ENEOSでんき

【ENEOS VS 昭和シェル】ガソリンが安い電力会社はどっち?

ENEOSでんき VS 昭和シェル選べる電気

電力自由化で様々な電力会社が選べるようになりましたが、お得になったのは電気代だけではありません。

ガソリン代が安くなる電力会社が2社あります。

「ENEOSでんき」と「昭和シェル選べるでんき」を契約すると電気代だけでなく、ガソリン代が安くなります。

「うちは近所に昭和シェルがあるから昭和シェルの電気にしようかなー」

とかそういう安易な考え方で選んではいけません。

電気代とガソリン代を総合的に判断して自分に合った電力会社を選ぶことが重要です。

契約可能な地域を比較

ENEOSでんきと昭和シェルは全国どこでも契約できるとは限りません。

ENEOSでんき対応エリア東京電力エリア※離島を除く
昭和シェル対応エリア東北電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア、九州電力エリア※離島を除く

ENEOSでんきを契約できるのは、東京電力エリア(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、静岡県の一部(富士川以東)
※離島を除く)のみとなっています。

一方で、昭和シェル選べる電気は北海道電力、北陸電力、沖縄電力以外の地域なら契約可能です。

次に盲点なのが、給油可能エリアです。

ENEOSでんき契約者は全国のENEOSガソリンスタンドで給油代が値引きされます。

しかし、昭和シェル選べる電気は北海道電力、北陸電力エリア、沖縄電力エリアの昭和シェルガソリンスタンドでは、値引きされません。

昭和シェルの場合、あくまで電気が供給可能なエリアのみ給油代金が安くなるということを把握しておきましょう。

料金プランを比較


毎月の電気代は大まかに、
基本料金+従量料金×電力使用量
で計算することができます。

用語解説・基本料金:必ず発生する最低料金
・従量料金:1kWhあたりの単価
・電力使用量:その月に使った電力量の合計

そこで、ENEOSでんきと昭和シェル選べるでんき、そして対応エリアが共通している東京電力の料金プランを比較していきます。

基本料金

基本料金は契約アンペア数が大きくなるにつれて高くなります。

アンペア数とはカンタンに説明すると、「同時に使える電化製品の量」のことをいいます。

一人暮らしなら同時に大量の電化製品を使用することは少ないため、アンペア数が少なくとも生活することは可能ですが、大家族となると契約アンペア数を挙げないとすぐにブレーカーが落ち、家電を使うことができなくなってしまいます。

契約アンペア数が大きくすれば、安定的に電気を利用することが可能ですが、その分料金が高くなります。

そんな基本料金に関してですが、ENEOSでんき、昭和シェル選べるでんき、東京電力はすべて同じです。

  基本料金
10A 280.80円
15A 421.20円
20A 561.60円
30A 842.40円
40A 1,123.20円
50A 1,404.00円
60A 1,684.80円

従量料金

ENEOSでんき、昭和シェル選べるでんき、東京電力で料金が異なるのは、従量料金です。

ENEOSでんきには、Vプランとにねんとく2割の2つの料金プランがあります。

ENEOSでんきの料金プラン・Vプラン:ENEOSでんきの基本プラン

・Vプランとにねんとく2割:2年契約の代わりに従量料金がVプランよりも0.2円安い。3年目以降は0.3円安くなる。
ただし、2年以内に解約すると違約金1,080円がかかります。

ガソリン代の値引き額は共通して3~8円/L

  東京電力 Vプラン Vプラン+にねんとく2割 Vプラン+にねんとく2割(3年目以降)
~120kWh 19.52円 19.52円 19.32円 19.22円
120~300kWh 26.00円 24.09円 23.89円 23.79円
300円kWh~ 30.02円 25.75円 25.55円 25.45円


昭和シェルの選べる電気にはドライバーズプランとホームプランの2つの料金プランがあります。

昭和シェルの選べる電気にはその名の通り、2種類のプランから選ぶことができます。

昭和シェルの料金プラン・ドライバーズプラン:ガソリン代が10円/L値引きされるプラン
・ホームプラン:夜間(夜8時〜翌朝7時)の従量料金が安くなっているプラン。ガソリン代の値引き額は1円/L。
ドライバーズプラン
基本料金
10Aにつき、280.8円
従量料金
0~100kWh 1,952円(定額)
101~200kWh 2,470.4円(定額)
201~300kWh 26円/kWh
300kWh~ 30.02円/kWh
600kWhプレミアム割引
600kWh~ 29.02円/kWh
ホームプラン
基本料金
10Aにつき、280.8円
従量料金
デイタイム(朝7時〜夜8時) ナイトタイム(夜8時〜翌朝7時)
0~100kWh 19.91円/kWh 一律 23.35円/kWh
101〜150kWh 23.22円/kWh
151kWh~ 27.32円/kWh

このようにENEOSでんきと昭和シェル選べるでんきの料金比較をする場合、昭和シェルの従量料金が定額制になっているため、一見して比較するのは難しいです。

そこで、世帯人数別に料金シミュレーションを行いました。

世帯人数別料金比較

世帯人数が多くなればなるほど、契約アンペア数、電力使用量も増加します。

そこで、1~6人世帯の電力使用量をシミュレーションしてみました。

※契約アンペア数、電力使用量は総務省の家計調査のデータを元にして試算しています。

※ホームプランは時間帯によって料金が異なるため、比較対象外としています。

このように電気料金の値引き額に関してはENEOSでんきのほうが安くなりますね。

ガソリン代の値引き

給油

ENEOSでんきと昭和シェル選べるの特徴はやはり給油代が安くなること。

それぞれの電力会社のガソリン値引きについて解説します。

昭和シェルのガソリン値引き額

昭和シェルにはドライバーズプランとホームプランの2つのプランがあります。

昭和シェルのガソリンスタンドで給油を行えば、ガソリン代が値引きされますが、プランによって値引き額が異なります。

・ドライバーズプラン:ハイオクレギュラー10円/L引き、軽油は5円/L引き

・ホームプラン:ハイオク・レギュラー、軽油1円/L引き

また、この値引き額ですが、支払い方法を変更することによってさらに給油代金が安くなります。

支払い方法別給油代値引き額
  ドライバーズプラン ホームプラン
クレジットカード 10円/L 1円/L
シェルスターレックスカード 10円/L+13円/L=23円/L※ 10円/L+13円/L=23円/L※
シェル-Pontaクレジットカード- 10円/L+2pt/L 1円/L+2pt/L
現金Pontaカード 10円/L+1pt/L 1円/L+1pt/L

※1シェルスターレックスカード還元ランク5star、WEB明細サービス利用時(ハイオク)​​

シェルスターレックスカードと昭和シェルでんきの組み合わせは23円/Lも安くなるのは、驚きですね。

ただし、昭和シェルの場合、値引き可能なリッター数はひと月50リットルまでと決まっています。

そのため、最大のガソリン代の値引き額はひとつきに1,150円となります。

また、全国の昭和シェルのガソリンスタンド全てで値引きされるわけではなく、北海道電力、北陸電力、沖縄電力エリアでは値引きされません。

ENEOSでんきのガソリン値引き

ENEOSでんきでガソリン代が値引きされる条件は、

  • 全国のENEOSのガソリンスタンドでの給油
  • ENEOSカードで電気代、給油代を支払うこと

が条件となっています。

ENEOSカードは3種類あり、それぞれ値引き額が異なります。

・ENEOSカード S:3円/リットル値引き
・ENEOSカード P:1円/リットル値引き+1,000円ごとにENEOS30ポイント還元
・ENEOSカード C・NICOS・最大8円/リットル値引き

値引き額だけ見ると、ENEOSカードCがオトクに見えるかもしれませんが、長い目線でみるとENEOSカード Sが総合的にオトクです。

ガソリン代が激安に!ENEOSでんき+ENEOSカードSが最強

まとめ

  ENEOSでんき 昭和シェル
電気代オトク度
対応エリア △(東京電力エリア) 〇(北海道、北陸、沖縄以外)
給油代値引き 〇(3~8円/L)
※限度なし
◎(10~23円/L)
※ひとつき50Lまで
給油対応エリア ◎全国のENEOSスタンド
(11,227店舗)
〇北海道、北陸、沖縄以外の昭和シェルガソリンスタンド
(約3,300店店舗)

このように比較すると、

  • 東京電力エリアに住んでいるならENEOSでんき
  • それ以外の地域は昭和シェル

を選んだほうがよさそうですね。

関連記事

ENEOSでんきの口コミや評判はこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

利用者が暴露!ENEOSでんきの口コミ評判から分かったデメリット

昭和シェルの口コミや評判はこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

昭和シェル選べる電気に良い口コミや評判がない2つの理由

2ステップで電力会社を一括比較
全国の電力会社を一括比較