エネサンス関東

エネさんでんき(エネサンス関東)の注意点!口コミや評判、メリット・デメリットまとめ

エネさんでんき

エネさんでんきは関東を拠点としたプロパンガス会社の「エネサンス関東」が運営している新電力会社です。

電力は昭和シェル石油の電気を利用しており、東京電力よりも環境に配慮した電源構成になっています。

電力自由化をきっかけにエネさんでんきへの乗り換えを検討している方に向けて、この記事では、

  • 料金プランと料金シミュレーション
  • 利用者の口コミや評判
  • メリット・デメリット

をできるだけ分かりやすくまとめてみました。

これからエネさんでんきの申込みを検討している方は是非とも最後までチェックしてみてくださいね!

東京電力とエネさんでんき電気との料金比較

それではさっそく東京電力の基本プランである「従量電灯B」とエネさんでんき「eネ!プラン」の料金プランを比較していきましょう。

料金はそれぞれ基本料金と従量料金によって計算することができます。

  • 基本料金:必ずかかる最低料金
  • 従量料金:1kWhあたりの単価
  • 電力使用量:その月に使用した電力量の合計
でんき君
でんき君

例えば、基本料金が860円、従量料金が20円、電力使用量が500kwhの月の場合、

860+20×500=10,860円という計算になります。

基本料金

東京電力とエネさんでんきの基本料金ですが、現在の契約アンペア数が大きくなるに連れて高くなっていきます。

⇒東京電力のアンペア数の確認方法

基本料金に関しては、エネさんでんき電力と東京電力と単価は同じになっています。

基本料金
  エネさんでんき 東京電力
30A 842.40円 842.40円
40A 1,123.20円 1,123.20円
50A 1,404.00円 1,404.00円
60A 1,684.80円 1,684.80円

従量料金

従量料金は~120kWh、120~300kWh、300kWh~の3段階で料金単価が高くなっていきます。

エネさんでんきの従量料金は4段階制になっており、東京電力よりも安くなっています。

従量料金
  エネさんでんき 東京電力
~120kWh 19.52円 19.52円
120~250kWh 24.84円 26.00円
250~300kWh 24.95円
300~350kWh 30.02円
350kWh~ 27.96円

これだけだと、エネさんでんきに乗り換えるとどれくらい安くなるのか分からないので、世帯人数の料金シミュレーションをしてみました!

エネさんでんきに乗り換えた場合の料金をシミュレーション

1人暮らし~6人暮らしまでの世帯人数別の料金シミュレーションを行ってみました。

世帯別の電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にしています。

1人世帯(30A、239.7kWh/月)
  エネさんでんき 東京電力
年間料金 73,898円 75,564円
年間節約額 ⇒1,666円お得  
2人世帯(30A、367.3kWh/月)
  エネさんでんき 東京電力
年間料金 112,712円 118,622円
年間節約額 ⇒5,909円お得  
3人世帯(40A、431.8kWh/月)
  エネさんでんき 東京電力
年間料金 137,723円 145,227円
年間節約額 ⇒7,504円お得  
4人世帯(50A、444.3kWh/月)
  エネさんでんき 東京電力
年間料金 145,287円 153,099円
年間節約額 ⇒7,813円お得  
5人世帯(60A、525.3kWh/月)
  エネさんでんき 東京電力
年間料金 175,833円 185,648円
年間節約額 ⇒9,815円お得  
6人世帯(60A、637.2kWh/月)
  エネさんでんき 東京電力
年間料金 213,378円 225,959円
年間節約額 ⇒12,581円お得  

120kWhまでの単価は同じなので、毎月120kWh以上使うのであれば、エネワンでんきに乗り換えた方がお得です。

そこで次は、他の新電力会社との料金比較エネさんでんき利用者の口コミや評判をまとめてみました。

エネさんでんき利用者の口コミや評判

エネさんでんき評判

(引用:価格ドットコム)

価格ドットコムやTwitterでエネさんでんきの口コミや評判を集めましたが、上記2件ほどしか見つかりませんでした。

まだ契約件数は少ないのであまり参考にならないかもしれませんが、

  • 料金が安くなる
  • エネサンス関東のLPガスを利用している人が電気も合わせて利用している

というような内容で、やはり料金シミュレーションの通り、電気代は安くなる場合がほとんどのようです。

申し込み前に確認しておきたい!エネさんでんきのメリット・デメリット

申し込み前に確認しておきたいエネさんでんきのメリットとデメリットをまとめてみました。

エネさんでんきのメリット

OK

駆けつけサービスが無料

ブレーカーが落ちた、電気がつかないなど、いざという時に困る電気のトラブルが24時間365日無料になります。

通常作業費:9,000円(平日)、13,000円(土日祝、夜間)⇒無料

支払い方法が2種類

エネさんでんきの支払い方法は、

  • クレジットカード支払い
  • 口座振替払い

の2種類です。

ただし、大手電力会社のような口座振替割引(54円/月)はありません

解約時に違約金がかからない

電力会社の中には契約年数による縛りや解約時に違約金がかかることがあります。

ですが、エネさんでんきには解約金がありません。

そのため、経費をかけずにエリア外への引っ越しや他の電力会社への乗り換えすることができます。

エネさんでんきのデメリット

間違い

他社と比べると実はそこまでお得ではない

東京電力からエネさんでんきに切り替えれば、電気代は確かに安くなります。

しかし、他の新電力会社と比べてしまうとそこまでお得ではありません。

(例)一人暮らしの場合
(例)月平均で600kWh利用の場合

これらはあくまで一例ですが、あなたのライフスタイルにピッタリと合った電力会社を選べば、最大限に電気代を節約することが可能です。

当サイトの「電力会社一括シミュレーション機能」では、

  1. お住まいの地域
  2. 電力使用量
  3. 契約アンペア数(関西、中国、四国は不要)

を入力すれば、全国の電力会社を一括比較して、安い順番からランキング形式で比較・検討することができます。

また、それだけでなく、電力会社乗り換え初心者の方でも分かりやすく、電力会社の選び方のポイントをまとめてあるので、是非とも活用してみてくださいね!

ガスとのセット割引がない

ガス会社が始めた電力事業の場合、ガスと電気のセット割引があることが多いですが、エネサンス関東の場合、セット割引はありません。

また、プロパンガス料金に関しても、現在利用中のガス会社からさらに安いガス会社に乗り換えることで月々のガス代を節約することも可能です。

でんき君
でんき君
安いプロパンガス会社への乗り換え方法に関しては下の記事で詳しく解説しています。

オール電化向けの料金プランがない

残念ながらエネさんでんきにはオール電化向けの料金プランがありません。

現在オール電化住宅に住んでいる方は東京電力の「スマートライフプラン」をご利用しているかと思いますが、逆に変えてしまうと高くなってしまうので、あまりおすすめはできません。

まとめ

エネさんでんきの料金プランや利用者の評判、メリット・デメリットについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

簡単にまとめると、他の電力会社と比較するとそこまで安くはなりませんが、東京電力を利用するよりはマシという感じなのです。

もちろん、損することはありませんし、東京電力を利用するよりかは良いので、乗り換えてみるのもありですね。

2ステップで電力会社を一括比較
全国の電力会社を一括比較