坊っちゃん電力

坊っちゃん電力は実は高い!|料金プランとデメリットを徹底解剖

坊っちゃん電力は愛媛県松山市を中心に全国展開している新電力会社です。

面白い名前ですが、由来は夏目漱石の作品「坊っちゃん」で夏目漱石にとって松山市はゆかりのある土地です。

坊っちゃん電力のキャッチコピーは「知名度は低い。電気代はもっと低い。」ですが、実際にそうなのでしょうか?

この記事では

  • 坊っちゃん電力の料金プラン
  • 実際の利用者の口コミや評判
  • メリット・デメリット

を3つに分けて解説し、これから丸紅新電力への乗り換えを検討している方にの参考になる内容となっています

坊っちゃん電力の料金プランを徹底解説

まずは坊っちゃん電力の料金プランを見ていきましょう。

電力会社の電気代は大まかに、

基本料金+従量料金×電力使用量

で計算することができます。

  • 基本料金:必ずかかる最低料金
  • 従量料金:1kWhあたりの単価
  • 電力使用量:その月に使用した電力量の合計

つまり、基本料金が860円、従量料金が20円、電力使用量が500kwhの場合、

860+20×500=10,860円という計算になります。

ただし、坊っちゃん電力の細かい料金に関しては地域によってそれぞれ異なるので、各地域ごとに解説していきます。

以下のリンクをクリックすると各電力会社との比較を見ることができます。

東北電力と坊っちゃん電力電気との料金比較

東北地域でのメイン電力会社である東北電力と坊っちゃん電力の料金比較ですが、料金はそれぞれ基本料金と従量料金によって計算することができます。

基本料金

東北電力の基本料金は下の図のように契約アンペア数が大きくなるにつれて、料金も高くなります。

⇒東北電力のアンペア数の確認方法

坊っちゃん電力の基本料金は東北電力より、30Aの場合は高め、それ以上は安めになっています。

基本料金
  坊っちゃん電力 東北電力
30A 1,000円 972.00円
40A 1,200円 1,296.00円
50A 1,400円 1,620.00円
60A 16,00円 1,944.00円

従量料金

東北電力の従量料金は~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階に分かれていて、段階的に高くなっていく仕組みになっています。

坊っちゃん電力は2段階制になっており、東北電力と比べて120kWhまでは安め、120kWh以上は安めになっています。

従量料金
  坊っちゃん電力 東北電力
~120kWh 21.00円 18.24円
120~300kWh 24.87円
300kWh~ 25.00円 28.75円

坊っちゃん電力に乗り換えた場合の料金をシミュレーション

1人暮らし~6人暮らしまでの世帯人数別の料金シミュレーションを行ってみました。

世帯別の電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にしています。

1人世帯(30A、239.7kWh/月)
  坊っちゃん電力 東北電力
年間料金 72,404円 73,653円
年間節約額 ⇒1,248円お得  
2人世帯(30A、367.3kWh/月)
  坊っちゃん電力 東北電力
年間料金 107,790円 114,867円
年間節約額 ⇒7,077円お得  
3人世帯(40A、431.8kWh/月)
  坊っちゃん電力 東北電力
年間料金 129,540円 141,008円
年間節約額 ⇒11,468円お得  
4人世帯(50A、444.3kWh/月)
  坊っちゃん電力 東北電力
年間料金 135,690円 149,208円
年間節約額 ⇒13,518円お得  
5人世帯(60A、525.3kWh/月)
  坊っちゃん電力 東北電力
年間料金 162,390円 181,041円
年間節約額 ⇒18,651円お得  
6人世帯(60A、637.2kWh/月)
  坊っちゃん電力 東北電力
年間料金 195,960円 219,647円
年間節約額 ⇒23,687円お得  

このようにどの世帯人数でもオトクになるという結果になりました。

そこで次は、他の新電力会社との料金比較坊っちゃん電力利用者の口コミや評判をまとめてみました。

⇒他社との料金比較と坊っちゃん電力利用者の口コミと評判はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

東京電力と坊っちゃん電力電気との料金比較

東京地域でのメイン電力会社である東京電力と坊っちゃん電力の料金比較ですが、料金はそれぞれ基本料金と従量料金によって計算することができます。

基本料金

東京電力の基本料金は下の図のように契約アンペア数が大きくなるにつれて、料金も高くなります。

⇒東京電力のアンペア数の確認方法

坊っちゃん電力の基本料金は東京電力より、30.40Aは高め、50.60Aは安めになっています。

基本料金
  坊っちゃん電力 東京電力
30A 1,000円 842.40円
40A 1,200円 1,123.20円
50A 1,400円 1,404.00円
60A 1,600円 1,684.80円

従量料金

東京電力の従量料金は~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階で料金単価が高くなっていきます。

坊っちゃん電力は2段階制になっており、東京電力と比べ、120kWhまでは高め、120kWh以降は安めになっています。

従量料金
  坊っちゃん電力 東京電力
~120kWh 22.00円 19.52円
120~300kWh 26.00円
300kWh~ 25.00円 30.02円

坊っちゃん電力に乗り換えた場合の料金をシミュレーション

1人暮らし~6人暮らしまでの世帯人数別の料金シミュレーションを行ってみました。

世帯別の電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にしています。

1人世帯(30A、239.7kWh/月)
  坊っちゃん電力 東京電力
年間料金 75,281円 75,564円
年間節約額 ⇒283円お得  
2人世帯(30A、367.3kWh/月)
  坊っちゃん電力 東京電力
年間料金 111,390円 118,622円
年間節約額 ⇒7,232円お得  
3人世帯(40A、431.8kWh/月)
  坊っちゃん電力 東京電力
年間料金 12,087円 145,227円
年間節約額 ⇒13,388円お得  
4人世帯(50A、444.3kWh/月)
  坊っちゃん電力 東京電力
年間料金 139,290円 153,099円
年間節約額 ⇒13,809円お得  
5人世帯(60A、525.3kWh/月)
  坊っちゃん電力 東京電力
年間料金 165,990円 185,648円
年間節約額 ⇒19,658円お得  
6人世帯(60A、637.2kWh/月)
  坊っちゃん電力 東京電力
年間料金 199,560円 225,959円
年間節約額 ⇒26,399円お得  

このようにどの世帯人数でもオトクになるという結果になりました。

そこで次は、他の新電力会社との料金比較坊っちゃん電力利用者の口コミや評判をまとめてみました。

⇒他社との料金比較と坊っちゃん電力利用者の口コミと評判はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

関西電力と坊っちゃん電力電気との料金比較

関西地域でのメイン電力会社である関西電力と坊っちゃん電力の料金比較ですが、料金はそれぞれ基本料金と従量料金によって計算することができます。

基本料金(最低料金)

関西電力の基本料金は最低料金制を採用していて、15kWhまでが一律価格になっています。

坊っちゃん電力の基本料金は100kWhまでが一律料金になっています。

基本料金
坊っちゃん電力(~100kWh) 関西電力(~15kWh)
2,400円 334.82円

従量料金

関西電力の従量料金は15~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階に分かれていて、段階的に高くなっていく仕組みになっています。

坊っちゃん電力は100~300kWh、300kWh~の2段階制になっています。

従量料金
  坊っちゃん電力 関西電力
0~15kWh 課金なし 課金なし
15~100kWh 19.95円
100~120kWh 23.00円
120~300kWh 25.33円
300kWh~ 25.00円 28.76円

世帯人数別料金シミュレーション

1人暮らし~6人暮らしまでの世帯人数別の料金シミュレーションを行ってみました。

世帯別の電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にしています。

1人世帯(30A、239.7kWh/月)
  坊っちゃん電力 関西電力
年間料金 67,357円 65,539円
年間節約額 ⇒1,818円損  
2人世帯(30A、367.3kWh/月)
  坊っちゃん電力 関西電力
年間料金 104,190円 107,094円
年間節約額 ⇒2,904円お得  
3人世帯(40A、431.8kWh/月)
  坊っちゃん電力 関西電力
年間料金 123,540円 129,354円
年間節約額 ⇒5,814円お得  
4人世帯(50A、444.3kWh/月)
  坊っちゃん電力 関西電力
年間料金 127,290円 133,668円
年間節約額 ⇒6,378円お得  
5人世帯(60A、525.3kWh/月)
  坊っちゃん電力 関西電力
年間料金 151,590円 161,623円
年間節約額 ⇒10,033円お得  
6人世帯(60A、637.2kWh/月)
  坊っちゃん電力 関西電力
年間料金 185,160円 200,242円
年間節約額 ⇒15,082円お得  

このように一人暮らしのような電力使用量が少ないご家庭の場合、逆に高くなってしまう可能性があります。(共働き二人暮らしも高くなりやすいです)

大まかに月平均で300kWh以下の場合は、別の電力会社を検討したほうがいいでしょう。

一方、毎月300kWh以上使う場合は、関西電力を使うよりも坊っちゃん電力を利用した方がお得になりやすいです。

次は、他の新電力会社との料金比較坊っちゃん電力利用者の口コミや評判をまとめてみました。

⇒他社との料金比較と坊っちゃん電力利用者の口コミと評判はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

中国電力と坊っちゃん電力電気との料金比較

中国地域でのメイン電力会社である中国電力と坊っちゃん電力の料金比較ですが、料金はそれぞれ基本料金と従量料金によって計算することができます。

基本料金(最低料金)

中国電力の基本料金は最低料金制を採用していて、15kWhまでが一律価格になっています。

坊っちゃん電力の基本料金は100kWhまでが一律料金になっています。

基本料金
坊っちゃん電力 中国電力
2,400円(100kWhまで) 331.23円(15kWhまで)

従量料金

中国電力の従量料金は15~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階に分かれていて、段階的に高くなっていく仕組みになっています。

坊っちゃん電力は100~300kWh、300kWh~の2段階制になっています。

従量料金
  坊っちゃん電力 中国電力
0~15kWh 課金なし 課金なし
15~100kWh 20.40円
100~120kWh 23.00円
120~300kWh 26.96円
300kWh~ 25.00円 29.04円

世帯人数別料金シミュレーション

1人暮らし~6人暮らしまでの世帯人数別の料金シミュレーションを行ってみました。

世帯別の電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にしています。

1人世帯(30A、239.7kWh/月)
  坊っちゃん電力 中国電力
年間料金 67,357円 68,404円
年間節約額 ⇒1,047円お得  
2人世帯(30A、367.3kWh/月)
  坊っちゃん電力 中国電力
年間料金 104,190円 111,365円
年間節約額 ⇒7,175円お得  
3人世帯(40A、431.8kWh/月)
  坊っちゃん電力 中国電力
年間料金 123,540円 133,842円
年間節約額 ⇒10,302円お得  
4人世帯(50A、444.3kWh/月)
  坊っちゃん電力 中国電力
年間料金 127,290円 138,198円
年間節約額 ⇒10,908円お得  
5人世帯(60A、525.3kWh/月)
  坊っちゃん電力 中国電力
年間料金 151,590円 166,425円
年間節約額 ⇒14,835円お得  
6人世帯(60A、637.2kWh/月)
  坊っちゃん電力 中国電力
年間料金 185,160円 205,420円
年間節約額 ⇒20,260円お得  

このようにどの世帯人数でもオトクになるという結果になりました。

そこで次は、他の新電力会社との料金比較坊っちゃん電力利用者の口コミや評判をまとめてみました。

⇒他社との料金比較と坊っちゃん電力利用者の口コミと評判はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

四国電力と坊っちゃん電力電気との料金比較

四国地域でのメイン電力会社である四国電力と坊っちゃん電力の料金比較ですが、料金はそれぞれ基本料金と従量料金によって計算することができます。

基本料金(最低料金)

四国電力の基本料金は最低料金制を採用していて、11kWhまでが一律価格になっています。

坊っちゃん電力の基本料金は100kWhまでが一律料金になっています。

基本料金
坊っちゃん電力 四国電力
2,400円(100kWhまで) 403.92円(11kWhまで)

従量料金

四国電力の従量料金は11~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階に分かれていて、段階的に高くなっていく仕組みになっています。

坊っちゃん電力は100~300kWh、300kWh~の2段階制になっています。

従量料金
  坊っちゃん電力 四国電力
0~11kWh 課金なし 課金なし
11~100kWh 20.00円
100~120kWh 23.00円
120~300kWh 26.50円
300kWh~ 25.00円 29.95円

世帯人数別料金シミュレーション

1人暮らし~6人暮らしまでの世帯人数別の料金シミュレーションを行ってみました。

世帯別の電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にしています。

1人世帯(30A、239.7kWh/月)
  坊っちゃん電力 四国電力
年間料金 67,357円 69,072円
年間節約額 ⇒1,714円お得  
2人世帯(30A、367.3kWh/月)
  坊っちゃん電力 四国電力
年間料金 104,190円 112,435円
年間節約額 ⇒8,245円お得  
3人世帯(40A、431.8kWh/月)
  坊っちゃん電力 四国電力
年間料金 123,540円 135,616円
年間節約額 ⇒12,076円お得  
4人世帯(50A、444.3kWh/月)
  坊っちゃん電力 四国電力
年間料金 127,290円 140,108円
年間節約額 ⇒12,818円お得  
5人世帯(60A、525.3kWh/月)
  坊っちゃん電力 四国電力
年間料金 151,590円 169,220円
年間節約額 ⇒17,630円お得  
6人世帯(60A、637.2kWh/月)
  坊っちゃん電力 四国電力
年間料金 185,160円 209,437円
年間節約額 ⇒24,277円お得  

このようにどの世帯人数でもオトクになるという結果になりました。

そこで次は、他の新電力会社との料金比較坊っちゃん電力利用者の口コミや評判をまとめてみました。

⇒他社との料金比較と坊っちゃん電力利用者の口コミと評判はこちら
(クリックすると下へ移動します。)

九州電力と坊っちゃん電力電気との料金比較

九州地域でのメイン電力会社である九州電力と坊っちゃん電力の料金比較ですが、料金はそれぞれ基本料金と従量料金によって計算することができます。

基本料金

九州電力の基本料金ですが、現在の契約アンペア数が大きくなるに連れて高くなっていきます。

⇒九州電力のアンペア数の確認方法

坊っちゃん電力の基本料金は九州電力と比べて、30Aは高めで、40A以上は安めになっています。

基本料金
  坊っちゃん電力 九州電力
30A 900円 874.80円
40A 1,100円 1,164.40円
50A 1,300円 1,458.00円
60A 1,500円 1,749.60円

従量料金

九州電力の従量料金は~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階に分かれていて、段階的に高くなっていく仕組みになっています。

坊っちゃん電力は300kWhまでと300kWh以上の2段階制になっています。

従量料金
  坊っちゃん電力 九州電力
0~120kWh 19.00円 17.19円
120~300kWh 22.69円
300kWh~ 24.00円 25.63円

坊っちゃん電力に乗り換えた場合の料金をシミュレーション

1人暮らし~6人暮らしまでの世帯人数別の料金シミュレーションを行ってみました。

世帯別の電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にしています。

1人世帯(30A、239.7kWh/月)
  坊っちゃん電力 九州電力
年間料金 65,452円 67,843円
年間節約額 ⇒2,392円お得  
2人世帯(30A、367.3kWh/月)
  坊っちゃん電力 九州電力
年間料金 98,582円 104,960円
年間節約額 ⇒6,378円お得  
3人世帯(40A、431.8kWh/月)
  坊っちゃん電力 九州電力
年間料金 119,558円 128,273円
年間節約額 ⇒8,715円お得  
4人世帯(50A、444.3kWh/月)
  坊っちゃん電力 九州電力
年間料金 125,558円 135,641円
年間節約額 ⇒10,083円お得  
5人世帯(60A、525.3kWh/月)
  坊っちゃん電力 九州電力
年間料金 151,286円 164,052円
年間節約額 ⇒12,766円お得  
6人世帯(60A、637.2kWh/月)
  坊っちゃん電力 九州電力
年間料金 183,514円 198,468円
年間節約額 ⇒14,955円お得  

このようにどの世帯人数でもオトクになるという結果になりました。

そこで次は、他の新電力会社との料金比較坊っちゃん電力利用者の口コミや評判をまとめてみました。

坊っちゃん電力って本当にお得?他の新電力会社とも比較してみた

疑問

料金シミュレーションの通り、坊っちゃん電力は関西電力エリアの300kWh以下しか使わないご家庭の場合は高くなりますが、それ以外はすべて関西電力よりもお得になるということが分かりました。

しかし、他の電力会社と比較するとそこまでお得ではありません。

四国電力エリア1人暮らしの場合
  • 坊っちゃん電力:年間節約額-1,714円
  • HTBエナジー:年間電気代-3,461円
四国電力エリア600kWh/月使う場合
  • 坊っちゃん電力:年間節約額-24,277円
  • AIでんき:年間電気代-29,843円

これはあくまで一例ですが、ほとんどの地域で坊っちゃん電力よりもお得な電力会社はあります。

当サイトの「電力会社一括シミュレーション機能」では、

  1. お住まいの地域
  2. 電力使用量
  3. 契約アンペア数(関西、中国、四国は不要)

を入力すれば、全国の電力会社を一括比較して、安い順番からランキング形式で比較・検討することができます。

また、それだけでなく、電力会社乗り換え初心者の方でも分かりやすく、電力会社の選び方のポイントをまとめてあるので、是非とも活用してみてくださいね!

坊っちゃん電力利用者の口コミや評判

https://twitter.com/81ayuuu/status/1014000323390726145

 

Twitterに投稿されているスマ電の口コミや評判をまとめてみました。

ネット上での主な評判
  • 電気代が安くなった
  • 営業がしつこい

坊っちゃん電力の料金プランやシミュレーションの通り、ほとんどのケースで電気代がお得になるので、安くなったという意見がありました。

一方で、テレビCMなどを含めた四国地域での営業・宣伝活動を積極的に行っているからか「営業がしつこい」という意見もちらほらありました。

坊っちゃん電力のメリット・デメリット

坊っちゃん電力の料金プランや利用者の口コミや評判を調べていくうちに分かったメリット・デメリットをまとめてみました。

坊っちゃん電力のメリット

OK

オール電化向けのプランがある

電力自由化によって誕生した新電力会社のほとんどがオール電化向けのプランがありません。

坊っちゃん電力にはオール電化向けのプランが用意されているため、オール電化住宅に住んでいる方でも申し込めば安く電気を利用することができます。

解約時に違約金がかからない

電力会社の中には契約期間が決まっていて、期間内に解約すると違約金がかかるケースがあります。

坊っちゃん電力には違約金がなく、いつでも好きなタイミングで電力会社を切り替えることができます。

坊っちゃん電力のデメリット

間違い

関西地域や一人暮らしでは逆に高くなる可能性が大!

料金プランやシミュレーションの通り、坊っちゃん電力は関西地域と一人暮らしでは割高傾向にあります。(共働きの二人暮らしも割高です)

多く電力を使うご家庭ほど、お得になるシステムになっていますが、他の電力会社と比較するとそこまでお得にはなりません

契約事務手数料が2,500円かかる

契約時に2,500円の契約事務手数料がかかります。

正直これは大きなデメリットで、ほとんどの電力会社で契約時に手数料がかかることはありません。

そのため、初年度の電気代はそこまでお得にはならないと思っておいた方がいいでしょう。

明細書の発行が有料

坊っちゃん電力の電気使用量や支払い料金の確認は基本的にWEB上のマイページで行います。

そのため、郵送で領収書や支払証明書がほしい場合は、有料(108円)となります。

まとめ:事務手数料が高すぎて初年度はお得ではない

坊っちゃん電力の料金プランや利用者の評判、メリット・デメリットについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

料金プランだけ見れば確かに今までの大手電力会社よりもお得です。

しかし、契約事務手数料2,500円が初回にかかるため、トータルで考えると初年度はそこまでお得にはなりません。

もし、何か強いこだわりがない限りは、他の安い電力会社を選ぶべきでしょう。

2ステップで電力会社を一括比較
全国の電力会社を一括比較