地域別おすすめ電力会社
電力自由化徹底比較!徳島県でおすすめな電力会社ランキング

四国電力エリアの徳島で電気代を節約!電気料金がお得な電力会社の選び方

でんこちゃん
でんこちゃん
電力会社の乗り換えは手続きが多そうで気が乗らないなぁ…
でんこちゃん
でんこちゃん
電気代が高くてどうにか安くできないかなぁ…

電力自由化で様々な電力会社が選べるようになりましたが、その中で自分に合ったプランの電力会社を探し、決めていくのはかなり難しいですよね。

四国電力から知らない新電力会社に乗り換えるのは怖い方もいると思いますし、手続きが多くて面倒くさい、電気の質が変わるのではないかという人も多いと思います。

また電気代を抑えたくてどうにかして安くしたいと思っている方も数多くいると思います。

そこでこの記事では、

  • 徳島県で人気な電力会社ランキング
  • 新電力会社に乗り換えた場合の料金シミュレーション
  • 初心者向けの電力会社の選び方

を分かりやすく解説しています。

まずは、電力会社の料金プランを一括比較しよう!

全国には現在543の電力事業者が存在しています。(参考:登録小売電気事業者一覧|資源エネルギー庁)

そのため、どの電力会社を選ぶのがあなたにとって一番オトクなのか分からなくなってきているのが現状です。

そこで、まずは全国の電力会社を一括比較してみましょう!

あなたのご家庭の電力使用量や契約アンペア数を入力すれば、料金プランを一括比較できます。

ご契約中の電力会社
契約アンペア数
※関西 中国 四国 沖縄は30Aのままで計算できます。

電気の使用量(kWh)
kWh
何月の請求書ですか?

でんき君
でんき君
シミュレーション方法には、毎月電力会社から送られてくる検針票(電力ご使用量のお知らせ)を使います。
シミュレーション手順
  1. 現在ご契約中の電力会社を選択
  2. 現在の契約アンペア数(○○A)を選択
  3. 電力使用量(○○kWh)を入力
  4. 検針票の請求月(○月)を選択
  5. 【料金シミュレーションする】をクリック

必要な条件をすべて入力してシミュレーションすると、

  • あなたの年間電気代
  • 電力会社を乗り換えたら年間でどれだけ安くなのか?

を一括比較することができます。

また、候補に出てきた電力会社についての口コミや評判、申込み時に知っておきたいチェックポイントも同時にまとめてあるので、是非ともご活用ください!

徳島県人気電力会社ランキング

徳島県エリアで利用できる人気の新電力会社をランキング形式でまとめてみました。

Looopでんき(契約件数20万世帯以上)
基本料金0円のプランで、かなり人気を博しています。契約件数20万世帯以上(2020年3月時点)の実績があり、駆けつけサービス、対応エリアなどのサービスが充実しています。
管理人も現在、Looopでんきを利用しています。
初心者へのおすすめ度
料金 ・おうちプラン
基本料金:0円
従量料金:24.4円/kWh
※四国電力エリア
解約金・違約金 なし
サポート・対応 ◎(無料駆け付けサービスあり)
発電方法 太陽光発電(全国14か所)
見える化サービス
支払い方法 クレジットカード
対応エリア 全国(東京電力、北海道電力、東北電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力)
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

自然電力のでんき(安さと環境への配慮を兼ねた新電力)
自然電力のでんきは電気代の安さはもちろんのこと、環境に配慮したその名の通り、自然エネルギーをメインに利用している電力会社です。全国60箇所に太陽光、風力、水力発電所を保有し、石油や原子力に頼らないクリーンな電気を供給することを可能にしました。
初心者へのおすすめ度
料金 ・SEデビュープラン(再生可能エネルギー利用率3%プラン)
基本料金:214.50円
従量料金:23.52円/kWh
※四国電力エリア

・SE30プラン(再生可能エネルギー利用率30%プラン)
基本料金:214.50円
従量料金:23.92円/kWh
※四国電力エリア

・SE100プラン(再生可能エネルギー利用率100%プラン)
基本料金:214.50円
従量料金:24.92円/kWh
※四国電力エリア

解約金・違約金 なし
発電方法 太陽光、風力、水力(発電所数:全国60箇所以上)
見える化サービス
支払い方法 クレジットカード、口座振替
対応エリア 北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

HISでんき(HTBエナジー)※一人暮らしにおすすめ
一人暮らしで迷っているならHISでんき(HTBエナジー)がおすすめです。運営会社は旅行会社で有名なH.I.Sで、長崎のハウステンボスで発電した電気を販売しています。
地域の電力会社の料金より、確実に5%安くなるシンプルな料金プランが魅力です。
HISでんき(HTBエナジー)には複数のプランがあるので、実は、一人暮らし以外のどのご家庭でも非常にお得になります
初心者へのおすすめ度
料金 ・ウルトラ四国
基本料金:386.72円
従量料金:19.15円/kWh(0~120kWh)、25.38円/kWh(121~300kWh)、28.68円/kWh(301kWh~)

・プライム四国
基本料金:205.70円
従量料金:23.54円/kWh(0kWh〜)

セット割 H.I.S旅行割引(1,000~3,000円)
解約金・違約金 2,000円(1年未満での解約)
サポート・対応 ○(月額250円で駆け付けサービスあり)
発電方法 太陽光、風力、水力、バイオマス(足りない分は九州電力から調達)
見える化サービス
支払い方法 クレジットカード、口座振替、コンビニ支払い(手数料200円)
対応エリア 全国(東京電力、北海道電力、東北電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力)
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

親指でんき(口座振替で安く電気を使いたいならこれ!)
親指でんきは基本料金・解約金は0円。従量料金は一律で、口座振替での支払いをすることができます。
新電力のほとんどがクレジットカード決済しか対応していないので、口座振替で払いたいのなら、親指でんき一択になります。
初心者へのおすすめ度
料金 ・いいねプラン
基本料金:0円
従量料金:24.4円/kWh
※四国電力エリア
解約金・違約金 なし
サポート・対応 なし
発電方法 自家発電所なし
(JEPX(日本卸電力取引所)からの買い付け)
見える化サービス ✕ (今後設置予定)
支払い方法 クレジットカード、口座振替
対応エリア 東京電力、北海道電力、東北電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

楽天エナジー(楽天会員ならもっとオトク!)
楽天エナジー「楽天でんき」の特徴は電気を使えば使うほど楽天スーパーポイントが貯まることです。
電気料金200円につき1ポイント、楽天カードでのお支払いで100円につき1ポイント貯まります。また、初回申し込みで、2,000ポイントもらえるので、初年度は約4,800ポイント獲得することが可能です。(60A契約、年間7,644kwh使用の場合)

初心者へのおすすめ度
料金 基本料金:0円
従量料金:24.5円/kWh
※四国電力エリア
解約金・違約金 なし
発電方法 水力発電(全国4か所)
太陽光発電(全国7か所)
天然ガス(全国2か所)
バイオマス(全国1か所)
見える化サービス
支払い方法 クレジットカード
対応エリア 全国(東京電力、北海道電力、東北電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力)
※離島を除く

詳細・口コミ公式ページ

世帯人数別料金シミュレーション

世帯

四国電力の基本プラン(従量電灯A)から新電力へ乗り換えると具体的にどれくらいお得になるのか世帯人数別にシミュレーションしてみました。

1人世帯(239.7kWh/月)
  年間料金 年間節約額
自然電力のでんき(SEデビュー) 70,233円 116円
自然電力のでんき(SE30) 71,384円 1,035円
自然電力のでんき(SE100) 74,260円 3,911円
楽天でんき 70,472円 2,934円
※ポイント還元込み*初年度
Looopでんき 70,184円 165円
HISでんき(ウルトラ四国) 68,672円 1,677円
HISでんき(プライム四国) 70,179円 170円
親指でんき(いいねプラン) 70,184円 165円

2人世帯(367.3kWh/月)
  年間料金 年間節約額
自然電力のでんき(SEデビュー) 106,251円 8,260円
自然電力のでんき(SE30) 108,014円 6,497円
自然電力のでんき(SE100) 112,421円 2,090円
楽天でんき 107,986円 10,145円
※ポイント還元込み*初年度
Looopでんき 107,545円 6,966円
HISでんき(ウルトラ四国) 110,199円 4,312円
HISでんき(プライム四国) 106,223円 8,288円
親指でんき(いいねプラン) 107,545円 6,966円

3人世帯(431.8kWh/月)
  年間料金 年間節約額
自然電力のでんき(SEデビュー) 124,457円 13,661円
自然電力のでんき(SE30) 126,530円 11,588円
自然電力のでんき(SE100) 131,711円 6,407円
楽天でんき 126,949円 15,073円
※ポイント還元込み*初年度
Looopでんき 126,431円 11,687円
HISでんき(ウルトラ四国) 132,398円 5,720円
HISでんき(プライム四国) 124,443円 13,675円
親指でんき(いいねプラン) 126,431円 11,687円

4人世帯(444.3kWh/月)
  年間料金 年間節約額
自然電力のでんき(SEデビュー) 127,985円 14,708円
自然電力のでんき(SE30) 130,118円 12,575円
自然電力のでんき(SE100) 135,450円 7,243円
楽天でんき 130,624円 16,028円
※ポイント還元込み*初年度
Looopでんき 130,091円 12,602円
HISでんき(ウルトラ四国) 136,700円 5,993円
HISでんき(プライム四国) 127,974円 14,719円
親指でんき(いいねプラン) 130,091円 12,602円

5人世帯(525.3kWh/月)
  年間料金 年間節約額
自然電力のでんき(SEデビュー) 150,849円 21,490円
自然電力のでんき(SE30) 153,370円 18,968円
自然電力のでんき(SE100) 159,674円 12,665円
楽天でんき 154,438円 22,217円
※ポイント還元込み*初年度
Looopでんき 153,808円 18,531円
HISでんき(ウルトラ四国) 164,577円 7,762円
HISでんき(プライム四国) 150,855円 21,484円
親指でんき(いいねプラン) 153,808円 18,531円

6人世帯(637.2kWh/月)
  年間料金 年間節約額
自然電力のでんき(SEデビュー) 182,435円 30,860円
自然電力のでんき(SE30) 185,493円 27,801円
自然電力のでんき(SE100) 193,140円 20,155円
楽天でんき 187,337円 30,768円
※ポイント還元込み*初年度
Looopでんき 186,572円 26,722円
HISでんき(ウルトラ四国) 203,088円 10,206円
HISでんき(プライム四国) 182,465円 30,830円
親指でんき(いいねプラン) 186,572円 26,722円

新電力の対応エリア(市区町村)

徳島県は全域が四国電力管轄エリアとなっており、以下の市区町村が対応エリアとなっています。

徳島市、鳴門市、小松島市、阿南市、吉野川市、阿波市、美馬市、三好市、勝浦郡勝浦町、勝浦郡上勝町、名東郡佐那河内村、名西郡石井町、名西郡神山町、那賀郡那賀町、海部郡牟岐町、海部郡美波町、海部郡海陽町、板野郡松茂町、板野郡北島町、板野郡藍住町、板野郡板野町、板野郡上板町、美馬郡つるぎ町、三好郡東みよし町

損しない!賢い電力会社の選び方

電力会社を乗り換える際に重要な4つのポイントをまとめてみました。

自社発電所を持っている電力会社を選択する

新電力会社は、

  1. 自社発電所を持っている企業
  2. 自社発電所を持っていない企業

に分けることができます。

自社で発電する事ができない企業は「日本卸電力取引所(JEPX)」から電気を仕入れて、各家庭に供給しています。

日本卸電力取引所は全国の発電所で発電された余剰な電力を小分けにし、販売しているマーケットです。

そのため、燃料費の価格が上がれば、電力を調達する費用も高くなりますし、供給不足状態になる見込みがあることも否定はできません。

そうすると、運営してくためにはやむを得ず電気代の値上げをしなければいけません。

一方、自社発電所を持っている企業は、自社で発電・販売を行っています。

そのため、

  • 燃料費の価格に電気代が左右されない
  • 万が一の安全性が高い

という利点が2つあります。

自社発電所を所有し、安心な電力会社
電力会社 特徴
Looopでんき 基本料金0円のプランが人気のLooopでんき。全国14箇所の発電所を保有し、契約件数は20万世帯以上という実績があります。シンプルで安い料金プランに加え、無料駆けつけサービスや対応エリアの多さなどサービス面も充実しており、安心面でも非常に人気です。
おすすめ度
自然電力のでんき 自然電力のでんきは電気代の安さはもちろんのこと、環境にも配慮しその名の通り、自然エネルギーをメインに利用している電力会社です。全国60箇所に発電所を保有し、石油や原子力に頼らないクリーンな電気を供給しています。
おすすめ度
楽天でんき 楽天エナジー「楽天でんき」は電気を使えば使うほど楽天スーパーポイントが貯まるのが特徴。電気料金200円につき1ポイント、楽天カードでのお支払いで100円につき1ポイント貯まります。また、初回申し込みで、2,000ポイントもらえるので、初年度は約5,000ポイント獲得することが可能です。(東京電力エリア、60A契約、年間7,644kwh使用の場合)
おすすめ度
あしたでんき あしたでんきは基本料金が0円、かつ従量料金も他社より安く、現行の電力会社の中でも最安級です。発電方式は太陽光発電を採用しています。自社発電所は現在3箇所となっていますが、東京電力の子会社で経営基盤も固く、倒産リスクも非常に少ない新電力会社です。
おすすめ度

自社発電所を持っている電力会社の多くは、水力、風力、太陽光、地熱、バイオマスといった再生可能なエネルギーを利用しているため、燃料費の価格によって電気料金が左右されにくいです。

また、四国電力の発電所に依存しないため、関電の発電所で事故が起きたとしても安定して電力供給を行える可能性があります。

そのため、出来る限り再生可能エネルギーを利用した自社発電所を持っている電力会社を選択するようにしましょう。

安い料金プランの電力会社を選択する

電力自由化の一番の特徴は電気代が安くなることです。

ただし、料金プランは各電力会社ごとに三者三様で、ホームページや広告を見ても比較するのは簡単ではありません。

  • 生活サイクル
  • 電気利用量
  • 世帯者数

を総合的に判断し、最安かつ自分に合った電力会社を選択しましょう。

解約する際、違約金を支払う必要がない電力会社を選択する

電力自由化が開始されてから、電力会社同士による価格競争が激しくなり、電気代はどんどん安くなっている傾向があります。

もし、契約の年数や違約金による制約がある場合、よりお得な電力会社に乗り換えたいときに変更することができません。

そのため、いつでも変更できるように違約金のを支払う必要がない電力会社を選択するようにしましょう。

契約者数が多く、人気の電力会社を選択する

人気が高く、契約者数の多い電力会社を選ぶこと長期的に電力使用料金を安くすることができます。

電力自由化の開始からはや2年、人気の電力会社と人気でない電力会社の二つに分岐し始めました。

契約者が少なく、不人気な電力会社には倒産のリスクがあります。

新電力会社は四国電力のように国から守られることがないため、現に廃業した電力会社はいくつかあります。

過去に倒産、撤退した企業

福島電力、大東エナジー、日本ロジテック、オリックス電力など

契約してしまった電力会社が倒産してしまった場合、「バックアップ契約」という四国電力が受け入れる制度があるため、停電などの心配はありませんが、また通常の料金に戻ってしまいます。

人気の電力会社であれば、経営の基盤もしっかりているため、倒産の心配が少なく、長い経営を見込むことができます。

徳島県の部門別電力使用量

徳島県の電力使用量は5,869万kwhで全国で44位の使用量です。

部門別に分けると、

  • 産業部門:2,020万kwh
  • 家庭部門:2,108万kwh
  • 業務他:1,741万kwh

となっています。

徳島県には大塚製薬徳島本部、徳島工場及び大塚グループ(徳島市) 王子製紙富岡工場(阿南市) 王子ネピア徳島工場(阿南市)などといった拠点事務所のある主要な工場がいくつかありますが、産業で使用される電力と家庭で使用される電力は相対的に見ると差はほとんど見られません。

今後も気象の変化や技術の発展により家庭で使われる電力はさらに多くなることが考えられます。

参考:都道府県データランキング(2014年データより)

徳島県の発電所事情

現在徳島県には合わせて152の発電所が稼働中です。

主な発電方式は

  1. 火力発電
  2. 水力発電
  3. 太陽光発電

となっています。

主要な発電所一覧

火力発電所

橘湾火力発電所、阿南発電所、橘湾発電所、徳島バイオマス発電所、中央広域環境センターなど

水力発電所

日野谷発電所、蔭平発電所、広野発電所、松尾川第二発電所、松尾川第一発電所など

太陽光発電所

メガソーラー小松島、徳島上板発電所、長生三倉発電所、ハンファソーラーパワー中長峰発電所、太陽光発電所など

 

徳島県は橘湾火力発電所、阿南発電所、橘湾発電所を中心とした火力発電所によって電気を賄っておりいます。

これらは石炭を財源として利用していますが、徳島県には水力や太陽光といった自然エネルギーを利用した発電も行っており、環境にやさしい発電が現在増加し続けています。

参考:徳島県の発電所一覧地図・ランキング|エレクトリカル・ジャパン

まとめ

電力会社の乗り換えは、

  • 今までと同じ使い方でも電気代が安くなる
  • 電気の質も変わらず、安心して使える
  • ポイントによる還元がある

といったメリットが沢山あります。

電力会社によってはポイントによる還元制度もあり、自然エネルギーを利用しているため環境に良い電気を使用でき、家計にも環境にも優しくなっています。

乗り換え時期が遅くなればなるほど、損していくのが電力自由化の特徴です。

頑なに四国電力を契約していてもメリットなど正直ありません。

電力会社を乗り換えるのが出来るだけ早ければ、その分だけ節約できることが最大のポイントです。

電気代を効率よく節約をするために、正しい電力会社の選択方法を身につけましょう!