HTBエナジー
結論!HTBエナジー(HISでんき)は一人暮らしこそぴったりの電力会社だった

結論!HTBエナジー(HISでんき)は一人暮らしこそぴったりの電力会社だった

電力自由化は消費電力の多い家庭ばかり得すると思っていませんか?

実は一人暮らしの方でも電力会社を変更するだけで、毎月の電気代を今より5%も安くすることができます。

しかも、切電などもせず、今までと同じ使い方で電気代をお得にできます。

数ある電力会社の中でももっとも一人暮らしに適しているのが、HTBエナジー(HISでんき)です。

自分の電力使用量に合わせて、最適な契約プランを選択できさえすれば、他の電力会社と比較してもかなりお得な料金プランと言える結果となりました。

HTBエナジー(HISでんき)の料金プランと他社との料金比較

HTBエナジー(HISでんき)は現在ご利用中の地元の電力会社よりも5%電気代が安くなるのが、一番の特徴です。

毎月の電気代は大まかに

基本料金+従量料金(電力量料金)×電力使用量

で計算されます。

用語説明・基本料金:必ず支払わないといけない最低料金
契約アンペア数が上がるほど料金は高くなる
・従量料金(電力量料金):1kWhあたりの単価

例として東京電力とHTBエナジー(HISでんき)を比較すると、その差は一目瞭然です。

基本料金

基本料金
  東京電力 HTBエナジー(HISでんき)
ウルトラ30 東京 ウルトラ40 東京 プライム50・60 東京 HIS旅トクコース
30A 858.00円 815.10円
40A 1,144.00円 1,052.48円 1,044.00円
50A 1,430.00円 715.00円 1,330.00円
60A 1,716.00円 858.00円 1,616.00円

従量料金

従量料金
  東京電力 HTBエナジー(HISでんき)
ウルトラ30 東京 ウルトラ40 東京 プライム50・60 東京 HIS旅トクコース
0~120kWh 19.88円 18.89円 18.29円 23.54円 20.90円
121~300kWh 26.48円 25.16円 24.37円 23.54円 25.69円
301kWh~ 30.57円 29.04円 28.13円 23.54円 29.04円

このように基本料金、従量料金ともに5%~8%安くなっています。

今回は一例として東京電力を挙げましたが、もちろん、北海道電力、東北電力、北陸電力、中部電力、関西電力、四国電力、中国電力、九州電力エリアの方も今までよりも5%は必ず安くなります。

↓↓各電力会社とHTBエナジー(HISでんき)の料金比較はこちら↓↓

◆一律5%割引のシンプルプランが大好評! H.I.S.でんきで「オトク」◆

他社との比較

では人気の電力会社とHTBエナジー(HISでんき)の料金を比較をしてみましょう。

全国の一人暮らしの方の契約アンペア数と月間平均使用量は総務省の家庭調査の結果によると、

  • 30A
  • 239.7kWh

です。

これを元に計算してみたデータがこれです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

  月額 年間
HTBエナジー(HISでんき)
(ウルトラ30 東京)
6,094円 73,123円
ENEOSでんき 6,181円 74,172円
東京ガス 6,164円 73,973円
東急でんき 6,331円 75,968円
Looopでんき 6,328円 75,937円
東京電力 6,413円 76,959円

あくまで全国平均なので、季節や地域によって多少は異なるかと思いますが、HTBエナジー(HISでんき)が最安値となりました。

特に地元の電力会社である東京電力とは、年間で約4,000円ほどお得になるという結果になりました。

HTBエナジー(HISでんき)は生活スタイルに合わせた料金プランが充実!

HTBエナジー(HISでんき)は料金プランが充実してきており、先ほどの一人暮らしの料金よりもさらに安くなるプランが用意されています。

ママトクプラン・朝ママトクプラン

HTBエナジー(H.I.Sでんき)のママトクプラン・朝ママトクプラン

ママトクプラン

  • ママトクプラン:19~21時の電気代が無料
  • 朝ママトクプラン:6~8時の電気代が無料


一人暮らしの方の多くは、仕事から帰ってきて料理や洗濯をかけることが多いですよね。

ママトクプランを選べば仕事から帰って来た時間帯はちょうど電気代は0円です。

また夜勤から帰ってきた方や朝に全ての家事を終える方なら朝ママトクプランを使えば、電気使用量の多い時間帯の電気代は0円です。

このようにそれぞれの生活サイクルに合ったコースを選ぶことができます。

「ママ」と書いてありますが、別にお母さんじゃなくても大丈夫です(笑)

このママトクプランは基本料金は2倍になりますが、うまく使えば

先ほど計算した一人暮らしの平均料金の

  月額 年間
HTBエナジー(HISでんき)
(ウルトラ30 東京)
6,094円 73,123円

よりもさらに安くなりますね!

このほかにも、HISでんきならではの「HIS旅トクコース」などお得で特徴のある料金プランが用意されているので、ぜひ一度HISでんきのサイトで料金シミュレーションをしてみましょう。

使いすぎには注意!自分の電気使用量に合わせて最適な料金プランを選ぼう

HTBエナジー(HISでんき)は一人暮らし分の電気使用量ならお得なのですが、使いすぎてしまうと他の電力会社のほうがお得になります。

例えば、6人家族でLooopでんきとHTBエナジーを利用した場合のシミュレーション結果がこちらです

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • 60A
  • 637.2kWh
  月額 年間
Looopでんき 16,822円 201,865円
自然電力のでんき
(SEデビュー)
15,684円 188,209円
HTBエナジー
(ウルトラ30 東京)
17,403円 208,836円
HTBエナジー
(プライム50・60 東京)
15,858円 190,292円

このようにHTBエナジーは一人暮らし用の少ない電力使用量ではお得ですが、一人暮らし用の契約プランだと電力使用量が多いときには他社より損をしてしまします。

HTBエナジーと契約する場合は、自分の電力使用量に合わせた契約プランを選択するようにしましょう。特に一人暮らしでもエアコンや暖房をたくさん使う方は契約プランや電気の使い方に注意が必要です。

1年以内で解約すると損する結果に

HTBエナジーとの契約は1年間の縛りがあります。

もし1年以内に解約するとなると、違約金として2,000円+消費税を支払わなければなりません。

ケータイ電話会社と違って更新月以外ではなく、1年を過ぎたらいつ解約しても違約金はかかりません。

そのため、HTBエナジーと契約する場合は、1年間は他社への乗り換えや解約の必要がない場合のみにしましょう。

一人暮らしならHTBエナジーが確実にお得です

HTBエナジーは自分の電力使用量に合わせた最適な契約プランさえ選択できれば、他社の料金プランと比べてもかなりお得な料金プランだと言えます。

基本料金、従量料金とも5%〜8%安くなりますし、ママトクプランをうまく使えば、一人暮らしでも年間で5,000~10,000円ほどは節約することが可能になります。

「今までよりも確実に電気代を安くしたい」

「一人暮らしの光熱費を抑えたい」

という方には特におすすめしています。

現在、公式サイトでは「夏トクキャンペーン2018」を行っています。キャンペーン期間内に申し込むと、Amazonギフト券5,000円分がプレゼントされます。キャンペーン期間は、2018年6/1~7/31までとなっているので、お早めに申し込むとお得になりますね。

現在、公式サイトでは「50・60アンペア限定!プライムプラン新規契約で電気代初月分半額キャンペーン」を行っています。

キャンペーン期間内に対象プランに申し込むと、初月分の電気代が半額にされます。

キャンペーン期間は、2020年3月16日~2020年4月30日までとなっているので、一人暮らしでも使用電力が多い方はこちらのキャンペーンもぜひご検討してみてください。⇒キャンペーンは終了しました

◆一律5%割引のシンプルプランが大好評! H.I.S.でんきで「オトク」◆

2ステップで電力会社を一括比較
全国の電力会社を一括比較