

【料金比較】ピタでん VS 中国電力

中国電力とピタでんの年間料金とその差額を計算してみました。

※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にして試算しています。

1人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 中国電力
年間 132,000円 72,629円 68,404円
オトク額 ⇒63,596円損 ⇒4,225円損  
2人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 中国電力
年間 132,000円 111,292円 111,365円
オトク額 ⇒20,635円損 ⇒73円お得  
3人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 中国電力
年間 132,000円 130,835円 133,842円
オトク額 ⇒1,842円お得 ⇒3,007円お得  
4人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 中国電力
年間 132,000円 134,623円 138,198円
オトク額 ⇒6,198円お得 ⇒3,575円お得  
5人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 中国電力
年間 140,197円 159,166円 166,425円
オトク額 ⇒26,228円お得 ⇒7,259円お得  
6人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 中国電力
年間 176,453円 193,072円 205,420円
オトク額 ⇒28,967円お得 ⇒12,348円お得  
ピタでんと中国電力の料金プランまとめ
  • 「使いたい放題」:500kWhまで定額な分、そこまで電気を使わない家庭だと損しやすい。目安としては、ひと月に450kWh以上の電気を使う場合は、オトク!
  • 「使った分だけ」:中国電力から乗り換えれば、無難に電気代を安くすることができる安定的な料金プラン。単身世帯~大家族まで幅広くオトクになる!

このようにプラン選びさえ間違えなければ、中国電力よりも電気代は安くなるという結果になりましたね。

そこで次は実際にピタでん利用者の口コミや評判をまとめてみました。

⇒ピタでん利用者の口コミと評判はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

四国電力との比較

基本料金

四国電力エリアの基本料金は最低料金制をを採用しており、アンペア数がありません。

それぞれの基本料金は「使いたい放題」は12,000円、「使った分だけ」は0円、四国電力は334.82円です。

基本料金
使いたい放題 使った分だけ 四国電力
11,000円 0円 403.92円

従量料金

四国電力など従来の電力会社の従量料金は3段階制になっています。

一方、ピタでんの従量料金ですが、「使いたい放題」は500kWhまで一切かかりません。

「使った分だけ」は一律の金額となっています。

従量料金
  使いたい放題 使った分だけ 四国電力
~120kWh 0円 25.25円 20.00円
120~280kWh 26.50円
280~500kWh 29.95円
500kWh~ 27円

四国電力、ピタでんの基本料金と従量料金を比較してみました。

ただ、これだけじゃ乗り換えるとどれくらいオトクになるのか分かりづらいですよね?

そこで、世帯人数や電力使用量別の料金を計算してみました!

【料金比較】ピタでん VS 四国電力

四国電力とピタでんの年間料金とその差額を計算してみました。

※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にして試算しています。

1人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 四国電力
年間 132,000円 72,629円 69,072円
オトク額 ⇒62,928円損 ⇒3,557円損  
2人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 四国電力
年間 132,000円 111,292円 112,435円
オトク額 ⇒19,565円損 ⇒1,143円お得  
3人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 四国電力
年間 132,000円 130,835円 135,616円
オトク額 ⇒3,616円お得 ⇒4,781円お得  
4人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 四国電力
年間 132,000円 134,623円 140,108円
オトク額 ⇒8,108円お得 ⇒5,486円お得  
5人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 四国電力
年間 140,197円 159,166円 169,220円
オトク額 ⇒29,023円お得 ⇒10,054円お得  
6人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 四国電力
年間 176,453円 193,072円 209,437円
オトク額 ⇒32,984円お得 ⇒16,365円お得  
ピタでんと四国電力の料金プランまとめ
  • 「使いたい放題」:500kWhまで定額な分、そこまで電気を使わない家庭だと損しやすい。目安としては、ひと月に450kWh以上の電気を使う場合は、オトク!
  • 「使った分だけ」:四国電力から乗り換えれば、無難に電気代を安くすることができる安定的な料金プラン。単身世帯~大家族まで幅広くオトクになる!

このようにプラン選びさえ間違えなければ、四国電力よりも電気代は安くなるという結果になりましたね。

そこで次は実際にピタでん利用者の口コミや評判をまとめてみました。

⇒ピタでん利用者の口コミと評判はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

九州電力との比較

基本料金

九州電力など一般的な電力会社は契約アンペア数が大きくなるにつれて基本料金は高くなっていきます。

ピタでんの場合、「使いたい放題」は12,000円、「使った分だけ」は0円です。

基本料金
  使いたい放題 使った分だけ 九州電力
10A 12,000円 0円 291.60円
15A 437.40円
20A 583.20円
30A 874.80円
40A 1,166.40円
50A 1,458.00円
60A 1,749.60円

従量料金

九州電力など従来の電力会社の従量料金は3段階制になっています。

一方、ピタでんの従量料金ですが、「使いたい放題」は500kWhまで一切かかりません。

「使った分だけ」は一律の金額となっています。

従量料金
  使いたい放題 使った分だけ 九州電力
~120kWh 0円 25.25円 17.19円
120~280kWh 22.69円
280~500kWh 25.63円
500kWh~ 27円

九州電力、ピタでんの基本料金と従量料金を比較してみました。

ただ、これだけじゃ乗り換えるとどれくらいオトクになるのか分かりづらいですよね?

そこで、世帯人数や電力使用量別の料金を計算してみました!

【料金比較】ピタでん VS 九州電力

九州電力とピタでんの年間料金とその差額を計算してみました。

※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にして試算しています。

1人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 九州電力
年間 144,000円 72,629円 67,843円
オトク額 ⇒76,157円損 ⇒4,786円損  
2人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 九州電力
年間 144,000円 111,292円 104,960円
オトク額 ⇒39,040円損 ⇒6,332円損  
3人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 九州電力
年間 144,000円 130,835円 128,273円
オトク額 ⇒15,727円損 ⇒2,562円損  
4人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 九州電力
年間 144,000円 134,623円 135,641円
オトク額 ⇒8,359円損 ⇒1,018円お得  
5人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 九州電力
年間 140,197円 159,166円 164,052円
オトク額 ⇒11,855円お得 ⇒4,887円お得  
6人世帯
  使いたい放題 使った分だけ 九州電力
年間 176,453円 193,072円 198,468円
オトク額 ⇒10,016円お得 ⇒5,397円お得  
ピタでんと九州電力の料金プランまとめ
  • 「使いたい放題」:500kWhまで定額な分、そこまで電気を使わない家庭だと損しやすい。目安としては、ひと月に500kWh以上の電気を使う場合は、オトク!
  • 「使った分だけ」:九州電力から乗り換えれば、無難に電気代を安くすることができる安定的な料金プラン。単身世帯~大家族まで幅広くオトクになる!

このようにプラン選びさえ間違えなければ、九州電力よりも電気代は安くなるという結果になりましたね。

そこで次は実際にピタでん利用者の口コミや評判をまとめてみました。

ピタでん利用者の口コミや評判

電気代が安くなる

やはり今までの電気料金よりも安くなるという口コミや意見が多かったです。

先ほど解説した通り、どの地域でも電気料金が今までよりも安くなる可能性があります。

6kVA(60A)以上の契約がない

一般家庭にはあまり関係のない話ですが、電化製品の多いご家庭や個人商品などの場合、一般家庭向けの料金プランだと60Aまでしかないので、それを超えた電気契約を結ぶ場合が多いです。(東京電力の場合、従量電灯Cプラン)

残念ながらピタでんには、6kVA(60A)以上の料金プランがありません。

申し込み前に知っておきたいピタでんのデメリット

今までよりも電気代や安くなるピタでんですが、メリットだけでなく、デメリットももちろんあります。

申し込み前に「失敗した!」とならないように確認しておきましょう。

解約時に違約金がかかる

ピタでんには契約期間が1年と決まっています。

そのため、1年以内に解約をすると、解約違約金として2,000円(税抜き)がかかります。

1年以内に別の電力会社に乗り換える可能性がある場合は、避けたほうがいいでしょう。

申し込みはネットのみ

新電力会社には多いですが、ピタでんの申し込み方法はネットのみです。

そのため、お電話での申し込みや窓口はありません。

支払い方法は2種類

今までのようにコンビニ支払いには対応しておらず、

  • クレジットカード
  • WEB口座振替(振替日は毎月27日)

の2つの支払い方法のみになっています。

また、検針票(領収書・請求書)の発行はしておらず、全てWEB上で確認するのみとなっています。

北陸電力エリアはかなり損

料金シミュレーションをしてみたところ、北陸電力エリアの場合、かなり損になるという結果になりました。

まとめ:値段的には優秀なピタでん、だがしかし…

今回はピタでんの料金やサービス、口コミなどを調べてみましたが、料金面に関してはかなり優秀な電力会社かと思います。

しかし、「初心者でもわかる!電力会社の選び方」でも解説しているとおり、電力会社の切り替え時にかかる違約金がネックです。

電力会社は契約者の意思に反して、好きに電気代の値上げを行うことができます。

そのため、現在最安値の電力会社が半年後や1年後には、そこまでオトクじゃなくなってしまったということもよくあります。

そんな時に、違約金がかかってしまうと、乗り換えるのも難しいですし、トータルで見るとマイナスになってしまうなんてことも・・・

なので、電力会社の変更が初めてなあなたは

違約金がかからない」、かつ「料金も安い」電力会社

を選ぶべきです!

電力会社の値段は移り変わりが激しいですからね。

今が安いだけでなく、長期的に考えておく必要があります。

解約金のかからない人気電力会社ランキングはこちらに掲載しています。

合わせて読みたい

ピタでんに料金プランが似ている「Looopでんき」の料金や評価をまとめてあります。

間違い
利用者が暴露するLooopでんき「おうちプラン」の評判・口コミネットでは人気のLooopでんきですが、実際に周りに利用している人ってなかなかいないですよね? 私は現在Looopでんきを契約して...
2ステップで電力会社を一括比較
全国の電力会社を一括比較