HTBエナジー

違約金あり!?HTBエナジー解約手続き方法をパターン別に解説

電力自由化で色々な電力会社が選べるようになりました。

HTBエナジーはハウステンボスで作られた自家発電エネルギーを利用し、各地域の電気代よりも5%値引きされたシンプルな料金プランで人気です。

しかし、HTBエナジーには違約金がかかるパターンがあるのです。

既にHTBエナジーを契約している方

これからHTBエナジーの契約を検討している方

は注意して読んでみてくださいね。

HTBエナジーの解約方法

HTBエナジーの解約方法ですが、状況や場合によって手続き方法が変わってきます。

他社へ乗り換える場合

HTBエナジーから他社に乗り換える場合、特に解約手続きは必要ありません

新しい電力会社と契約するとその電力会社があなたに代行して解約手続きを行ってくれます。

そのため、わざわざ解約手続きを行う必要はありません。

引っ越しをする場合

HTBエナジーを引っ越し先でも引き続き利用したい場合、一度解約して再契約する必要はありません。

引っ越し先でも契約した状態で引き続き、利用することができます。

引っ越し時の手続き方法ですが、電話での連絡が必要になります。

  • 契約者名などの契約時の情報
  • 引っ越し先の住所

をあらかじめ控えておいてから電話連絡をしましょう。

連絡先はHTBエナジーお客様センターです。

HTBエナジーお客さまセンター050-3852-1193
受付時間:平日10:00~18:00

本契約自体の解約

建物の解体に伴う電気の停止や引っ越し先で別の電力会社を使うなど、
契約中の住所自体で電気を使わない場合、本契約自体の解約手続きが必要です。

この場合、お客様センターへの電話連絡が必要になります。

HTBエナジーお客さまセンター050-3852-1193
受付時間:平日10:00~18:00

HTBエナジーは違約金がかかる

HTBエナジーは契約から1年未満に解約すると、違約金として2,000円+消費税がかかります。

新電力会社の多くが違約金・解約金0円なのに対してHTBエナジーは高めに設定されています。

契約から1年以上経過した場合、切り替え時に費用はかかりません。

もし、HTBエナジーから他社に乗り換えるなら1年待ってから解約をするようにするといいでしょう。

2ステップで電力会社を一括比較
全国の電力会社を一括比較