ガス会社
都市ガスはレモンガス!じゃあ電気は?一緒に使うと光熱費を節約できる電力会社

レモンガスの都市ガスわくわくプランと一緒に使いたい新電力会社

都市ガスはレモンガス!じゃあ電気は?一緒に使うと光熱費を節約できる電力会社

「都市ガスはレモンガスで契約する予定だけど、1番お得な電気はどれなんだろう?」とお悩みではありませんか。

この記事では、レモンガスとあわせて利用すると、かなりの光熱費を節約できるおすすめの自由化電気を紹介しています。

また、レモンガスの電力セット割引が実際のところどれくらいお得なのか、料金比較も行っています。レモンガスと一緒に使うとお得な電気会社をお探しの方は、ぜひ参考にしてください。

レモンガスで電気をセット契約すると割引になるが…

レモンガスの都市ガスには、電気とセットで契約すると料金が安くなる割引プランが用意されています。

レモンガスの電力セット割引の詳細は、東京電力の「プレミアムプランS/L」とセット契約すると、月々101円が割引になるというもの。

たしかに何も割引がないよりはマシかもしれません。しかし正直なところ、電気とガスをセットにして月々101円というのは、割引額が少なすぎますよね。

それに、何より東京電力のプレミアムプランは、毎月の電気料金が平均17,000円以上の世帯を対象としたプランです。毎月17,000円の電気代を使用するのは、6人以上などの大人数の世帯くらいなもの。

つまり、レモンガスの電気セット割引は全くお得ではないプランなんです!

別で新電力を契約した場合と料金を比較

こちらでは、実際にレモンガスの電気セットがお得になるのかどうか、検証してみましょう。

レモンガスの電気セット割引で安くなる金額と、別で自由化電気を契約した場合に安くなる金額を比べてみましょう。

比較する自由化電気は、口コミで人気のある「Looopでんき」と、ガソリンスタンドで有名な「ENEOSでんき」の2社です。

レモンガス電力セット割引と新電力の料金比較表(どれくらい安くなるか)
年間料金シミュレーション(東京電力比)
世帯人数 レモンガスの電力セット割 Looopでんき+レモンガス ENEOSでんき+レモンガス
1人 -1,112 -1,890 -4,719
2人 -1,318 -5,342 -10,214
3人 -1,880 -12,385 -14,314
4人 -1,995 -16,473 -15,114
5人 -2,372 -24,127 -19,933
6人 -2,587 -29,740 -26,284

※単位:円

このように、レモンガスの電気セット割引よりも、別で自由化電気を契約する方がはるかにお得額が大きくなることがわかります。

6人世帯の場合はレモンガスとLooopでんきを契約することで、年間で約30,000円もお得になるのです。

レモンガスの対象エリアで契約できるおすすめ電気会社

先ほどのお得額シミュレーションで、レモンガスの電気セット割引がイマイチお得ではないことがわかりましたね。

こちらでは、レモンガスのサービス対象エリアである関東地方で契約できる、おすすめの自由化電気を紹介します。

Looopでんき

Looopでんき

レモンガスの対象エリアで特におすすめの電気会社は、Looopでんきです。Looopでんきは、基本料金が0円に設定され、従量料金のみのシンプルな料金体系で評判の高い電気会社です。

20万世帯以上(2020年3月時点)の契約件数を誇るため、自由化電気の不安要素である倒産や撤退のリスクが低めです。

またLooopでんきの特徴として、万が一に電気トラブルが発生した際のかけつけサービスが無料である点が挙げられます。料金の安さ・明朗さだけではなく、サポート面でも安心の自由化電気となっています。

レモンガスとあわせて契約する自由化電気を探している方は、ぜひご検討ください。

あしたでんき

あしたでんき

レモンガスの対象エリアで契約できるおすすめの電気会社として、あしたでんきがあります。あしたでんきには、先ほどのLooopでんきと同じく、基本料金0円で従量料金のみのプランが用意されています。

現在全国にはたくさんの自由化電気がありますが、あしたでんきの従量料金は業界最安級です。Looopでんきのようなかけつけサービスはありませんが、料金の安さだけでも、十分にレモンガスとセットで検討する価値はあるでしょう。

あしたでんきを運営する企業は、東京電力の子会社であるため、倒産や撤退のリスクが低いことも特徴です。レモンガスの電気セット割引を利用するよりお得になるのは間違いないので、ぜひ切り替えの検討対象に加えてみてください。

自然電力のでんき

自然電力のでんき

エコロジーや環境問題に興味のある方へおすすめなのが、自然電力のでんきです。自然電力のでんきは、全国70ヶ所以上に発電所をつくり、風力発電や水力発電などのクリーンエネルギーを提供している電気会社。

レモンガスの対象エリアである関東にてサービスを提供しているだけでなく、その他の地域でも全国的にサービスを展開しています。

自然電力のでんきでは3種類の料金プランが用意され、プランによって自然エネルギーの割合が異なります。ご家庭がどれくらい自然エネルギーに協力したいのかによって、選ぶといいでしょう。

親指でんき

親指でんき

レモンガスのサービスエリアで契約できる親指でんきは、特に口座振替で電気代を支払いたい方におすすめの電力会社。多くの自由化電気がクレジットカードでの支払いのみに限定されている一方、親指でんきはクレカでも口座振替でも支払いが可能です。

料金体系は、基本料金が0円で従量料金のみの価格設定。電気料金の安さは最安とまではいきませんが、比較的リーズナブルであるため、レモンガスの電力セット割引を利用するよりは光熱費が抑えられるでしょう。

楽天でんき(楽天エナジー)

楽天でんき

特に楽天カード会員がレモンガスとあわせて検討したい電気会社、それが楽天でんき(楽天エナジー)です。レモンガスの対象エリアでの契約が可能であり、電気料金200円ごとに楽天スーパーポイントが1ポイント貯まる仕組みです。

また、楽天エナジーの支払いを楽天カードにすると、100円で1ポイントが貯まるようになります。楽天カードを持っている方は、ぜひレモンガスとあわせて検討したいところです。

HISでんき(HTBエナジー)

HISでんき

レモンガスの対象エリアで契約できるHISでんきは、大手旅行会社であるHISが提供する自由化電気です。旅行好きの方におすすめのサービスであり、HISの国内旅行・海外旅行が1人あたり最大3,000円割引になります。

また、「旅トクコース」と呼ばれる独自の電気料金プランを用意しており、HISでの旅行回数が多い方ほどお得になる仕組みです。

ただしHISでんきでは、新規契約から1年未満で解約する場合、2,000円の違約金が発生します。レモンガスとあわせて検討する際、そのデメリットだけは注意しましょう。

本気で光熱費を節約するならガスも見直した方がいいかも?

これまでにはレモンガスを契約する前提で話を進めてきましたが、本気で光熱費を節約したいのであれば、レモンガスよりもお得なガス会社を探してみるのはいかがでしょうか。

実際、利用シーンにもよりますがレモンガスの都市ガスは関東エリアで最安というわけではなく、他の自由化都市ガスに変更する方が安くなるケースがあります。

また、レモンガスのセット割引はそれほどお得ではありませんでしたが、他社の電気セット契約にはかなりお得なプランもあります。

もしあなたが本気で光熱費を節約したいのであれば、おまかせ電気・ガスコンシェルジュで我が家に最適な組み合わせを紹介してもらうのがおすすめ。

登録不要・完全無料で利用でき、電気とガスの複雑な料金プランをしっかり比較して、一人ひとりのくらしに最適な電気とガスの組み合わせを提案してくれます。

WEBならたった1分で簡単に手続きができるので、まずはお気軽に電気・ガスおまかせコンシェルジュへ問い合わせてみてはいかがでしょうか?

⇒電気とガスのおまかせコンシェルジュはこちら

登録不要/完全無料【おまかせ電気・ガスコンシェルジュ】あなたに最適なプランで電気・ガスが100%今よりお得に! 「電気だけ」「ガスだけ」のご利用も大歓迎です!
登録不要/完全無料【おまかせ電気・ガスコンシェルジュ】あなたに最適なプランで電気・ガスが100%今よりお得に! 「電気だけ」「ガスだけ」のご利用も大歓迎です!

まとめ:光熱費の節約はプロに相談するのが1番の近道!

この記事では、レモンガスと一緒に利用するとお得な電気会社に関する情報を紹介しました。記事の要点をごく簡単にまとめると、次の通りです。

まとめ
  • レモンガスの電力セット割引はあまりお得ではない
  • レモンガスとは別で自由化電気を契約する方が、年間数万円単位でお得になる場合もある
  • 料金プランが複雑でよくわからないときは、無料のコンシェルジュへ相談しよう

結論として、レモンガスとあわせて契約する電力会社は、東京電力ではなく新電力会社にしましょう。その方がトータルの光熱費は安くなることでしょう。

新電力会社を探すときは、記事内で紹介した電気・ガスおまかせコンシェルジュへ相談してみるのがおすすめ。自分で複雑な計算をする必要もなく、ライフスタイルにあわせた最適な電気とガスの組み合わせを提案してくれます。

⇒レモンガスの評判は?デメリットってあるの?