Looopでんき
Looopでんきはガスとのセット割で業界最安値!?

Looopでんきはガスとのセット割で業界最安値!?

Looopでんきはガスとのセット割で業界最安値!?

ループでんきのガス割に申し込むと、もっと料金が安くなるって知っていましたか?

電気とガスを両方ともLooopで契約するセット割を使えば、そのままでも安い料金のLooopでんきをさらにお得に使うことができるんです!

「セット割ってホントに安くなるの?でんき会社がガスを供給できるの?」と心配される方も多くいらっしゃいますがご安心を。

このページでLooopでんきのガス(以下、Looopガス)の料金やメリット、デメリットについてしっかりと理解していただければ、Looopガスを安心してご利用いただけます。

それでは、電気とガス両方の自由化に伴い、電力会社とガス会社について500社以上比較した私が、Looopでんきとガスのセット割にするメリット、デメリットを紹介していきます。

Looopでんき・ガスのセット割で光熱費を抑えて、もっとお得な生活をしていきましょう

Looopでんきのガスってどんなサービス?

Looopガスは2019年10月から新たにスタートした、電気とガスのセット料金で業界最安値に挑戦しているサービスです。

東京ガス管内限定のサービスですが、ガスの質を変えることなく料金を下げることができます。

(東京ガスエリア外の方はこちらでお得なガスを探せます。)

Looopガスは、太陽光発電などの自然エネルギーで発電し、環境に優しく、基本料金0円で従量課金制のシンプルな料金プランが人気のLooopでんきが提供しています。

「あれ、電気の会社が提供しているガスに切り替えても大丈夫?」と感じた方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、Looopガスに切り替えても全く心配ありません

ガスも電気と同じように自由化しており、新規企業が小売りに参入できるようになりました。

Looopガスは、東京ガスのサービスそのままに、独自の料金プラン提案や契約をしているものです。

ですからLooopガスは、ガスそのものも、配管の保守管理や補修に関しても今までと変わりません。

そうであれば、単純に料金が安いほうがいいですよね。

では料金説明に入る前に、Looopガスの対応エリアや適用条件などを確認していきましょう。

対応エリア

東京ガスエリア限定(東京ガスエリア外の人はこちら

セット割の条件

電気、ガスの使用場所、支払い先が同一であること。

申込み方法

WEBのみ

※申し込み後、1~5週間で切り替え完了します
※基本的には検針日が切り替えスタートのタイミングになります

支払い方法

クレジットカード

解約

解約金無料

以上、Looopガスの概要を紹介いたしました。

次は、気になる料金について紹介します。

業界最安値!?Looopでんきガスの料金

サービスはそのままということは、やはり一番大事なのは料金プランです。

結論から言えば、Looopガスに切り替えれば、光熱費を業界最安値に抑えることができます。

まずは、Looopガスの料金プランから紹介していきます。

Looopガスの料金体系は、基本料金1000円+128円/㎥というシンプルなものになっています。これではどれくらい安いのかわかりにくいかと思いますので、Looopガスと東京ガスの料金プランを比較していきます。

電気、ガス会社でも一般家庭の例として挙げられている【電気使用量240kwh、ガス使用量32㎥の家庭】を例に比較します。

まずは単純にガス料金から。

東京ガス Looopガス
基本料金 1,036.8円 + 128.08/㎥ 1,000円 + 128円/㎥

料金プランに大きな差はありませんが、この時点でLooopガスのほうが少し安くなると分かります。

それでは、肝心のLooopでんきとガスをセットにすると年間どれくらい安くなるのでしょうか。

Looopでんきとガスのセット割にすると、電気代がさらに2%オフになります。

従量単価が26.4円→26.0円/kwhになり、電気料金だけ見ても業界最安水準のあしたでんきと同じになります。

これだけ見ると、「2%安くなるだけか」と感じるかもしれません。

しかし、電気代とガス代をセットにしたときの料金を比較してみましょう。

次の図は、今契約数が200万件を突破した人気の東京ガスの電気セット割と、電気、ガス別々で契約した場合を比較した図です。

Looopでんき+ガスのセット価格比較

別々で契約した場合と比べると、月に615円、年間7,380円も差が出ます。

東京ガスのセットで比べた場合でも、月401円、年間4,812円安くなります。

注目してもらいたいのは、今回例に挙げた240kwhという電気使用量は、Looopでんきで一番割引率が悪くなる条件であるということです。

Looopガスはこの最悪な条件でもこれだけ料金が安くなります。そして使用量が多いほどこの料金の差は広がります。

ちなみに基本使用料なしで最安値の【あしたでんき(26.0円/kwh)】はガスのセット割がありません。

そのため電気単価は同じでも、ガス料金が安くなるLooopでんきの方が、電気とガスのセットで考えたときに最安値になります!

どれも同じ電気の質、同じガスの質でこれだけ差がでるなら、料金が安いほうがいいですよね。

次は、Looopガスのメリットをご紹介します。

セット割にするうれしいメリット

続いては、Looopガスのメリットについて口コミを元に紹介します。

Looopガスのメリット

①こんなに料金が安くなって驚いた!

前述の通り、Looopでんきはガスのセット割にした場合、業界最安水準になります。

さらに電気をたくさん使うご家庭ほど節約額が大きくなり、条件によっては10%以上安くなることも。

これはLooopでんきとガスの組み合わせを発見したあなただけの特権です!

②料金請求がまとまって便利。

「なんだそれだけか」と感じる方も多いのではないでしょうか。

実は、まとまるって意外に便利なんです。

引っ越し時の連絡が一か所だけで簡単

引っ越しするとき、電気、ガスの他にもたくさんの契約を解除するのは大変ですよね。Looopでんきに請求をまとめてしまえば、連絡するのが一か所で済みます。

請求書が1つなので家計管理が楽ちん

家計管理も一つの請求書を見れば済みます。何通も書類が届いたり、支払いするのは不便ですよね。

③解約金が無料。

これを言い換えると縛りがないということです。

例えば、Looopでんきよりももっと安いのが見つかったから、という場合でもすぐに変更できて便利なんです。

以上、Looopガスのメリットを紹介しました。

「でもサービスも変わらないで、料金は業界最安値、メリットも見たけどほんとにデメリットはないの?」

次は、気になるLooopガスのデメリットの問題点を確認していきましょう。

ホントに大丈夫?セット割の気になるデメリットとは。

なんだか良いことばかりでLooopガスのセット割にデメリットはないのかな?と疑ってしまいますよね。

続いては、Looopガスの裏側を探るべく、デメリットについての口コミを見ていきましょう。

デメリット

①対応エリアが狭い

最大の難点は、Looopガスは対応エリアが東京ガス管轄エリアのみという点です。

残念ながら対応していなければ、使うことができません。

②高圧(法人)対応していない

低圧(家庭、商店、事務所)向けのサービスになっています。

⇒高圧をご希望の方はこちら

③料金支払いがクレカ払いのみ

新規電力には多いのですが、支払いがクレジットカードのみ対応しています。

ただ、Looopでんきに契約されているあなたであれば、請求もひとつになり、ポイントが貯まるクレカ払いも問題ないのではないでしょうか。

⇒どうしても口座振替がよいという場合は、こちらの電力会社がおすすめ

以上、Looopガスを契約する際に見るべきメリット、デメリットについて紹介いたしました。

セット割で業界最安値に!

Looopガスはいかかだったでしょうか?

ガスの質も、ガス管の保守管理も今までと変わらないなら、料金は安いほうがいいですよね。

先に紹介したように、Looopでんきとガスのセット割にすると、光熱費を業界最安値水準に抑えることができます。

さらに、ソーラー割も使える場合は、最安値からもっと安い料金で使用できるなんて驚きですよね!

Looopガスについてまとめると…

メリット デメリット
料金が業界最安値 対応エリアが限定的
料金請求がまとまる 支払いがクレジットカードのみ

おすすめする人

  • Looopでんきに切り替え済みだが、東京ガスと別で契約したままの人
  • 東京ガスエリアにお住まいの方で、電力をどこにしようか迷っている人
  • 自然エネルギーを使用した環境に優しい電力を使いながら、もっと光熱費を抑えたい人

Looopガスへの申込みはWEBから簡単にできて、東京ガスへ連絡する必要もありません。

解約金もなく気軽に申し込みできますので、ぜひご検討をおすすめします!

毎日使うガスですから、早めに切り替えて、お得になったことをぜひ周りの方にも教えてあげてください。

他の新電力会社も比較した上で自分のライフスタイルに最も合っている電力会社を選びたい方はこちら。

⇒【料金シミュレーションができる!】人気の新電力会社おすすめランキング

2ステップで電力会社を一括比較
全国の電力会社を一括比較