長崎地域電力

長崎地域電力 VS 九州電力は以外な結果が…|口コミ・評判まとめ

長崎地域電力

長崎地域電力はプロパンガスやガス機器、太陽光発電などを販売している「チョープロ」が新しく始めた新電力会社です。

現在ではジャパネットたかたがオフィシャルスポンサーの「V・ファーレン長崎」の元オフィシャルスポンサーとしても有名でしたね。

確かに電気代は安くなるのですが、調べてみると様々なデメリットがあることが分かりました。

この記事では

  • 長崎地域電力の料金プラン
  • 実際の利用者の口コミや評判
  • メリット・デメリット

を3つに分け、徹底解説していきます。

これから長崎地域電力への乗り換えを検討している方は参考にしてみてくださいね。

九州電力と長崎地域電力電気「ファミリープラン」との料金比較

まずは、九州電力と長崎地域電力の一般家庭向けのプランである、

  • 九州電力「従量電灯B」
  • 長崎地域電力「ファミリープラン」

を比較していきます。

電力会社の電気代は大まかに、

基本料金+従量料金×電力使用量

で計算することができます。

  • 基本料金:必ずかかる最低料金
  • 従量料金:1kWhあたりの単価
  • 電力使用量:その月に使用した電力量の合計

つまり、基本料金が860円、従量料金が20円、電力使用量が500kwhの場合、

860+20×500=10,860円という計算になります。

基本料金

九州電力と長崎地域電力の基本料金ですが、現在の契約アンペア数が大きくなるに連れて高くなっていきます。

⇒九州電力のアンペア数の確認方法

基本料金に関して、長崎地域電力の方が若干安くなっています。

基本料金
  長崎地域電力 東京電力
30A 822.3円 874.80円
40A 1,096.40円 1,164.40円
50A 1,370.50円 1,458.00円
60A 1,644.60円 1,749.60円

「ファミリープラン」の従量料金

吸収雨電力の従量料金は0~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階で料金単価が高くなっていきます。

長崎地域電力は0~120kWh、120~300kWh、300~500kWh、500kWh~の4段階になっています。

従量料金
電力会社 長崎地域電力 九州電力
~120kWh 17.13円 17.19円
120~300kWh 21.50円 22.69円
300~500kWh 22.90円 25.63円
500kWh~ 22.70円

この表の通り、どの段階でも従量料金は九州電力よりも安くなっています。

ただ、これだけだと具体的にどれくらい安くなるのかよく分からないですよね?

そこで、世帯人数の料金シミュレーションをしてみました!

長崎地域電力に乗り換えた場合の料金をシミュレーション

1人暮らし~6人暮らしまでの世帯人数別の料金シミュレーションを行ってみました。

世帯別の電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にしています。

1人世帯(30A、239.7kWh/月)
  長崎地域電力 九州電力
年間料金 65,417円 67,843円
年間節約額 ⇒2,426円お得  
2人世帯(30A、367.3kWh/月)
  長崎地域電力 九州電力
年間料金 99,469円 104,960円
年間節約額 ⇒5,492円お得  
3人世帯(40A、431.8kWh/月)
  長崎地域電力 九州電力
年間料金 120,483円 128,273円
年間節約額 ⇒7,791円お得  
4人世帯(50A、444.3kWh/月)
  長崎地域電力 九州電力
年間料金 127,207円 135,641円
年間節約額 ⇒8,434円お得  
5人世帯(60A、525.3kWh/月)
  長崎地域電力 九州電力
年間料金 152,694円 164,052円
年間節約額 ⇒11,358円お得  
6人世帯(60A、637.2kWh/月)
  長崎地域電力 九州電力
年間料金 183,196円 198,468円
年間節約額 ⇒15,293円お得  

このようにどの世帯人数でもオトクになるという結果になりました。

そこで次は、他の新電力会社との料金比較長崎地域電力利用者の口コミや評判、メリット・デメリットをまとめてみました。

長崎地域電力利用者の口コミや評判

Twitterに投稿されている長崎地域電力の口コミや評判をまとめてみました。

ネット上での主な評判
  • 長崎への地域貢献
  • 電源構成が不透明

長崎地域電力はその名通り、長崎県への地域貢献活動を積極的に行っています。

そこで、長崎地域電力を知り、契約する人が多いようです。

一方、ホームページには、「長崎県内で発電した再生可能エネルギーを主な電源」と記載されていますが、具体的な電源構成は明らかにされておらず、不審がっている方も一定数いました。

(追記:電源構成はこちらに記載されていました。)

申し込み前に確認しておきたい!長崎地域電力のメリット・デメリット

長崎地域電力の料金プランや利用者の口コミや評判を調べていくうちに分かったメリット・デメリットをまとめてみました。

長崎地域電力のメリット

OK

再生可能エネルギーを主とした発電方式を採用

長崎地域電力は再生可能エネルギー(太陽光、水力、地熱、バイオマスなど)を利用した発電を利用しています。

電源構成はFIT電気(太陽光)が60%、残り40%が市場調達となっています。

長崎地域電力のデメリット

間違い

料金プランや料金シミュレーション結果のように、九州電力から長崎地域電力に乗り換えれば、今までと同じ電気の使い方で無条件で電気代を削減することができます。

しかし、他の新電力会社と比べると実はそこまでお得ではありません。

一人暮らしの場合
2人暮らしの場合

これはあくまで一例ですが、九州電力エリア内の電力会社の中からあなたの生活スタイルに合った電力会社を選べば、最安値で電気を利用することが可能です。

当サイトの「電力会社一括シミュレーション機能」は全国の電力会社を一括比較することができます。

ご自身のお住まいの地域、電力使用量、契約アンペア数を入力するだけで全国の電力会社を一括比較し、安い順番からランキング形式で比較・検討することができます。

また、それだけでなく、電力会社乗り換え初心者の方でも分かりやすく、電力会社の選び方のポイントをまとめてあるので、是非とも活用してみてくださいね!

解約時に違約金2,160円がかかる

長崎地域電力には最低利用期間1年が定まっており、期間内に解約すると違約金として2,160円(税込み)がかかってしまいます。

新電力会社のほとんどが違約金がないので、自由に乗り換えることができないのは実に不便ですね。

オール電化向けのプランがない

長崎地域電力にはオール電化向けの料金プランがありません。

そのため、恐らく利用されている九州電力のオール電化向けプラン「電化でナイト・セレクト」から乗り換えてしまうと逆に高くなっていまいます。

九州電力エリアにはナンワエナジーのような九州電力よりも安いオール電化向けプランを設けている電力会社があるので、オール電化住宅に住んでいる方は再検討することをおすすめします。

まとめ

長崎地域電力の電気の料金プランや利用者の評判、メリット・デメリットについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

長崎地域電力は九州電力よりも安く、再生可能エネルギーを利用するなど環境に優しい反面、他社と比べると料金はそこまで安くはなく、違約金もかかってしまうというデメリットがあります。

「できるだけ安い電力会社を使いたい!」という方には物足りないかもしれません。

九州電力エリアは利用できる電力会社が非常に多いため、再検討してみてもいいのではないでしょうか。

2ステップで電力会社を一括比較
全国の電力会社を一括比較