地域別おすすめ電力会社

【徹底比較】東京電力エリアでおすすめの電力会社ランキング

電力会社を乗り換えたいけど…

  • 「本当に電気代は安くなるの?」
  • 「電力会社が多すぎ!どれがオススメ?」
  • 「人気のある電力会社はどれ?」
  • 「東京電力エリアから乗り換えるならどこが一番いいの?」

東京電力から電力会社を切り替えれば電気代は安くなるとはいえ、どの電力会社に変えればいいのかすごく迷いますよね。

直感や雰囲気、料金だけでテキトーに決めてしまったら、

今までより高くなった!

引っ越したら違約金取られたー!

なんてこともあります。

そこで、この記事では2016年から電力会社を数社渡り歩いた私が東京電力エリアなら「これがオススメ!」という電力会社を料金だけでなく、サービス面なども含めて総合的に判断してランキング形式で紹介しています。

実際の利用者の口コミや体験談も合わせて載せているので、ぜひ参考にしてみてください!

必ずあなたにピッタリと合った電力会社が見つかるはずです!

電力会社を変えるだけで電気代が安くなるって本当?

でんこちゃん
でんこちゃん
電力会社を切り替えるだけで本当に電気代は安くなるの?
でんき君
でんき君
今までと異なるのは、料金プランだけだから比較して安いプランを選べば、電気代は安くなるよ!

電力会社を変更する一番のメリットは、「今までと同じ電気の使い方で電気代が安くなる」ことです。

毎月の電気代の請求を見て、

でんこちゃん
でんこちゃん
げっ使いすぎた!節電しなきゃ!

と思っていた人も多いはず。

ただ、無理やりな節電をすると、暑い日や寒い日にエアコンをかけなかったり、こまめに照明を消すのに躍起になったりと身体的にも精神的にも良くないんですよね・・・

でんき君
でんき君
頑張って無理やり節電したとしても、せいぜい毎月1,000円くらいが限度!

しかし、北海道電力よりも安い電力会社に変更するだけで、年間3万円以上も電気代を節約することは十分に可能なのです!

電力自由化は2016年から始まったばかりなので、各社顧客の取り合いで非常に安い料金プランが多くなってきました。

乗り換えるなら今がチャンスなのです!

東京電力エリアでおすすめの人気電力会社ランキング

東京電力エリア内で利用することができる電力会社の中からおすすめの人気電力会社をご紹介します。

このランキングの判断基準は、

  • 料金のオトクさ
  • 契約者数
  • キャンペーンや特典
  • サービス(電気の見える化、駆け付けサービス)
  • 安全性(自社発電所の有無、発電方式)

といった様々な観点から、東京電力を契約しているあなたが確実に今までよりも電気代がオトクに、そして満足度の高い電力会社をチョイスしています。

まずは、東京電力を1年間使った場合の電気代と乗り換えたらいくらオトクになるのかを世帯人数別でシミュレーションしてみました。

※シミュレーション条件:総務省の家計調査より引用

年間料金シミュレーション(東京電力比)
←←横スクロール→→
年間節約額(円) 1人世帯 2人世帯 3人世帯 4人世帯 5人世帯 6人世帯
Looopでんき -778 -4,024 -10,505 -14,478 -21,755 -27,153
ENEOSでんき -3,319 -8,456 -11,915 -12,586 -16,931 -22,933
親指でんき -3,319 -8,456 -11,915 -12,586 -16,931 -22,933
楽天エナジー
(ポイント還元込み)
+289 -2,086 -7,489 -7,917 -10,504 -14,032
あしたでんき
(標準プラン)
-2,216 -6,288 -13,096 -17,144 -24,907 -30,976
あしたでんき
(たっぷりプラン)
+20,840 +9,938 -413 -5,136 -17,273 -29,385
HTBエナジー -4,775 -6,289 -7,680 -8,086 -9,790 -11,911
東急でんき -979 -2,350 -6,950 -10,558 -15,473 -17,608
昭和シェル -5 -5 -5 -5 -5 -451
auでんき
(ポイント還元込み)
-2,295 -5,973 -7,311 -7,706 -9,342 -11,371
ソフトバンクでんき
(おうちでんき)
-647 -1,077 -1,310 -1,355 -1,646 -2,049
ソフトバンクでんき
(自然でんき)
+13,604 +18,014 +15,403 +12,180 +9,763 +11,079
ピタでん
(使った分だけプラン)
-2,935 -7,330 -14,391 -18,477 -26,483 -32,888
ピタでん
(使いたい放題)
+68,436 +25,378 -1,227 -9,099 -33,451 -37,507
東京ガス
(1Sガスセット割)
-2,007 -5,456 -7,923 -8,415 -11,508 -15,758
東京ガス1
(ガスセット割)
-1,596 -7,873 -11,038 -11,652 -15,627 -21,119
ミツウロコでんき -2,090 -8,389 -12,089 -12,806 -17,452 -23,871
エネワンでんき -389 -3,296 -6,212 -6,882 -10,511 -15,345
1位:Looopでんき(契約件数10万世帯以上の人気No.1)
新電力会社の中で月額料金が最安級なのが、「Looopでんき」です。
Looopでんきが人気の理由は、月額基本料金0円、かつシンプルな料金プランで他社よりもかなりオトクな料金で電気を使うことができます。また、10万世帯を超えた契約件数と全国14か所に自社発電所を保有しているので、安全性も非常に高いです。
 
初心者へのおすすめ度
料金 ・おうちプラン
基本料金:0円
従量料金:26円/kWh
※東京電力エリア
セット割 なし
キャンペーン なし
解約金・違約金 なし
サポート・対応 なし
解約金・違約金 ◎(無料駆け付けサービスあり)
発電方法 太陽光発電(全国14か所)
見える化サービス
支払い方法 クレジットカード
対応エリア 東京電力、北海道電力、東北電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

2位:楽天エナジー(楽天会員ならもっとオトク!)
楽天エナジー「まちでんき」の特徴は電気を使えば使うほど楽天スーパーポイントが貯まることです。
10kWh毎1ポイント、お支払い100円に付き1ポイント貯まります。また、初回申し込みで、2,000ポイントもらえるので、初年度は約5,000ポイント獲得することが可能です。(60A契約、年間7,644kwh使用の場合)
 
初心者へのおすすめ度
料金 ・基本料金
1,123.20~1,684.80円
・従量料金
19.43円/kWh(0~120kWh)
25.91円/kWh(121~300kWh)
25.91円/kWh(301kWh~)
※東京電力エリア
セット割 なし
キャンペーン 楽天ポイント2,000ポイント
※2018年11月30日まで
解約金・違約金 なし
サポート・対応 ◎(無料駆け付けサービスあり※条件あり)
発電方法 水力発電(全国4か所)
太陽光発電(全国7か所)
天然ガス(全国2か所)
バイオマス(全国1か所)
※丸紅新電力の発電を利用
見える化サービス
支払い方法 クレジットカード、口座振替
対応エリア 東京電力、北海道電力、東北電力、中部電力、関西電力、中国電力、九州電力
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

3位:ENEOSでんき(車を運転するならコレ!)
ENEOSでんきの特徴といえば、全国のENEOSのガソリンスタンドの給油代が最大8円/L割引されること。
もちろん、料金プランも東京電力と比較すると、年間約24,000円お得になります。(60A契約、年間7,644kwh使用の場合)
また、全国29か所に自社発電所を保有しているので、いざという時にも安心です。
 
初心者へのおすすめ度
料金 〇Vプラン
・基本料金
280.80~1,684.80円
・従量料金
19.52円/kWh(0~120kWh)
24.09円/kWh(121~300kWh)
25.75円/kWh(301kWh~)                   

〇にねんとく2割
Vプランから従量料金0.2円割引。
3年目以降は0.3円割引。

セット割 ガソリン代最大8円/L値引き
キャンペーン 3カ月基本料金無料
※2018年8月31日まで
解約金・違約金 あり(にねんとく2割のみ)
サポート・対応 ◎(無料駆け付けサービスあり)
発電方法 火力発電(全国9か所)
天然ガス(全国2か所)
見える化サービス
支払い方法 クレジットカード、口座振替
対応エリア 東京電力エリア

詳細・口コミ公式ページ

4位:親指でんき(口座振替でLooopでんきを契約したい方はコレ!)
親指でんきは基本料金・解約金は0円で、Looopでんきと同じ料金プランになっています。Looopでんきと比べると駆け付けサービス、電気の見える化サービスがないため、少し見劣りしてしまいますが、口座振替での料金支払ができます。
 
初心者へのおすすめ度
料金 ・おうちプラン
基本料金:0円
従量料金:26円/kWh
※東京電力エリア
セット割 なし
キャンペーン なし
解約金・違約金 なし
サポート・対応 なし
発電方法 自家発電所なし
(JEPX(日本卸電力取引所)からの買い付け)
見える化サービス ✕ 今後設置予定
支払い方法 クレジットカード、口座振替
対応エリア 東京電力、東北電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

5位:HTBエナジー(H.I.Sのでんき)(一人暮らし専用電力会社)
一人暮らしで迷っているならHTBエナジー(H.I.Sのでんき)がおすすめです。運営会社は旅行会社で有名なH.I.Sで、長崎のハウステンボスで発電した電気を販売しています。
地域の電力会社の料金より、確実に5%安くなるシンプルな料金プランが魅力です。
逆に1人暮らし以外ではそこまでオトクになりません。
 
 
初心者へのおすすめ度
料金 ・基本料金
800.28~1,600.56円
・従量料金
18.46円/kWh(0~120kWh)
24.62円/kWh(121~300kWh)
28.44円/kWh(301kWh~)
セット割 H.I.S旅行割引(1,000~3,000円)
キャンペーン なし
解約金・違約金 2,000円(1年未満での解約)
サポート・対応 ○(月額250円で駆け付けサービスあり)
発電方法 太陽光、風量区、水力、バイオマス(足りない分は九州電力から調達)
見える化サービス
支払い方法 クレジットカード、口座振替、コンビニ支払い(手数料200円)
対応エリア 東京電力、東北電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

まずは、契約アンペア数と電力使用量に合わせて電力会社を選ぼう!

でんこちゃん
でんこちゃん
アンペアとかkWh(キロワット)とかよくわからん…
でんき君
でんき君
アンペアとかを理解しておくと、電力会社選びに役立つよ!

毎月の電気代をオトクにするならあなたのご家庭の

  • 契約アンペア数
  • 電力使用量

に合った電力会社・料金プランを選ぶようにしましょう。

毎月の電気代の請求は大まかに計算すると、

基本料金+従量料金×電力使用量

で計算することができます。(燃料費調整額、再エネ賦課金は省きます)

  • 基本料金:必ず発生する最低料金。契約アンペア数が上がると基本料金も高くなる。
  • 従量料金:1kWhあたりの単価。0~120kWh、121~300kWh、300kWh~と三段階で単価が違う場合が多い
  • 電力使用量:その月に使った電力量の合計

基本料金って何?

基本料金は契約するアンペア数が大きくなるにつれて、高くなります。

オール電化を除いた一般家庭では、主に10~60A契約になっています。

(例)東京電力従量電灯B基本料金
10A 280.00円
15A 421.00円
20A 561.00円
30A 842.00円
40A 1,123.00円
50A 1,404.00円
60A 1,684.00円

アンペア数はカンタンに説明すると、

同時に使える電化製品の数

と思ってもらって大丈夫です。

A(アンペア)=W(ワット)/V(ボルト)

日本の家庭用コンセントは100Vなので、1000Wの家電を使うとすると、

1000W/100V=10A

必要なわけです。

でんき君
でんき君
もし1000Wの家電を3つ同時に使うとすると何アンペア必要になる?
でんこちゃん
でんこちゃん
30A!
でんき君
でんき君
30A契約で1000Wの家電を4つ同時に使うと…?
でんこちゃん
でんこちゃん
40A必要だから超えてしまうよね?
でんき君
でんき君
正解!そうするとブレーカーが落ちて電気が使えなくなってしまうんだ。

一人暮らしの場合、同時に使用する家電の量は少ないですが、世帯人数が多い場合、契約アンペア数を上げておかないと、ブレーカーが頻繁に落ちてしまうんですね。

そのため、一人暮らしの場合、20~30A、人数が多いご家庭の場合、40A以上を契約している場合が多いです。

ちなみに賃貸物件の場合、初めから単身向けのなのか、ファミリー向けなのか決まっているので、最初からそれに合わせたアンペア数になっている場合が多いです。

例えば、3LDK賃貸マンションに一人暮らししている場合、契約アンペア数が大きくなっている場合があるので、自分に必要な分のアンペア数に下げるだけでも電気代の節約になります。

従量料金って何?

従量料金は1kWhあたりの料金単価のことを言います。

東京電力エリアでは、

  • 120kWhまで(第一段階)
  • 120~300kWhまで(第二段階)
  • 300kWh移行(第三段階)

と従量料金が3段階に分かれている場合が多いです。

この従量料金が各電力会社の料金プランに個性が出るところで、会社ごとに様々です。

東京電力エリア従量料金一例
  東京電力 ENEOSでんき Looopでんき
~120kWh 19.52円 19.52円 26円
120~300kWh 26.00円 24.09円
300kWh 30.02円 25.75円

このように従量料金を比較してい見ると、東京電力よりもENEOSでんきのほうがお得になるということが一目瞭然ですよね?

でもLooopでんきはどの段階でも一定になっています。

なので、「Looopでんきは使えば使うほどオトクになるんだな」と分かりますね。

自分に合った料金プランを見極め方

例えば、あなたの契約アンペア数が60Aにも拘わらず電力使用量が少ない場合は、基本料金が安い料金プランを選ぶべきですし、電力使用量が多いなら従量料金が安い料金プランを選ぶべきです。

  • 契約アンペア数
  • 毎月の電気使用

を把握し、それに合った料金プランを選ぶ。

【東京エリア】選び方の5つのポイント

電力会社を選ぶうえで一番重要なのは料金です。

そりゃあ、誰だって安い料金で電気を使いたいですからね。

しかし、よく分からないまま申し込んでしまうと、

  • 「めっちゃ不便!」
  • 「逆に料金が高くなった!」

なんてこと。

大手の電力会社比較サイトなどでは、料金面でしかあなたに合った電力会社を紹介してくれません。

また、電力会社からサイトへの広告費用も発生しているので、必ずしもあなたにとってぴったりの電力会社を紹介してくれているかも正直ちょっと怪しいです。(個人の意見ですが)

安い料金ももちろん大切ですが、電力会社選びには他にも重要なポイントがあるのです。

しかし、その他にも大切なポイントがあるのです。

契約件数の多い会社を選ぶ

電力会社はできるだけ契約件数の多いところを選ぶようにしましょう。

なぜ契約件数が少ない電力会社はよくないのかというと、

  • 料金の値上げ
  • 倒産・事業撤退

の2つの可能性があるからです。

電力会社との契約時の規約をよく読むとどこの会社も

「料金が変わる可能性がある」

という文章が必ず記載されています。

人気の電力会社の場合、勝手に料金を変更してしまうと、不満などが募りやすいですし、契約件数が多いため、値上げをしなくても経営を維持することができます。

しかし、契約件数の少ない人気のない電力会社の場合、経営不振から料金の値上げが行われている可能性があります。

このような企業の場合、たいてい後述する違約金がかかっている場合が多いため、契約当初は安くても途中で値上げもするし、なかなか別の会社に乗り換えることができなくなってしまいます。

また、経営力のない電力会社は倒産や事業撤退の可能性も高く、既に数社倒産・事業撤退を行っています。

過去に倒産・撤退した企業

福島電力、大東エナジー、日本ロジテック、オリックス電力など

親会社が有名な企業もありますが、有名=安全ではありません。

あくまで契約件数が多く経営が安定している電力会社を選ぶべきです。

大まかな目安としては1万件を超えていれば安定性のある電力会社といえるでしょう。

違約金がないものを選ぶ

先ほど軽く説明した通り、電力会社の中には解約時に違約金が発生する会社やプランがあります。

主に抱き合わせのセット割、年数縛りなどがあります。

続々と新しい電力会社や新しいより魅力的な料金プランが発表されており、今最安値の電力会社が半年後や1年後には最安値になっていない可能性があるのが、現在の状況です。

なので、あなたにとって最もオトクな電力会社にその都度乗り換えていくべきです。

違約金がかかると電力会社を選ぶ自由度が落ちてしまうため、よほどの理由がない限り、違約金のない電力会社を選ぶようにしましょう。

電気のトラブル解決が無料に!駆け付けサービスで選ぶ

普段生活をしてい中で、

「急に電気が使えなくなった!」

「コンセントから煙が出た!」

などのトラブルは稀にありますよね?

東京電力の場合、電気のトラブルにかかる駆け付け費用は出張費だけでも8,000円以上かかってしまいます。

そんないざという時の駆け付けサービスが無料の電力会社を選ぶようにしましょう。

目の前の安さに目を引かれて、トラブルが起きた時に1万円以上の費用を支払ってしまっていては、元も子もありません。

自社発電所を持っている電力会社を選ぶ

新電力会社は大きく分けて

  • 自社発電所を保有している電力会社
  • 自社発電所を持っていない電力会社

の2つの分けることができます。

自社発電所を持っていない電力会社は、東京電力から買い付けるかJEPX(日本卸電力取引所)という電気を取引市場で購入しています。

なぜ自社発電所を持っている電力会社を選ぶべきなのかというと、リスクの分散です。

新電力会社は何かトラブルが起きた時には東京電力に助けてもらうバックアップ制度があります。

例えば、自社発電所で発電できなくなった場合も東京電力が助けてくれて、停電の可能性がないという制度です。

しかし、東京電力の発電所にトラブルが起きた時にはフォローしてくれる電力会社はありません。

2011年に東日本大震災がありましたが、その時関東地方は大規模な停電に見舞われました。

その時に逓伝せずに助かったのは、自社発電所を保有している企業や建物です。

そのため、いざという時のことを考えると、自社発電所を保有している電力会社のほうが安全に電気を使うことができます。

オール電化向けのプランはない

残念ながら電力自由化で誕生した新電力会社には、オール電化向けのプランはありません。

オール電化住宅に住んでいる方は、東京電力には、「スマートライフ」プランがあります。

こだわりたい3つのポイント

ここからは私たちが使う電気に直接的に関係ありませんが、こだわりたい3つのポイントをご紹介します。

再生可能エネルギーで選ぶ

先ほど自社発電所を保有している電力会社を選ぶべきと書きましたが、その中でも太陽光発電などの再生可能エネルギーをメインに使っている電力会社があります。

再生可能エネルギー

太陽光発電、水力発電、風力発電、地熱発電、バイオマス

東京電力など従来の電力会社は火力発電、原子力発電をメインにしていますが、やはり危険性も高く、環境にも悪い発電方式です。

地球全体の環境を考えているエコ意識の高い方なら再生可能エネルギーを利用している電力会社を選ぶようにしましょう。

セット割

セット割は電気と合わせて別の商品やサービスを購入するとより電気代が安くなるプランです。

新電力会社のほとんどは今まで電力事業を行っていないところが多いです。

(例)ガス会社、旅行会社、インターネットプロバイダ、ガソリンスタンドなど

そのため、親会社の商品・サービスと一緒に申し込むと電気代が安くなるんですね。

ただし、セット割の場合、年数縛りや解約時に違約金がかかる場合が多いです。

そのため、今現在利用しているサービスやよほどの理由がない限りは当サイトでは、あまりセット割はおすすめしていません。

電力会社切り替えのメリット・デメリット

電力会社切り替えのメリット・デメリットを紹介します。

  •  電気代が安くなる
  • 今までになかったサービスを受けることができる
  • 自社発電所がある電力会社を選ぶことができる
  • 駆け付けサービスが無料になる
  • 再生可能エネルギーの発電を利用できる
  • 支払い方法がクレジットカードが多い(合っても口座振替)
  • 選択肢が多すぎてどこがいいのか分からない
  • 契約時よりも電気代が上がる可能性も

メリット・デメリットまとめ

でんき君
でんき君
自分にピッタリと合った電力会社をしっかり選べば、東京電力を使っていたときよりもほぼ確実に電気代が安くなるよ!
でんこちゃん
でんこちゃん
クレジットカードならポイントも貯まるし、なければ講座振替を使えばOK♪

まとめ:人気1位おすすめはLooopでんき

東京電力から初めて電力会社を変更するならまずは「Looopでんき」がおすすめです!

Looopでんきがオススメの理由は…

  1. 電力使用量が多くても少なくても安定して料金が安くなる
  2. 契約件数10万件超えの実績
  3. 基本料金が0円
  4. 従量料金が一律でシンプル
  5. 電気の見える化サービスが使える
  6. 解約違約金なし
  7. 駆け付けサービスが無料
  8. 太陽光発電で環境に優しい

これから初めて電力会社を乗り換えようというあなたにとって、「まずはじめに乗り換えるべき電力会社」です。

「電力会社を変更してもそれほどオトクにならないのか…」

と思っているあなた。

月々1,000円しか安くならなかったとしても年間に換算すると12,000円、10年で12万円もオトクになります。

しかも、今までと同じ電気の使い方で節電せずに無条件で毎月の生活費が安くなります。

電力会社の乗り換えは早めに乗り換えれば乗り換えるほどオトクになります。

Looopでんきの公式サイトでは、料金シミュレーションを行うことができます。

まずは、実際に東京電力から乗り換えたらどれくらい安くなるのか?を調べてみましょう。

合わせて読みたい

・Looopでんきと東京電力の料金やサービスを比較した記事です。

【最新】Looopでんきと東京電力の料金やサービスを徹底比較

・Looopでんきの具体的な申込み方法はこちら。

【図解】Looopでんきの申し込み方法を徹底解説