地域別おすすめ電力会社

電力自由化徹底比較!熊本県でおすすめな電力会社ランキング

電力自由化熊本
でんこちゃん
でんこちゃん
テレビのCMを見て、電力自由化を知ったけど、本当に安くなるのかなぁ…
でんこちゃん
でんこちゃん
ずっと大手電力会社だから、乗り換えるのは抵抗あるなぁ…

現在、電力自由化が開始されたことがテレビCMなどで多く取り上げられ、1度は耳にしたことがあると思います。

それにより、電力会社の選択肢が増えましたが、電力自由化のメリットなど良く知らないという方もいますよね。

また、契約内容を良く確認せず、乗り換えに失敗したという人もいます。

せっかくお得に電気を使えるチャンスを逃すのは勿体無いですよね。

そこでこの記事では、

  • 熊本県で人気な電力会社ランキング
  • 新電力会社に乗り換えた場合の料金シミュレーション
  • 初心者向けの電力会社の選び方

を分かりやすく解説しています。

まずは、電力会社の料金プランを一括比較しよう!

全国には現在543の電力事業者が存在しています。(参考:登録小売電気事業者一覧|資源エネルギー庁)

そのため、どの電力会社を選ぶのがあなたにとって一番オトクなのか分からなくなってきているのが現状です。

そこで、まずは全国の電力会社を一括比較してみましょう!

あなたのご家庭の電力使用量や契約アンペア数を入力すれば、料金プランを一括比較できます。

ご契約中の電力会社
契約アンペア数
※関西 中国 四国 沖縄はアンペアの入力は不要です。

電気の使用量(kWh)
kWh
何月の請求書ですか?

でんき君
でんき君
シミュレーション方法には、毎月電力会社から送られてくる検針票(電力ご使用量のお知らせ)を使います。
シミュレーション手順
  1. 現在ご契約中の電力会社を選択
  2. 現在の契約アンペア数(○○A)を選択
  3. 電力使用量(○○kWh)を入力
  4. 検針票の請求月(○月)を選択
  5. 【料金シミュレーションする】をクリック

必要な条件をすべて入力してシミュレーションすると、

  • あなたの年間電気代
  • 電力会社を乗り換えたら年間でどれだけ安くなのか?

を一括比較することができます。

また、候補に出てきた電力会社についての口コミや評判、申込み時に知っておきたいチェックポイントも同時にまとめてあるので、是非ともご活用ください!

熊本県人気電力会社ランキング

熊本県エリアで利用できる人気の新電力会社をランキング形式でまとめてみました。

世帯人数別料金シミュレーション

世帯

九州電力の基本プラン(従量電灯A)から新電力へ乗り換えると具体的にどれくらいお得になるのか世帯人数別にシミュレーションしてみました。

新電力の対応エリア(市区町村)

熊本県は全域が九州電力管轄エリアとなっており、以下の市区町村が対応エリアとなっています。

熊本市、八代市、人吉市、荒尾市、水俣市、玉名市、山鹿市、菊池市、宇土市、上天草市、宇城市、阿蘇市、天草市、合志市、下益城郡美里町、玉名郡玉東町、玉名郡南関町、玉名郡長洲町、玉名郡和水町、菊池郡大津町、菊池郡菊陽町、阿蘇郡南小国町、阿蘇郡小国町、阿蘇郡産山村、阿蘇郡高森町、阿蘇郡西原村、阿蘇郡南阿蘇村、上益城郡御船町、上益城郡嘉島町、上益城郡益城町、上益城郡甲佐町、上益城郡山都町、八代郡氷川町、葦北郡芦北町、葦北郡津奈木町、球磨郡錦町、球磨郡多良木町、球磨郡湯前町、球磨郡水上村、球磨郡相良村、球磨郡五木村、球磨郡山江村、球磨郡球磨村、球磨郡あさぎり町、天草郡苓北町

損しない!賢い電力会社の選び方

電力会社を乗り換える際に重要な4つのポイントをまとめてみました。

料金の安いプランの電力会社を選択する

電力自由化の一番の目玉はなんと言っても電気代が安くなることです。

ただし、料金プランは各電力会社ごとに提示価格・プランは異なり、どのテレビCMやホームページを見てもどの企業が安いのかを見分けるのは簡単ではありません。

  • 生活リズム
  • 世帯人数
  • 消費量電力

を全部含めて比較して、各家庭の目的に合い、さらに最安の電力会社を選択しましょう。

自社で発電所を所有している電力会社を選択する

新電力会社は以下の2つに分けることができます。

  1. 自社で発電所を所有している企業
  2. 自社で発電所を所有していない企業

自社発電する事ができない企業は「日本卸電力取引所(JEPX)」から電力を購入して、各家庭に届けています。(日本卸電力取引所・・・全国各地の発電所で発電された余剰な電力を、各電力会社に販売している日本唯一の電力取引市場)

そのため、発電するために必要な燃料費の価格が上がると、電力を仕入れる時の費用も値上がりし、電力供給が不足する恐れがあることも考えられます。

そうなると、止むを得ず電気代を引き上げなければ運営を継続することがいけません。

一方、自社で発電・販売を行う企業は自社発電所を保有しています。

そのため、

  • 安全性が高い
  • 電気代の増減が少ない

という利点が2つあります。

自社発電所を所有している電力会社の多くは、再生可能なエネルギー(水力、風力、太陽光、地熱、バイオマス)を利用しているため、電気代が燃料費の値上がりに影響されることはほとんどありません。

また、大手である九州電力に頼っていないため、発電所で事故が起きしまっても電力供給が安定してできる見込みがあります。

そのため、自社発電所を所有しており、出来る限り再生可能エネルギーを使用した電力会社と契約をするようにしましょう。

違約金の請求が解約時にない電力会社を選択する

現在、電気代は電力自由化が始まった事で、企業同士による価格競争が盛り上がり、どんどん安くなっています。

もし、契約期間や違約金による縛りがあると、よりお得な電力会社が出てきたとき乗り換えがすぐに出来ません。

また、解約時に違約金の請求があると、約1,000円~6,000円を支払わないと解約の手続きに移れず、乗り換えが遅れてしまいます。

そのため、お得な電力会社にいつでも変更できるように違約金の請求がない電力会社を選択しましょう。

人気のあり、契約件数が多い電力会社を選択する

至極当たり前かもしれませんが、契約件数が多く、人気のある新電力会社と契約することが、安い料金で電気代を長く利用するコツです。

現在、人気のある電力会社と人気のない電力会社の二つに分かれ始めています。

不人気で、少ない契約件数の電力会社には倒産する危険性があります。

九州電力のように大手でない新電力会社は、国からの支えがないため、現に廃業になった電力会社はいくつかあります。

過去に倒産、撤退した企業

福島電力、大東エナジー、日本ロジテック、オリックス電力など

万が一、契約をした電力会社が潰れても、「バックアップ契約」(九州電力が受け入れ救済してくれる制度)があるので、停電なったり、急に電気が使えなくなるといった心配はありませんが、料金はこれまで支払っていた代金に戻ってしまいます。

しかし、経営の基盤もしっかり整っている人気の電力会社であれば、その心配も無くなり、経営も長く見込むことができます。

熊本県の部門別電力使用量

熊本県の電力使用量は13,916万kwhで全国で27位の使用量です。

部門別に分けると、

  • 産業部門:6,017万kwh
  • 家庭部門:4,218万kwh
  • 業務他:3,681万kwh

となっています。

熊本県の電力使用量

熊本県は電子部品や輸送用機械を中心とした産業が有名ということもあり、産業部門の電力使用量の割合が相対的に多くなっています。

一方、熊本県の家庭部門と業務他の電力使用量はほぼ同じくらいで、相対的には家庭部門が多くなっていますが、今後、第3次産業の発展が見込まれるので、業務他の電力使用量が多くなると予想されます。

参考:都道府県データランキング(2014年データより)

熊本県の発電所事情

現在熊本県には合わせて319の発電所が稼働中です。

主な発電方式は

  1. 火力発電
  2. 水力発電
  3. 太陽光発電
  4. 風力発電

となっています。

主要な発電所一覧

火力発電所

苓北発電所、東部環境工場、八代工場バイオマス発電所、荒尾バイオマス発電所、西部環境工場など

水力発電所

大平発電所、黒川第一発電所、緑川第一発電所、瀬戸石発電所、内谷第一発電所など

太陽光発電

CS益城町発電所、矢護山発電所、太陽光発電所、ソフトバンク熊本荒尾ソーラーパーク、芦北太陽光発電所など

風力発電

阿蘇にしはらウィンドファーム、阿蘇おぐにウィンドファーム、阿蘇車帰風力発電所、うぶやま牧場風力発電所、二江漁港漁業集落環境整備工事など

熊本県は天草にある苓北発電所という、海外炭を燃料とする石炭専焼の火力発電所が中心となって発電を行っています。

熊本県は再生可能エネルギーを使った発電が増加しており、特に水力発電と太陽光発電が熊本県には多く存在します。

また、バイオマスを利用した発電も行っており、熊本県の豊かな自然の恵みを生かした発電が行われています。

参考:熊本県の発電所一覧地図・ランキング|エレクリカル・ジャパン

まとめ

電力会社の乗り換えは、

  • 自然エネルギーを使った環境にやさしい電気を使える
  • 何も気にしなくても電気代が安くなる
  • ポイント付与によるこれまでに無かった新サービスが受けられる

といった良い点が沢山あります。

電力会社を乗り換えることで、今までは無かったサービスを受けられたり、自然エネルギーで発電された電気を使えるので、私たちだけでなく地球にも良いことだらけです。

乗り換え時期が遅くなればなるほど、損していくのが電力自由化の特徴です。

乗り換えの手続きがダルいからといって、いつまで経っても九州電力と契約していてもお得なことはありません。

電力会社を乗り換えるタイミングが早ければ早いほど、安い料金で利用でき、節約にもなることが一番の目玉です。

良心的な電力会社の知識と選び方を身につけ、少しでも電気代を安くしましょう!

2ステップで電力会社を一括比較
全国の電力会社を一括比較