eo電気

eo電気は阪神ファン以外メリットなし!?料金プランを元に口コミや評判を調べてみた

eo電気

eo電気は新電力の中でもシェア数11位で、関西地域限定の電力会社です。

電気以外にもネット回線や光電話、テレビなども行っているので、名前くらいは知っているという方も多いのではないでしょうか?

また、阪神ファンの方は阪神応援プランもあるので、知っている人も多いですよね。

現在契約件数は10万件を突破していて、ポピュラーになりつつあるeo電気ですが、

  • 料金プランと料金シミュレーション
  • 利用者の口コミや評判
  • メリット・デメリット

をできるだけ分かりやすくまとめてみました。

これからeo電気への申込みを検討してる方は最後まで目を通してみてくださいね!

eo電気の3つの料金プランを徹底解説

eo電気は関西電力を利用することができるエリアのみ申し込むことができます。

eo電気の契約可能エリア

※京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県(赤穂市福浦を除く)、奈良県、和歌山県および福井県(三方郡美浜町以西)、三重県(熊野市、南牟婁郡紀宝町、南牟婁郡御浜町)、岐阜県(不破郡関ケ原町の一部)

では、具体的な料金プランについて見ていきましょう。

毎月かかる電気代は大まかに、

基本料金+従量料金×電力使用量

で計算することができます。

  • 基本料金:必ずかかる最低料金
  • 従量料金:1kWhあたりの単価
  • 電力使用量:その月に使用した電力量の合計

eo電気の料金プランは全部で3つあります!

  • スタンダードプラン:一人暮らし~2人暮らしくらいの標準的なプラン
  • シンプルプラン:電気をたくさん使う家庭だとお得になるプラン
  • タイガース応援プラン:阪神オリジナルグッズや試合への無料招待が特典のプラン(申し込み終了)

タイガース応援プランは残念ながら終了しているので、ここでは「スタンダードプラン」と「シンプルプラン」について解説していきます。

基本料金(最低料金)は関西電力の方が安い

関西電力、eo電気は最低料金制を導入していて、電気の使用量に関わらず必ず以下の料金がかかります。

関西電力 334.8円
eo電気(スタンダードプラン) 1,144円
eo電気(シンプルプラン) 1,234円

このようにeo電気の基本料金は関西電力よりも高くなっていますね。

従量料金は複雑で一見してお得かどうか分からない

関西電力エリアの電力会社の多くが、15~120kWh、120~300kWh、300~kWhの3段階に分かれています。

関西電力の従量料金
15~120kWh 19.95円
120~300kWh 25.33円
300kWh~ 28.76円

しかし、eo電気の場合は、特殊でスタンダードプランは15~120kWh、120~250kWh、250~300kWh、300~kWhの4段階、シンプルプランは一律になっています。

eo電気の従量料金
  スタンダードプラン シンプルプラン
0~120kWh 18.29円 23.02円
120~250kWh 18.33円
250~300kWh 22.52円
300kWh~ 28.18円

このように基本料金、従量料金ともにバラバラなので、料金プランだけでは、関西電力とeo電気を比較することは難しいです。

そこで、世帯人数別の電力使用量を比較して、eo電気に乗り換えるとどれくらいお得になるのか計算をしてみました。

eo電力から大阪ガスの電気に乗り換えた時の世帯人数別料金シミュレーション

1人暮らし~6人暮らしまでの世帯人数別の料金シミュレーションを行ってみました。

世帯別の電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にしています。

一人暮らしでeo電気を利用した場合は?

1人世帯(239.7kWh/月)
  スタンダードプラン シンプルプラン 関西電力
(従量電灯A)
年間料金 66,395円 81,023円 65,539円
年間節約額 ⇒856円損 ⇒15,484円損  

このように一人暮らしのような電力使用量が少ない場合、eo電力に乗り換えると逆に高くなってしまいます。

とはいえ、一人暮らしの場合でも電気代を安くすることができる電力会社はいくつかあるので、もし一人暮らしの方は再度電力会社を検討してみることをおすすめします。

一人暮らし
一人暮らしにおすすめの電力会社3選|選び方を間違えると大損に!? お給料がなかなか上がりづらい昨今、一人暮らしをするのもなかなか大変ですよね。 一人暮らしの1ヶ月の水道光熱費の平均...

2人暮らしでeo電気を利用した場合は?

2人世帯(367.3kWh/月)
  スタンダードプラン シンプルプラン 関西電力
(従量電灯A)
年間料金 104,931円 116,271円 107,094円
年間節約額 ⇒2,164円お得 ⇒9,177円お損  

2人暮らしの場合、スタンダードプランは関西電力よりもお得になりますが、シンプルプランはむしろ逆に高くなってしまいます。

3人暮らしでeo電気を利用した場合は?

3人世帯(431.8kWh/月)
  スタンダードプラン シンプルプラン 関西電力
(従量電灯A)
年間料金 126,742円 134,088円 129,354円
年間節約額 ⇒2,613円お得 ⇒4,734円損  

3人暮らしの場合、スタンダードプランは関西電力よりもお得になりますが、シンプルプランはむしろ逆に高くなってしまいます。

4人暮らしでeo電気を利用した場合は?

4人世帯(444.3kWh/月)
  スタンダードプラン シンプルプラン 関西電力
(従量電灯A)
年間料金 130,969円 137,541円 133,668円
年間節約額 ⇒2,700円お得 ⇒3,873円損  

4人暮らしの場合、スタンダードプランは関西電力よりもお得になりますが、シンプルプランはむしろ逆に高くなってしまいます。

5人暮らしでeo電気を利用した場合は?

5人世帯(525.3kWh/月)
  スタンダードプラン シンプルプラン 関西電力
(従量電灯A)
年間料金 158,360円 159,917円 161,623円
年間節約額 ⇒3,263円お得 ⇒1,706円お得  

5人暮らしの場合、スタンダードプランはとシンプルプラン共にお得になります。

6人暮らしでeo電気を利用した場合は?

6人世帯(637.2kWh/月)
  スタンダードプラン シンプルプラン 関西電力
(従量電灯A)
年間料金 196,200円 190,828円 200,242円
年間節約額 ⇒4,042円お得 ⇒9,414円お得  

6人暮らしの場合、共に関西電力よりもお得になりますが、シンプルプランの方がお得になります。

このように一人暮らしの場合は、電気代は逆に高くなりますが、それ以外の場合はeo電気を選んだ方が関西電力よりも料金は安くなりますね。

ちなみにボーダーとしては、月平均で250kWh、560kWhが目安となります。

  • 月平均250kWh以下しか使わない⇒関西電力の方がお得
  • 月平均250kWh以上使う⇒eo電気(スタンダードプラン)の方がお得
  • 月平均560kWh以上使う⇒eo電気(シンプルプラン)の方がお得

ただし、契約事務手数料がかかるので、初年度は損する

一人暮らし~6人暮らしの料金をシミュレーションしました、eo電気の場合電気代の他に契約事務手数料がかかります。

契約事務手数料は3,240円なので、初年度は余計に費用がかかることを覚悟しておきましょう。

契約事務手数料を加味すると月560kWh以上使わないご家庭の場合、初年度は関西電力の方がお得になります。

eo電力はそこまでお得ではない?関西地区の他の電力会社と比較してみた

疑問

現在利用している関西電力からeo電気に乗り換えると確かにお得になる場合はあります。

ですが、契約事務手数料が3,240円もかかってしまうため、その分お得度が下がってしまいます。(ちなみに電力会社で契約事務手数料がかかる電力会社は珍しいです)

結論から言うと、eo電力に乗り換えるよりも確実にお得になる電力会社に乗り換えた方が無難です。

例えば、一人暮らしの場合、楽天でんきピタでんに乗り換えれば、年間5,000円ほどお得になりますし、月に600kWh以上使うようなご家庭ならあしたでんきを利用すれば、35,000円もお得になります。

では、どのように電力会社を選べば良いのか?

それは、あなた自身の電力使用量やライフサイクル、住環境を総合的に加味して決めるべきです。

そのため、「電力会社一括シミュレーション機能」を利用してみてください。

ご自身のお住まいの地域、電力使用量、契約アンペア数を入力するだけで全国の電力会社を一括比較し、安い順番からランキング形式で比較・検討することができます。

また、それだけでなく、電力会社乗り換え初心者の方でも分かりやすく、電力会社の選び方のポイントをまとめてあるので、是非とも活用してみてくださいね!

eo電気利用者の口コミや評判まとめ

Twitterに投稿されているeo電気の口コミや評判をまとめてみました。

ネット上での主な評判
  • 電気代が今までよりも安くなった!
  • 阪神タイガースグッズが手に入った!

一番多かったのが、阪神タイガースファンの方の投稿でしたw

現在は募集締め切りしている「タイガース応援プラン」ですが、申し込むと記念グッズがもらえたりするので、特典目当てで申し込む人が一番多いようです。

やっぱり虎党の熱狂度は電気までもタイガースで埋め尽くしたいんでしょうか…

また、もし阪神が優勝したら基本料金が半額になるらしく、そうしたら電気代のかなりの節約になりますね!

もちろん今までよりも電気代が安くなったという声もありました。

eo電気のメリット・デメリット

eo電気の料金プランやサービス、利用者の声を調べていくうちに分かったメリット・デメリットをまとめてみました。

eo電気のメリット

OK

阪神タイガースが優勝したら基本料金半額、オリジナルグッズも手に入る

eo電気が人気な理由が阪神タイガース応援プランです!

オリジナルグッズがもらえるのはもちろんのこと、阪神が優勝したら基本料金が半額になるそうです。

その他にも甲子園での試合へのご招待されるなど虎党にとっては嬉しい特典が目白押しです。

⇒阪神タイガース応援プランの特典に関してはこちら

タイガース応援プランの料金は基本的にシンプルプランとほぼ同じです。

そのため、一人暮らしだと今までよりも高くなってしまう可能性がありますし、契約事務手数料3,240円を加味したら月に520kWh以上使わないご家庭の場合むしろ高くなってしまいます。

ですが、電気代が高くなったとしてもその分ファンにとっては嬉しい特典がたくさんあるので、虎党なら契約しておいて損はないかと思います。

現在(2018年12月)は募集を締め切っていますが、来年の募集開始を待ちましょう!

eo電気のデメリットや注意点

間違い

契約事務手数料のせいで逆に高くなる場合が多い

eo電気の公式ホームページに記載されているシミュレーションには、契約事務手数料3,240円が計算に入っていません。

これを知らずにeo電気に申し込んでしまうと「逆に高くなった」と感じる人がほとんどでしょう。

だいたい月平均560kWh使うご家庭がeo電気に乗り換えると年間3,500円ほど節約できるので、契約事務手数料を引いたら関西電力のときと同じくらいになりますね。

(560kWhというとだいたい5人暮らしぐらいの消費電力です)

電力会社一括シミュレーション機能」で、調べてみると分かるかと思いますが、eo電力よりも安くて、サービスの良い電力会社は結構あります。

より安い電力会社を求めているのなら、eo電気はあまりメリットはないかと思います。

1年以内に解約すると違約金3,240円がかかってしまう

eo電気には1年の最低利用期間があります。

そのため、1年以内に解約すると違約金(解約精算金)3,240円がかかってしまいます。

まとめ:eo電力は阪神タイガースを応援したい人には最高の電力会社

eo電力の料金プランや利用者の口コミ、メリット・デメリットをまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

このようにeo電力は料金の仕組みを理解すると安くならず、逆に高くなる場合が多い電力会社ということがわかったかと思います。

目安としては560kWh/月以上使うご家庭なら安くなります。

ですが、料金が高くなったとしても年間で数千円単位です。

その分、タイガース応援プランに入って、オリジナルグッズをもらえたり、試合へ無料招待されるのであれば、十分なのではないでしょうか?

ちなみに私は昔からの巨人ファンなので、もしジャイアンツ応援プランとかあったら多少高くなっても申し込んでしまうと思います…笑

話は脱線しましたが、eo電気は虎党にとっては最高の電力会社だと思います!

逆に「関西だけど、阪神に興味ないよ」って人にはあまりメリットはない電力会社ですかね…

もしお得な電力会社を探しているのならやはり一度、下の記事を参考に電力会社選びをするのをおすすめします。

2ステップで電力会社を一括比較
全国の電力会社を一括比較